アメリカの電気自動車テスラとは?車種別の価格・性能と特徴5つを紹介!

近未来的なデザインとエコカーの代表として知られる電気自動車。その中でも先駆者といえるテスラの電気自動車。電気自動車というだけで、その性能やどんな自動車かというのはあまり知らないという人も多いのではないでしょうか。今回はそのテスラ車について説明いたします。

テスラとは

テスラ車と言えば、イーロン・マスク氏が創設した会社の車です。

近未来的なデザインで斬新な車というイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。今までガソリンがないと走れないと思っていた自動車のイメージをテスラは、電気自動車というくくりで世の中に変革を与えました。

そんなテスラ自動車はどんな種類で、どんな機能が備わっているのでしょうか。価格もハイクラスレベルで、すぐに購入できる人は多くありません。そんなテスラの特徴をご紹介します。

テスラの6つの電気自動車の価格と性能

テスラの自動車のModelカテゴリは、大きく分けて6つあります。

乗用車的な目的からスポーツカーやトラック的な要素の強いものまで、6つのModelに分かれています。具体的には「MODEL S」「MODEL 3」「MODEL X」「MODEL Y」「CYBERTRUCK」「ROADSTER」の6つです。

価格は、500万円を超えるものから2,000万円超えるもの、また製品が発売されていないモデルまであります。

テスラの電気自動車1:MODEL S

テスラが従来の自動車メーカーと異なるところは、電気自動車専用の自動車メーカーです。ただ驚くのは、車体からパワートレーン、内装品など独自設計をしているところです。それが、あの特徴的なボディを生むのかもしれません。

モデルSは、価格は1,000万円クラスのセダンタイプの電気自動車になります。テスラ自動車のフロントの特徴的なランプはどのモデルも同じですね。

販売価格と性能

モデルSの価格は一番安いものでも1,000万円を超えます。しかし、モデルSでも直近で出たモデルの方が値段が下がってきている傾向にあります。以前と比べて、性能が高くなり、価格が安くなってきている点は、私たちにとって嬉しいですね。

「テスラ 2019 Model S ロングレンジ」は、クラスの中では大きな収納804リッターがあり、定員は5名、バッテリー容量は、Sクラスの中では大きな100kWhです。

テスラの電気自動車2:MODEL 3

テスラのモデルの中では、コンパクトで手頃な価格で買えるのが、MODEL3です。モデルSの廉価版としても知られています。

モデル3には、「ロードスター(2008年)」「モデルS(2012年)」「モデルX(2015年)」に続く第4弾のモデルです。

コンパクトですが他車と比べると、ベンツのCクラス(欧州モデル)やBMW3クラスよりも少し大きめのサイズなので、コンパクトとはいえ他車と比べると大きいですね。

販売価格と性能

価格は、モデルの中では一番低い価格で発売されており、511万〜700万円の価格帯です。

もともと、モデル3の発売にあたっては、低価格の電気自動車を量産するための発売でした。そのためモデル3には、テスラシリーズの価格の中では、一番買いやすい価格の自動車になります。

性能ですが、モデル3は自分のスマートフォンが車のキーになり、完全自動運転はオプションで追加になります。車内はディスプレイとハンドルがあり、操作はディスプレイで操作をします。

テスラの電気自動車3:MODEL X

MODEL Xは、モデルの中で一番収納スペースが大きい車で7人乗りの車になります。

印象的なのは、車のドアが「ファルコンウィングドア」というドアで、丁度鳥が翼を広げるような開きかたをします。このような開きかたをすることで、狭い駐車場で横幅を気にしたりする必要がなく、後部座席へ乗りやすいという利点があります。

また、2,250kgまで牽引もできるので、大人数でレジャーに行く時などにも最適です。

テスラのモデルXは、大型でドアの開きかたに特徴があります。

販売価格と性能

テスラのモデルXの価格ですが、最低でも1,100万円からとなっています。性能は1回の充電で507㎞の航続距離が可能で、15分で179㎞を充電することができます。

オートパイロット機能付きで、ドライバーが指示することなく、速度を調節したりするドライビング機能などがあり、将来的には、完全に自動運転できるようになった場合にも対応できるように設計されています。

テスラのモデルXは、価格が1,000万円以上する高級車で、未来完全自動運転にも対応された車です。

テスラの電気自動車4:MODEL Y

テスラ自動車のモデルYは、先ほどのモデルXと同じように7名乗りの車です。また、他のモデルと同じように、電気自動車で、安心な運転ができるように設計をしている車です。

この車の特徴は、車内の2列目のシートを倒して、収納スペースにしたり、乗車スペースに戻したりすることができるので、大きな荷物を運んだりする時にも便利です。

車が大きいので、家具や荷物などもトランクから簡単に取り出しができるようになっています。

価格に関しては、2020年に発売ですが、日本にはまだ納車されておらず、日本円でどのくらいになりか気になるところです。

販売価格と性能

テスラ自動車のモデルYは、2020年の発売であり、北米では納車を開始したというニュースが出ています。価格は5万2990ドル~6万990ドル(日本円換算:約577万円~約665万円 4月時点)ですが、日本での販売は未定のようです。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら