【新東名高速道路の延伸】その1:愛知県内区間の概要

ついに開通した新東名高速道路の西側部分について、当日に走行したリポート、第1弾です。


2月13日(土)15時、新東名高速道路(以下新東名)の愛知県内区間が開通しました。当日、実際に走行しての感想を含め、新東名について3回に分けてお伝えします。

まず、新東名の背景を簡単に振り返りながら、新しい区間を見てみたいと思います。なお、ここでは従来からの東名高速道路を、便宜上「旧東名」と記します。

東海道ルートの高速道路の略歴

2012年4月に新東名の第1期・静岡県内区間(御殿場JCT〜三ヶ日JCT)が開通してから4年弱。
首都圏・中京・京阪神という日本の3大都市圏を結ぶ大動脈が、また一歩改良されました。
今回、供用が開始されたのは、浜松いなさJCT〜豊田東JCTまでの約55km区間です。
2020年度には、海老名南JCT〜御殿場JCTも完成し、新東名の全線開業が予定されています。

旧東名が全線開通したのは1969年のことでした。
考えてみると、第2次世界大戦戦争後もほぼ四半世紀、東京と大阪は高速道路で完全には結ばれていなかったことになります。高度成長期だ、アメリカやドイツに次ぐ大国に発展だと言われながらも、国道1号線しか選択肢がなかった箇所があるというのは、なかなかすごいことではあります。とにかく、この昭和44年は「東名高速全線ついに開通」が大きな道路史上の進展でした。

しかし当然のように開通後の利用(通行)台数はどんどん伸び続け、20年以上前から「(旧)東名はパンク寸前」と言われて来ました。需要がとっくに許容範囲を超え、至る所ですぐに混雑します。そこで、旧東名を補完する新たな高速道路を建設することは急務だと、政府が本格的な計画を発表したのは1989年でした。
これが当初第二東名高速(法律では「第二東海自動車道」)と呼ばれた、つまり新東名のことです。

合わせて計画が進む新名神高速道路(滋賀県内の50km区間は、2008年に開業済み)とつながると、東京〜大阪間の大幅な距離・時間短縮が実現することになります。

これまでの名古屋近郊では・・・

旧東名の岡崎付近。これでもだいぶ流れている方で、休日のラッシュはかなりの覚悟が必要でした。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら