センチュリーにかかる維持費6つ!センチュリーの特徴についても徹底解説

トヨタのセンチュリーは、1967年に登場して以来、現在も製造・販売されている高級車です。政府要人や企業役員などを乗せることも多く、センチュリーロイヤルは皇族専用車として有名です。そんなセンチュリーの維持費を中心とした特徴を紹介していきます。

センチュリーとは?

トヨタのセンチュリーは、1967年にトヨタの創始者である豊田喜一郎の父親、豊田佐吉の生誕100周年を記念して登場した車で、現在も製造・販売されています。センチュリーは、政府などの要人や、一般企業の役員などの富裕層によく使用されている高級乗用車です。また、センチュリーをベースにした「センチュリーロイヤル」は、皇族専用車として使用されています。この記事では、そんなセンチュリーの維持費を中心に紹介します。

センチュリーの特徴3つ

官公庁や企業などの法人で公用車や社用車として使用されることが多い高級車であるセンチュリーは、大きくて高級感のある車体や、堂々として風格が漂う走りは、一般的な乗用車とは一線を画しています。一般市民にとっては高嶺の花であるセンチュリーの特徴を見ていきましょう。

特徴1:エンジン性能が良い

2代目センチュリーのエンジンは、JZ系直6エンジンをベースとしたV型12気筒5000cc・DOHCエンジンを搭載し、280馬力/46.9kgmのパワーがあります。滑らかに回るエンジンの駆動は、2トンを超える大きな車体を軽々と加速させるにもかかわらず、驚くほどの静かさです。左右それぞれのVバンクが独立して制御されており、片バンクにトラブルが起きても走り続けることができます。

現行モデルでは5.0LのV8エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドシステムが採用され、システム出力は400馬力以上を誇ります。

特徴2:耐久性が高い

まずは、重量級の車体は堅牢性が高く、耐久性に優れています。また、リアのトランクが長く、後方からの衝突に対して安全性を確保しています。皇族仕様車に利用されたり、政府要人を乗せたりすることも多いセンチュリーは、耐久性や安全性の評価が高い車です。

特徴3:内装と外装ともに高級感がある

センチュリーのインテリアは、木目をあしらった上質な内装です。雰囲気はクラシカルテイストで、最初の発売から基本的なデザインは大きく変わっていません。一方、エクステリアも高級感あふれるスタイリングで、カラーはエターナルブラックなど4色用意されています。

センチュリーにかかる維持費6選

続いて、高級乗用車であるセンチュリーを維持するための諸費用について紹介します。センチュリーの購入費用が高額であることは広く知られていますが、購入費用に加えて維持費も一般的な乗用車に比べて高いと言えるでしょう。そんなセンチュリーの燃料費、税金、車検費用、メンテナンス費用などの維持費を見ていきましょう。

維持費1:ガソリン代


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら