ベンツに乗っている人はこんな人!?ベンツ乗りの特徴やイメージを紹介

「ベンツに乗っている人ってこんな人だよね」「ベンツ乗りっぽい!」などなど。車とドライバーには何か相関関係があるように感じますよね。車もファッションの一部と考えることができます。ファッションならば、自分の個性に合っていて他の服やアイテムにも馴染むように着こなすというのがお洒落ではないでしょうか。特に輸入車ではその個性が強く出ますね。街を走る車、その車を運転する人を毎日見ていれば、なんとなくメーカーごとに傾向が見えてくると思います。特にベンツはハイブランドとして、個性や特徴を色濃く持っています。そんなベンツに乗っている人、一体どんな人でしょう。

また、あくまでも今回紹介する特徴はイメージです。例外もあれば、偏った見方もあります。個人的な意見として参考程度に読んでいただけると幸いです。

なぜメルセデスベンツを選ぶのか?

数ある自動車メーカーの中から、なぜメルセデスベンツを選ぶのでしょうか?もちろん、選ぶ理由は人それぞれですが、メーカーにも特徴があるので、その特徴に合った選び方をします。狭いのが嫌いで馬力が欲しい人は軽自動車を買いませんし、アウトドアが嫌いで大きい車も嫌いな人はジープを選びません。つまり、メーカーの特徴を知れば、ユーザーがそのメーカーを選ぶ理由と車に求めるものが見えてきます。

安全と信頼のメルセデス

メルセデスベンツは自動車メーカーの中でも随一の伝統と信頼を持っています。高級車として長らく愛されるには信頼を常に持ち続ける必要がありますから、「ベンツを買えば安心」という理由が一つあります。さらに、伝統だけでなく最新の安全技術も常に取り入れていて、先進技術においては世界の先頭を走っていると言ってもいいでしょう。メルセデスベンツのインテリジェントドライブは自動ブレーキはもちろん、制限速度を自動で検知したりドライバーの状態を判断して警告を出すこともできます。まさに至れり尽くせりな車なのです。

わかりやすく高級車

ベンツと聞いて知らない人はまずいないでしょう。ベンツ=高級車というのはもはや常識ですね。言い方は少し悪いですが、メルセデスベンツは「ステータス」になります。つまり、見栄を張れるということです。街を走れば高級車として見られますし、所有感も満たされます。高いお金を払うのであれば、その車がステータスとなって欲しいのは当然ですよね。高いのに周りが知らない車で、高級車として認められなかったら悲しいですからね。メルセデスベンツは見た目でも高級車とわかりやすいのも特徴でしょう。スタイリングは統一され、エンブレムは大きくアピールされています。内装も本革をふんだんに使い、インパネからダッシュボードなど細部まで作り込まれています。高級車ならポルシェやマセラティなどいくらでもブランドはありますが、メルセデスベンツが選ばれる理由はここにあるでしょう。ポルシェは走りは最高ですが、内装はあまりこだわりがありませんし、マセラティは一般への知名度が低いように思います。

ベンツに乗る人、買う人はこんな人

では、メルセデスベンツの特徴を抑えた上で、乗る人や買う人について考えていきましょう。しかしながら、メルセデスベンツユーザーを一括りにするのは難しいですし、失礼な部分もあります。あくまでも、「こんな傾向がある」といった観点で考えていきます。

会社の経営者

会社の経営者であれば、取引先や株主、顧客へのイメージも大切になります。会社の顔でもありますから、ボロボロの軽自動車に乗っていたら、少し心配になってしまいますよね。もちろん、軽自動車を悪く言う訳ではありませんが、「会社が上手くいっていないのかな?」と思われても仕方ないでしょう。そのようなことを考えれば、メルセデスベンツという車は非常にわかりやすいステータスとなります。

また、メルセデスベンツは会社の税金対策としても利用されます。経費で会社の車を買うことで、節税をすることができるのは一般常識でしょう。残価率が高く(値落ち率が低く)、耐用年数の短い中古車は効率よく節税をするとこができます。その中でも、社用車として認められやすく価格が丁度いいのがメルセデスベンツなのです。高級車でも派手なスポーツカーやスーパーカーは実用性が低く、「本当に会社に必要なの?」と疑われてしまいます。

安全性を一番に考える

特徴のところでも述べましたが、メルセデスベンツの安全性能は世界トップクラスです。ですから、買う人も安全性を重要視する人である傾向が強いでしょう。スポーティさも大切ですが、それよりも安全第一といった人に多く選ばれているのではないでしょうか。運転を快適にするためにある程度の走行性能は必要ですが、移動といった目的のために選ばれやすいメルセデスベンツは、快適性や安全性、ドライビングサポートなどの機能にこだわりがあります。この点は後に紹介するBMWと比較されやすい部分でもあります。

車種・クラスによって違いがある?

ひと昔前のメルセデスベンツはラグジュアリーなクラスしかありませんでした。しかし、近年では幅広いユーザーに合わせて様々なクラスのラインアップが用意されています。コンパクトカーのAクラスやSUVのGL、エントリーモデルのCLAクラスや手頃なセダンのCクラスなど、ミニバンのVクラスも追加されましたね。そう、現在は幅広いユーザーがいるのです。Aクラスは高級車でも実用性を重視したい人、マダムが買い物に使うイメージがありますね。GLは家族や友達を乗せる機会が多く、アウトドアが好きなアクティブな人。Cクラスはコンパクトで走行性能に優れるため、メルセデスベンツの中でも走りが好きな人が乗る印象です。また、SLはセカンドカー色が強いため、50〜60代の層が乗る印象があります。あくまでもクラスの特徴から考える印象ですので、皆さんは好きな車をお選びくださいね。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら