BMWに乗っている人はこんな人!BMW乗りの特徴やベンツ乗りとの違い

恐らく車に興味がない人でも、名前ぐらいは聞いたことがあるであろうドイツの高級車メーカーBMW。高級車でありながら街中でも割と頻繁に見かけることがあるBMWですが、皆さんはBMWに乗っている人と聞くと、どう言った印象を受けるでしょうか。車というのは一種の自己表現ですから、その人が乗っている車にはその人の趣味や嗜好、また車の使用用途など…。乗っている人のイメージが現れます。ではBMWに乗っている人には周りの人からはどういったイメージで見られるのでしょう。そこで、今回はBMWに乗っている人はこんな人というイメージを紹介していきたいと思います。ただし、イメージというものは人によって様々ですし、みんなが同じことを思っているなんてことはあるはずがありません。あくまでもこれは絶対的なものではないということを頭に入れた上でご覧いただけると幸いです。

なぜBMWを選ぶのか

車という高い買い物をする際には、必ず慎重に様々な車種を比べて検討します。BMWというのは決して安い車ではありません。しかし、先ほど冒頭で触れた通り、高級車でありながら割りと街中でもBMWの車は多く見かけます。では、そう言った人たちはどのような理由を求めてBMWを選ぶのでしょうか。ここではBMWを選ぶ大きな決め手となる特徴をみていきたいと思います。

昔から培ってきたブランド

多くの人がBMWに興味を持つ理由として最も多く挙げられるものがこのブランドでしょう。昔からBMWに憧れていたという人もいるかもしれません。BMWに憧れるということは多少経済的に余裕がなくてもBMWを買いたいと思うでしょう。そうなると価格が多少高くても、いや高いからこそ車を選ぶ際にBMWを選びやすくなるのは明白です。また、BMWは多くの人々に高級な車ということが認知されているため、BMWに乗っているという一種のステータスになります。これもブランド力があるからこそでしょう。

80年以上一貫してきたデザイン

次にデザイン。これはBMWだけではなくドイツ車全体に言えることかもしれませんが、デザイン性が素晴らしいです。BMWのデザインはどの車種のフロントもほとんど同じで一貫されています。フロントを見ればすぐにBMW車であるとわかるでしょう。このフロントデザインは今まで80年以上も受け継がれてきたデザインで、この長年受け継がれてきたデザインの中でも一番の特徴である二つに腎臓が並んでいるように見えることから名付けられたフロントのキドニーグリルというおなじみのグリルもブランド力を上げている大きな要因です。

何よりも一番に考えられた走り心地

BMWの走り心地が好きでBMWの車を乗っているという人も多くいます。むしろそういった人が大半かもしれません。走り心地が好きでBMW車しか乗ったことがないという人もいるくらい、BMW車の走り心地は特出しています。その走り心地に直結しているのがエンジン。BMWはエンジンに非常にこだわりを持っていて、ここ最近までは直列6気筒のエンジンを一貫して使用していました。この直列6気筒のエンジンは振動がとても少なく、その滑らかさは布の絹になぞらえてシルキーシックスと称されたほどです。しかし、最近になってそのエンジンに変化が訪れました。技術が発展したことによりエンジンの排気量を下げターボを付けることで理想的な走りを小排気量でもとても力強い走りが実現できるようになったのです。そこで、最近のBMWでは1気筒における最適な排気量は500ccであるとして4気筒の2000ccのエンジンを主に使用しています。その乗り心地は排気量は小さいながら以前と同じような走り心地を実現しています。

また、BMWがエンジンの他に特に気をつけているのが前後の重量配分。これが崩れると走行安定性に影響が出るためちょうど前後が50:50になるよう設計されています。これも走り心地を大きくあげている要因ですね。

BMWに乗る人買う人はこんな人!

それでは本題のBMWに乗る人や買う人はこんな人、というイメージを紹介していきましょう。

運転するのが好きな人


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら