【締め付けトルク】タイヤ交換や脱着に必要な締め付けトルクのやり方・注意点

締め付けトルクが重要なタイヤのホイール

普段、タイヤ交換や脱着は業者に任せていて、知識ややり方などが全く分からないという方も多いと思います。しかし、突然タイヤのパンクが起こることも十分考えられます。そのため、自分でタイヤの脱着ができると何かと便利ですよね。また、冬の時期になるとスタッドレスのタイヤに交換する方もいるかもしれません。そんな時に、最も重要になるのが締め付けトルクです。締め方次第では大きな事故につながってしまう恐れもあります。安全のためにも、適切なホイールナットの締め方について知っておきたいですよね。

そこで今回は、タイヤの脱着をするために大変重要な「締め付けトルク」について紹介していきます。

締め付けトルクについて

締め付けトルクとは?

車を構成する部品の重要なナット(一般的には六角形で中心にめねじが切ってあるもの)やボルト(ねじの1つ)には必ず締め付けトルクと言う物があります。冬の時期になると、スタッドレスのタイヤに交換する方も多いと思いますが、タイヤのナットにも締め付けトルクがあります。締め付けトルクとは、どのボルトやナットにもこれくらいの力で締めましょうという既定のトルクの事です。簡単に言うと、ボトルの締め付けに必要となる力加減のことです。トルクとは、ねじる方向にかかる力の事でKgf・m(キログラム・メートル)やN・m(ニュートン・メートル)という単位を使用します。

大事故につながるかも?トルクの締め方について

最近ではDIYでタイヤを交換する人も増えてきていると思いますが、この規定トルクはとても大切な工程です。締め付けが弱くてはナットが緩んでしまい、タイヤが外れてしまうなどの危険性があります。ですが、強く締めすぎてもいけません。強く締めすぎると、ボルトが折れてしまう可能性があります。折れなかったとしても、強い力をかけすぎたことによるボルトの損傷や破断を招くかもしれません。

走行中にタイヤが外れてしまうと、大事故につながる恐れがあります。ご自身でタイヤの脱着をする際には、規定トルクで締め付けるようにしましょう。

タイヤの規定トルクは車種によって異なる

タイヤの規定トルクですが、細かい規定は車種によって変わってきます。一般的には乗用車は9~11kgf・m(90~110N・m)、軽自動車では7~9kgf・ma(70~90N・m)と言われています。しかし、ご自身のお車の適正規定値を知りたい方は、必ず取扱説明書や各社ディーラー、またはホイールメーカーに問い合わせるなどして確認するようにしましょう。もしくは、プロのタイヤ専門店などで相談してみても良いかもしれません。適正な規定トルクできちんと締め付け、安全な走行を心がけましょう。

あれば締め付けに便利なトルクレンチ

あれば締め付けに便利なトルクレンチ

ディーラーや整備工場では、タイヤの脱着などにトルクレンチという物を使います。メモリを合わせて締め付けていくと、カチッと音がして簡単に規定トルクで締め付ける事が出来ます。ご自身でトルクレンチをお持ちになっている方は少ないと思いますが、最近では簡易的なトルクレンチも販売されています。頻繁にタイヤの脱着をする方などは持っておくと大変役に立つ工具だと思います。

トルクレンチがなければクロスレンチでタイヤを脱着

ホイールナットを締めるために使われるクロスレンチ

タイヤの脱着をしたいものの、トルクレンチを持っていないという方がほとんどだ思います。そのような場合、車載工具のクロスレンチ(十字レンチ)を使う事をお勧めします。車載工具にはシンプルで足りない機能もありますが、その分簡単使えるように作られています。車載工具の収納場所や種類の確認など、緊急事態の為に確認しておくととても安心です。

規定トルクを踏まえたタイヤの交換方法

タイヤの脱着

タイヤの脱着をするために、まずは平らな場所で、車が動かないようにサイドブレーキを引いた状態であることを必ず確認するようにしましょう。また、タイヤを持ち上げる前に、クロスレンチでナットをほんの少し緩めておきます。とても硬い場合などは、足で押しながら回してみても良いかもしれません。そして、車載工具のジャッキを使ってタイヤを持ち上げ、クロスレンチでタイヤのナットを回して外し、タイヤも取り外します。

新しいタイヤの装着

https://www.zurich.co.jp/car/useful/guide/cc-tire-exchange-self/

新しいタイヤをはめ込みます。ホールの真ん中に、ボルトがしっかりとはまる位置にはめ込みましょう。新しいタイヤを装着したら、1本のナットを少しだけ締めます。そして、タイヤを抑えながら他のナットも締めていきます。この時、手で回すのは少しだけで大丈夫です。
全てのナットを軽く締めたら、クロスレンチを使ってしっかりと締めていきます。この際、右回りや左回りではなく、対角線上の順番に締めていきましょう。こうする事で全てのナットを大体均等に締める事ができ、よりバランスよく固定できます。

締め付けトルクの注意点

規定トルクは意外にもそこまで強い力ではないため、十字レンチを使って強く締めすぎないように注意しましょう。力任せに締め付けると、ボルトの損傷は間違いなく起こります。そのため、足で押して思い切り締めるのも控えるべきといえます。クロスレンチを使って締める際は、クロスレンチにほんの少し体重を乗せ、ギュっと締める程度で大丈夫だと考えられます。締め終わった後は、トルクを測ってくれるサービスのあるガソリンステンドや量販店で締め付けトルクを確認してもらうと安心です。細やかなメンテナンスを行って快適なドライブを心がけましょう。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら
締め付けトルクが重要なタイヤのホイール