一流芸能人こと「ヒロミ」愛車のテスラについて徹底解説

テスラモーターズの電気自動車テスラは、電気で動くので、ガソリンの時代を忘れさせてくれます。一流芸能人であるヒロミさんが購入したのがテスラです。

Tマークで最先端のリード、世界に注目されてるテスラモーターを手に入れたヒロミさんが、自身のYOUTUBEチャンネルで、面白い企画を実行されましたので、電気自動車には目がない筆者が徹底解説いたします。

テスラモーター社とは

2003年7月1日テスラ設立、ロードスターに使われた、テスラの革新的な技術は、自動車の電源としてコンピューターのバッテリから始まりました。当時の自動車業界にはEV関する動きはほとんどありませんでしたので、電気自動車は速く、そして長い走行距離が可能ということの証明は革新的でした。

しかしながら、開発費などを理由に2007年までにテスラは、急速に資金不足になり、イーロン・マスク個人資産を投入することになりましたが、その采配が当たり、現在では目覚ましい発展を遂げ、EVの最先端をテスラモーターは走っています。

併せてテスラの特徴を解説しています。

アメリカの電気自動車テスラとは?車種別の価格・性能と特徴5つを紹介!

ヒロミの愛車

テスラモデル3ヒロミさんの愛車はテスラのモデル3上海モデル2021年式です。ヒロミさんは、自身のYOUTUBEチャンネルで以下のように話しています。

走ってみたら本当にいい、十分パワーがあるしよく走る、速いというのが率直な感想です。今回は、テスラのモデル3のかっこよくカスタム化したいと思います。エアロを装着して、車高を下げてローダウン、ボディのカラーを変更して可愛くしたいと話すヒロミさん、相当お気に入りのご様子です。

どんなカスタム車になるか非常に楽しみです。そんなテスラモデル3とはどんな車両なのか詳しく紹介します。

テスラモデル3

上海ギガファクトリーから来た最新モデル3、その速さに改めて驚き、スタンダード価格429万円と安いですが448キロ走れてしまい、さらに、ゼロ加速から100Kmまで5.6秒と驚異のスピードを誇っています。

車体の大きさなどを見ていきましょう。

・全長4.694mm

・全幅1.849mm

・全高1.443mm

・ホイルベース2875mm

デュアルモーター側面の衝突回避と自動緊急ブレーキを含むアクティブ セーフティー テクノロジーAWDは、2つの独立したモーターによって構成されています。前後それぞれのモーターのみが駆動するため、最小限のメンテナンスと最大化された耐久性を実現します。

最大出力:202kW(275ps)

最大トルク:404Nm

ブレーキの質もよく剛性感もあるハンドル、ボディ性能が高いので、緩みをなくしても、過敏さが一切出ないです。ハンドリングワインディングも気持ち良さを感じることができます。さらにテスラはカメラをベースにしており、信号機の読み取りを行い、ダイナミックマップも作らないで自動運転を行い、安心安全の提供される車です。テスラ社では以下のように紹介しています。

安全性はModel 3のデザイン全体で最も重要な部分です。金属構造は、すべての部分が最大強度となるようアルミニウムとスチールが組み合わされています。ルーフのクラッシュテストにおいて、Model 3はオールガラスルーフであっても車両の4倍もの重量にも耐えました。これは大人のアフリカゾウ2頭に匹敵する重さです。Model 3では、どのような天候下でもあらゆるコントロールができるように、デュアルモーターAWD、20インチ Überturbine ホイールとパフォーマンス ブレーキ、ローサスペンションのオプションが選択できます。また、カーボンファイバースポイラーは高速での安定性を高め、Model 3は静止状態から時速100 kmまでわずか3.3秒*で加速します。TeslaのAWDは2つの独立したモーターによって構成されています。前後それぞれのモーターのみが駆動するため、最小限のメンテナンスと最大化された耐久性および冗長化を実現します。従来のAWDシステムとは異なり、前後トルクをデジタルコントロールすることによって、より優れたハンドリングとトラクションコントロールを実現しています。

引用:Model 3 | テスラ ジャパン (tesla.com)

このテスラがAncarなら手頃な価格で手に入ります。

Ancarなら手頃な価格でテスラが手に入る

Ancarなら手頃な価格でテスラモデルXが手に入ります。

テスラ モデルP100D Ludicrous (スーパーチャージャー永久無料) 2016年式 66,542km

フルサイズのSUV、停止状態から時速100kmまであのパフォーマンスモードだと3.1秒というとんでもない速さに驚き、タイヤが滑らない電気自動車の実力があります。さらにP100Dは、性能がオンラインアップデートされているのが特徴的です。

大きさなど詳細を見ていきましょう。

・全長5.037mm

・全幅1.999mm

・全高1.684mm

前後デュアルモーター

・フロント=205kW

・リヤ=193kW

最大トルク

フロント=420Nm

リヤ=720Nm

側面衝突回避と自動緊急ブレーキ「アクティブ セーフティー テクノロジーHEPAエアフィルトレーション システム」が搭載、最先端のテスラが誇る技術を存分に感じて頂けます。電気自動車の圧倒的な加速力、自動ドア、ファルコンウィングドア搭載しているので、高級車に慣れている人にも自慢でき、ヒーローになれる車です。休日には、テスラ モデルX P100Dで、ご家族で遊びに行きませんか。

テスラについて併せて読んでいただければと思います。

アメリカの電気自動車テスラとは?車種別の価格・性能と特徴5つを紹介!


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら