後部座席のシートベルト着用は義務!未着用でも違反とならないケース3つ

事故を起こしそうで焦る運転手

後部座席のシートベルト着用は2007年に改正された道路交通法により義務化されました。現在では何%の人が着用しているのでしょうか。この記事では未着用でも違反にならないケースなども含めて、後部座席のシートベルト着用について見ていきます。

後部座席のシートベルト着用は義務

シートベルトは、万が一事故が起きた場合に怪我をすることを防ぐための安全装置です。シートベルトを装着するのは、自分や同乗者の安全を守るためにも大切ですよね。2007年に道路交通法が改正されて、後部座席を含む全座席でのシートベルト着用が義務化されました。

後部座席のシートベルト未着用だった場合の危険性とは

事故を起こしそうで焦る運転手

シートベルトを着用せずに後部座席で事故に遭った場合、どんな危険があるのでしょうか。まず、車内で体を強く打ち付ける可能性があります。事故の衝撃で前席やドア、天井にぶつかり、強い衝撃を受けるでしょう。また、車外に投げ出される可能性があります。投げ出された体はアスファルトにたたきつけられたり、最悪の場合は後続の車にひかれたりしてしまうことも考えられます。データからも、シートベルトの必要性は明らかになっています。

後部座席のシートベルト着用率

後部座席のシートベルト着用が義務になってから10年以上が経過していますが、現在着用率は何%なのでしょうか。警視庁とJAF(日本自動車連盟)によって発表された、令和元年のシートベルト着用率全国調査結果を示します。

一般道路におけるシートベルト着用状況

一般道路におけるシートベルト着用状況について見ていきます。運転席のシートベルト着用率が98.8%、助手席の着用率が95.9%とかなり高いのに対し、後部座席の着用率は39.2%と、低い数値にとどまっています。

調査対象 運転手 助手席同乗者 後部座席同乗者
着用 300,262 47,590 21,976
非着用 3,571 2,037 34,132
合計 303,833 49,627 56,108
着用率 98.9% 95.9% 39.2%

高速道路におけるシートベルト着用状況


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
事故を起こしそうで焦る運転手