なぜお金持ちはポルシェを買う?ポルシェ乗りのイメージとベンツ、BMW乗りとの違い

BMWやメルセデスベンツと並んで有名なドイツの高級車メーカーポルシェ。特徴的なデザインなのでテレビで一度は見たことあるという方も多いのではないでしょうか。筆者の勝手なイメージですが、お金を持っている人というのは大抵ポルシェかフェラーリに乗っているイメージがあります。多くのお金を持っている人に選ばれているということはそれだけの理由があるということです。ではその理由とは一体なんでしょうか。今回はお金持ちがポルシェを買う理由、そしてポルシェに乗っている人のイメージと同国でよく比べられるベンツやBMWとの違いについてもお話していきます。

なぜポルシェを選ぶのか

多くの人がポルシェを選ぶ理由とは一体なんなのでしょう。まずは他にも高級車がたくさんある中で、ポルシェが選ばれる理由について考えます。

子供の頃からの憧れ

ポルシェを選ぶ理由として一番最初に挙げられるのがやはり、憧れです。おそらく多くの人が子供の頃からポルシェとは知らなくてもスポーツカーに憧れたのではないでしょうか。男の子は特に速いものが好きですから、筆者も例に漏れることなくポルシェは速い車ということを教えられてきました。そのスポーツカーの代表格と言ってもいいのがポルシェです。ポルシェを運転する時の高揚感は何物にも変えがたいでしょう。お金を持っていて、さあ何の車を買おうかとなった時に一番欲しくなる車というのはやはり子供の頃から憧れていた車になるのかもしれません。また、多くの人がポルシェに憧れているからこそポルシェに乗ることによって羨望の眼差しを集めることもできますね。

ポルシェの走りに…

もちろん、ポルシェが速いということは多くの人に知れ渡っています。しかし、実際にその走りを体験したことがある人はそう多くありません。ポルシェを選ぶ理由の一つに、その走りに惚れてポルシェを買ったという人も多くいます。ポルシェの走りで特徴的なのが速い上に自分の意のままに操れるということ。この自分の意のままに操れるという感覚は他の高級車にもない感覚であり、お金持ちの人がポルシェを選ぶのにも納得できます。また、その走りの特徴は何も現在の車だけではありません。昔のポルシェにも昔のポルシェの特徴があるため、走りに対するポルシェというブランドの熱の入れようも感じ取れます。

価値が下がらない

先ほど昔のポルシェには昔のポルシェの特徴があるとお話しましたが、これは同時に価値が下がらないということでもあります。実際、今販売されているポルシェの新車価格が1400万円ほどとなるのですが、中古でも10年ほどたってもその価格は600万円ほどありますし、さらに前のポルシェとなるとその価格は900万円ほどに跳ね上がります。ここまで跳ね上がるわけは、今現在ポルシェは水冷式のエンジンを使っていますが、昔のポルシェは空冷式のエンジンを使っており、昔のポルシェには昔のポルシェにしか出せない空冷式の独特な走りを見せてくれるからです。お金持ちの人にとって、将来的な資産価値を考えながら車を選ぶことも重要になってくるので、価値が落ちにくいポルシェを選ぶのでしょう。

ポルシェに乗る人、買う人はこんな人

次に、ポルシェに乗っている人は買う人はこうのような人というイメージについて見ていきます。

医師が圧倒的に多い

もちろんポルシェはいい車なのですが、如何せん一般的な金銭感覚で行くとどうにも手が届きそうもない価格です。新車で最低でも700万ほどします。そうなると購入する人に多いのが経営者や医師など年収が多い人になってきます。しかし、経営者は高級車の中でもベンツやBMWと行った四人乗れる車を法人名義で買うことが多いため、特に医師でポルシェに乗っている人の割合はかなり多くなります。

子供心のある人

やはりポルシェを買う人にはお金があって資産のことを考えている、それプラス子供の頃からの憧れであるという人が多いです。それはつまり子供心を決して忘れていないということに繋がるでしょう。何歳になっても自分のかっこいいと思う車に乗りたい、そういった気持ちは忘れてはならないものですね。

ポルシェに乗っている有名人は?

ではポルシェに乗っている有名人には一体どのような人がいるのでしょうか。

おぎやはぎ 矢作兼さん

芸能界の中でも有名な車好きとして知られている矢作さんですが車好きとあってやはり愛車はポルシェの911です。子供の心のあるちょっと小洒落た人とポルシェの相性は最高に良いです。乗っている姿が容易に想像できますね。

バナナマン 日村勇紀さん

バナナマンの日村勇紀さんもポルシェに乗っています。このポルシェは日村さんが出演している番組で購入しました。やはり、今のように若者の車離れが進んでいない時代ではポルシェというのは子供の頃からの憧れだったようですね。

ベンツ乗りやBMW乗りとの違い

ここではよく比較される同じドイツのBMWやメルセデスベンツとの違いについてお話していきます。

ポルシェはバランス型

まずBMWとベンツのそれぞれのイメージについてお話していきます。まずBMW。BMWが車を作る上でコンセプトとしているのは「走る喜び」です。BMWは走りを重視した車作りをしています。そのため比較的購入する人も車が好きな男性や運転するのが好きな方が買われることが多いです。次にベンツ。ベンツのコンセプトはなんといっても安全。ベンツは安全性に力を入れていて、そのためか政治家やお偉いさんなどがよく乗っている印象を受けます。偉い方々が多く乗っているため高級車といったらベンツというブランド力も非常に高いですね。では、ポルシェはこの二つのメーカーと比べてどういったイメージなのかと言いますと、この二つのメーカーのちょうど中間ぐらいのイメージと言えます。もちろん、スポーツカーとして有名なくらいですから走りにも力を入れていますし、その憧れからブランド力も他の高級車メーカーに全く負けていません。ポルシェはドイツの中でもバランス型と言えます。

ベンツ乗りやBMW乗りについてのイメージも詳しく書いていますので気になる方はこちらの記事もご覧ください

ベンツに乗る人はこんな人!?ベンツオーナーの特徴やイメージを紹介

2019-07-27

BMWを買う人はこんな人!?BMW乗りの特徴やベンツ乗りとのイメージの違い

2019-09-07

〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら