トヨタ車の盗難が爆増?様々なクルマの盗難手口やその防止対策。

近年、車の盗難防止イモビライザーが標準装備されている車種が増えているものの、いまだに絶えない車両窃盗。

キーをしっかりロックしていてもセキュリティー警告音もならず、気づかないうちに盗まれ、翌朝停まっているいるはずの車がない!

なんていう事も多数あるそうです…

今回は盗難被害が多い車種の特徴や、事前に防止するための対策やグッズなどをご紹介します。

盗難されやすい車種ランキングとその背景

一般社団法人 日本損害保険協会(損保協会)は2021年3月15日(月)に「第22回自動車盗難事故実態調査」を発表しました。今回で第22回目となり、同協会では毎年2月・11月に調査をおこなっており、損害保険会社18社を対象に調査が行われました。2020年11月1日から11月30日の期間で実施した結果が下記となります。

1位:トヨタ ランドクルーザー(前回同順位)
2位タイ:トヨタ プリウス(前回同順位)
2位タイ:レクサス LX(前回3位)
4位:レクサス LS(前回5位)
5位:トヨタ クラウン(前回11位)
6位タイ:トヨタ アルファード(前回4位)
6位タイ:レクサス IS (前回圏外)
6位タイ:レクサス RX(前回7位)
9位タイ:トヨタ ハリアー(前回11位)
9位タイ:日産 スカイライン(前回圏外)

1位のランドクルーザーは、前回調査でも1位となっており連続でのワースト1位、プリウスも3回連続で2位となっている。その他、近年の傾向としては、高額車両が多くなってきており、中でもレクサスブランドの車種が複数ランクインしている。

盗難される車両にトヨタブランドが多い理由


上の順位を見て頂いて分かるように、なんとトヨタ系の車両がそのほとんどを占めています。

この背景には、盗難された車は日本の厳しい管理をくぐり抜けて海外に輸出されてしまう事もありますが、それ以外の多くは、海外でのトヨタブランドの人気、そして海外現地で走っているトヨタ車の修理パーツが不足している事などが起因して、盗難車の一部はバラバラにされてパーツとして海外に流れていっているとの事。

日本では陸運局にて登録、車検証にて車体番号と所有者が紐付けられて管理されており、盗まれた車体のまま、転売や輸出されることは少ないそうです。しかもバラバラにして”パーツ”として輸出となると、クルマ本体を輸出するよりも税関のチェックは甘くなり、手続きも少ないので比較的容易に海外へ流せてしまうという点もある。

ちなみに、最近では2021年2月に愛知県警から発表されたデータによると、2020年のレクサス LXの盗難が過去最高台数、その数は、2019年の盗難台数59台に比べ、2020年はなんと119台も盗難被害にあっていたのだ。

わずか1年間で2倍以上の被害があり、愛知県内で登録されているレクサス LXの5台に1台が盗まれた計算となる。

海外でのレクサス LXの修理需要が高まっているのか?

盗難の様々な手口と対策


純正セキュリティーもしっかり装備された車両なのに、なんでそんなに簡単に盗まれちゃうの?と思いますよね。車の盗難には様々な手口と犯行ありますが、その恐ろしい窃盗手口と対策の一部が下記となります。

リレーアタック

リレーアタックと呼ばれる手口は、最近どの車でも標準装備になってきている「スマートキー」の特性を利用した盗難方法です。

スマートキーは車体ごとに周波数の違う微弱な電波が出ており、車に近づいてドアハンドルを握ると車がキーの電波を認識して、ドアロックの解錠やエンジン始動できるという便利な機能です。

しかし窃盗犯は、その便利な機能を逆手にとって常に出ているスマートキーの電波をキャッチし、複数人の窃盗犯が違法な中継器を使用してリレー形式で車の近くまで電波を飛ばし、増幅させた同じ電波で車の近くにキーがあるように車側を誤認識させてドアロックを解錠、そしてそのままエンジン始動させてししまうという手口です。

エンジン始動した車はキーがなくても走れてしまうので、そのまま盗んだ車両を自走して盗むという方法です。このリレーアタックを防ぐ対策は意外と簡単。シンプルにスマートキーから出ている電波を遮断すればリレーアタックは防げます。

そして電波の遮断は特別な方法をとる必要はなく、ご自宅などにあるブリキの缶に入れておくだけで電波を遮断する事ができます!お菓子やクッキーなどが入っていたブリキ缶にスマートキー入れて蓋をすれば電波は外には出ません。

確かめる方法としては、キーを缶の中に入れたまま車に近づきドアロックが解錠できなければ電波は遮断されているという事になります。

そして車のキーは、自宅内の玄関や窓際、車の近くに保管するのはやめましょう。できる限り外から離れた場所に保管することも重要です。現在ではスマートキーの微弱電波を遮断するキーケースなどがカー用品店でも売られています。

コードグラバー

コードグラバーと呼ばれる窃盗手口は、キーから出ている微弱電波に近づき、複数人で中継機を使って車までリレーさせるリレーアタックとは違い、窃盗犯単独で犯行が可能なうえ、対策方法が限られているので非常に恐ろしい盗難手口のひとつです。

窃盗犯は、対象となる狙いを定めた車のドライバーがドアロックした際に発出される電波、IDコードをコードグラバーで受信します。

コードグラバーはスマートキーのIDコードを読み取ると、アンロックコード(ドアロック解錠)も解読し、さらにはエンジン始動までもが可能となります。読み取られたコードグラバーは車側がスペアキーとして認識するため、IDコードが一致すればイモビライザーなどの盗難防止装置も当たり前のように作動しません。

そして車の持ち主が遠くに離れた隙に、窃盗犯はコードグラバーをスマートキー代わりに用いて、ドアロックを解錠し、そのままエンジン始動、車を発進させて盗むのです。リレーアタックの様に、犯行に複数人の人手や手間、時間も掛からないため、持ち主は基本的に犯行に気づかず、気づいた時には有るべきはずの場所から突如愛車が消えていて愕然となります。

このコードグラバーという手口を防ぐ対策としては、基本的にドアロック等した時の電波、IDコードを盗まれてしまうのでリレーアタックのようにブリキ缶に入れている間は良いが、出先や帰宅時にてドアロックのタイミングを狙われたら防ぎようがない。

コードグラバーから身を守る方法としては、純正スマートキー、純正イモビライザーだけではなく、別に作動する社外セキュリティーや警報などを装着するのが好ましいです。純正のスマートキーの電波、IDコードを盗み取られてコピーされても、純正システムとは完全に切り離して動作するイモビライザーや別で作動するセキュリティーなどがあるので、そのような商品を装着されることをオススメします。

その他、原始的ではあるが、ハンドルロックやタイヤロックなどをするだけでも何もしていない状態より狙われにくくなるなど、盗難を未然に防ぐには有効かもしれません。

CANインベーダー

現在、非常に多くなってきているというのが、CANインベーダーという窃盗手口。

このCANインベーダーは上記で記述したリレーアタックやコードグラバーのようにスマートキーの情報を盗み取る方法とは全く別物で、簡単に言えば「スマートキーは全く必要がない」窃盗手口となっている。

現在の車にはCAN信号という配線が各所に繋がっていてコンピューターを介して電装部品や車の状況を読み取ったりしています。最近ではGPSレーダー探知機などをOBDⅡ(診断機などを接続するコネクター)に差し込み、車両の情報をレーダー探知機の画面で確認できる商品なども有るので知っている方も多いかと思いますが、この車両データ信号がいわゆるCAN信号になります。

窃盗犯はこのCAN信号を狙って車を盗み出すのです。

窃盗犯はCANインベーダーで車両のコンピューターに直接入り込み、車の所有者がロック(純正イモビライザー)を解除した状態と一緒の状態を作り、エンジン始動まで行うのです。
そもそも車のドアが空いていないのにCAN信号にアクセスできるの?と思った方もいるかと思いますが、レクサスなどの一部の車両は、車両のバンパーを外してから通信網に直接アクセスしてドアロックを解錠し、車内に侵入します。

その後、別の装置を使用してエンジンをかけるという手順で盗んでいるようです。キーがなくてもドアロックを解錠し、警報を作動させずにドアを開け、エンジンまで掛けてしまうこの手口が今、急増しているようです。

CANインベーダーというこの窃盗手口から防ぐ対策としては、純正セキュリティーは全く意味をなさない為、やはり別に作動する社外セキュリティーや原始的なロックを装着することをオススメします。

車の純正セキュリティーやイモビライザーなどが進化しているのにもかかわらず、未だに耐えない車両盗難。窃盗犯もあの手この手で最新技術など駆使して狙ってきます。

盗まれてからでは遅いので、事前に”対策”をすることが非常に重要ですね。

 


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら