【締め付けトルク】タイヤ交換や脱着に必要な締め付けトルクのやり方・注意点

締め付けトルクが重要なタイヤのホイール

普段、タイヤ交換や脱着は業者に任せていて、知識ややり方などが全く分からないという方も多いと思います。しかし、突然タイヤのパンクが起こることも十分考えられます。そのため、自分でタイヤの脱着ができると何かと便利ですよね。また、冬の時期になるとスタッドレスのタイヤに交換する方もいるかもしれません。そんな時に、最も重要になるのが締め付けトルクです。締め方次第では大きな事故につながってしまう恐れもあります。安全のためにも、適切なホイールナットの締め方について知っておきたいですよね。

そこで今回は、タイヤの脱着をするために大変重要な「締め付けトルク」について紹介していきます。

締め付けトルクについて

締め付けトルクとは?

車を構成する部品の重要なナット(一般的には六角形で中心にめねじが切ってあるもの)やボルト(ねじの1つ)には必ず締め付けトルクと言う物があります。冬の時期になると、スタッドレスのタイヤに交換する方も多いと思いますが、タイヤのナットにも締め付けトルクがあります。締め付けトルクとは、どのボルトやナットにもこれくらいの力で締めましょうという既定のトルクの事です。簡単に言うと、ボトルの締め付けに必要となる力加減のことです。トルクとは、ねじる方向にかかる力の事でKgf・m(キログラム・メートル)やN・m(ニュートン・メートル)という単位を使用します。

大事故につながるかも?トルクの締め方について

最近ではDIYでタイヤを交換する人も増えてきていると思いますが、この規定トルクはとても大切な工程です。締め付けが弱くてはナットが緩んでしまい、タイヤが外れてしまうなどの危険性があります。ですが、強く締めすぎてもいけません。強く締めすぎると、ボルトが折れてしまう可能性があります。折れなかったとしても、強い力をかけすぎたことによるボルトの損傷や破断を招くかもしれません。

走行中にタイヤが外れてしまうと、大事故につながる恐れがあります。ご自身でタイヤの脱着をする際には、規定トルクで締め付けるようにしましょう。

タイヤの規定トルクは車種によって異なる

タイヤの規定トルクですが、細かい規定は車種によって変わってきます。一般的には乗用車は9~11kgf・m(90~110N・m)、軽自動車では7~9kgf・ma(70~90N・m)と言われています。しかし、ご自身のお車の適正規定値を知りたい方は、必ず取扱説明書や各社ディーラー、またはホイールメーカーに問い合わせるなどして確認するようにしましょう。もしくは、プロのタイヤ専門店などで相談してみても良いかもしれません。適正な規定トルクできちんと締め付け、安全な走行を心がけましょう。

あれば締め付けに便利なトルクレンチ

あれば締め付けに便利なトルクレンチ

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら
締め付けトルクが重要なタイヤのホイール