量販モデルにダウンサイジング・ターボを設定したがらないトヨタの考えとは?

トヨタは新型カムリにもターボは使わなかった

BMWやフォルクスワーゲンは、EVがより完成度を高めるまでの期間としてプラグインハイブリッド車を設定する策をとっており、またフォードを含む数社はターボチャージャーでの排気量のダウンサイジングに注力しています。 しかし『カー&ドライバー・ブログ』が指摘しているように、トヨタは、ハイブリッド技術こそ優れたものを持っているものの、ターボ過給にはなぜかそれほど乗り気でもないようです。 先日、全面刷新された新世代「カムリ」が北米で2018年モデルとしてデビューを果たしましたが、こちらもエンジンのラインナップは直列4気筒の2.5リットルガソリン、V型6気筒の3.5リットルガソリン、そしてハイブリッド版の改良型の3種類という組み合わせで、従来モデルから変化がありません。 なぜターボ過給でのダウンサイジングに踏み切らなかったのでしょうか?

トヨタがアメリカで中型車にもV6を残す理由とは?


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら