スピード違反多発?一発免停の可能性も?高速道路で捕まるパターンと対策

高速道路

帰省や旅行の際など、多くの人が高速道路を利用する機会がありますよね?

高速道路には信号がありませんし、歩行者もいません。そのため、ついついスピードを出しすぎてしまう人も少なくないでしょう。実は、高速道路での違反のほとんどがスピード違反です。スピード違反のための取締りは、主に「覆面パトカー」と「オービス(速度違反自動取締装置)」によって行われています。しかし、覆面パトカーやオービスについて、どのように交通違反の取り締まりを行っているか知らない人も多いのではないでしょうか?また、高速道路で知らず知らずに違反をしてしまっている方もいるかもしれません。

そこで今回は、高速道路で逮捕されるパターンと対策について紹介していきます。

高速道路ではスピード違反が多い

まずは高速道路で捕まるパターンについて見ていきましょう。

高速道路では、最高速度違反による取り締まりが圧倒的に多いです。警視庁資料によると、平成29年(2017年)の全体の取り締まり件数は524,161件でした。そして、そのうちの374,085件が最高速度違反だったようです。割合にしてみると、全体のなんと71.4%が速度違反だったことがわかります。高速道路には歩行者がいませんし、信号もありません。そのため、ついついスピードを出しすぎてしまうことが原因だと考えられます。

警視庁資料によるデータを内閣府が掲載しています。詳細は以下の通り。

第1-15表 高速道路における交通違反取締り状況

主法令違反別平成29年平成28年対前年比
件数構成率件数構成率増減数増減率
524,161100.0560,133100.0-35,972-6.4
最高速度違374,08571.4398,34571.1-24,260-6.1
積載違9540.28370.111714.0
車両通行帯違61,36211.767,89012.1-6,528-9.6
車間距離不保6,1391.26,6901.2-551-8.2
酒酔い,酒気帯び運転3040.13260.1-22-6.7
駐・停車違560.0710.0-15-21.1
無免許,無資格運7560.17880.1-32-4.1
その80,50515.485,18615.2-4,681-5.5
注 1 警察庁資料による。
  2 構成率は,単位未満で四捨五入しているため,総数と内訳の計が一致しない場合がある。

高速道路での取り締まりは「覆面パトカー」か「オービス」

高速道路での取り締まりは、基本的に「覆面パトカー」と「オービス」によって行われます。

覆面パトカー

覆面パトカー

高速道路をよく運転する方はご存知かもしれませんが、高速道路では覆面パトカーによる取り締まりが頻繁に行われています。

覆面パトカーの基本的な取り締まり方法

覆面パトカーの動きはさまざまですが、最も主流な覆面パトカーによる取り締まりパターンを紹介していきます。

  1. 覆面パトカーは、インターチェンジの入り口付近、パーキングエリアやサービスエリアの出口付近などの本線の見えるところで待機しています。
  2. 速度超過などの違反車を見つけたときに本線へ合流をしていきます。
  3. そして、違反車を追尾し速度計測などをしてから捕まえます。

このようなパターンの他にも、大きなトラックの前を走行していることもあるようです。覆面パトカーは、基本的に1番左側の車線を走り、追い越し車線などで速度を超過して走行している車を追尾します。どんなときも安全運転を心がける必要がありますが、合流付近ではいつも以上に安全運転を心がけると良いでしょう。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら
高速道路