車作りのお手本フォルクスワーゲンの歩んできた歴史とは

自動車を購入するとき、好きな自動車メーカーやスペックを気にしてみたり好みのデザインのものを購入したりすると思います。しかしほとんどの場合は車を購入する際にどのメーカーの車を選べばいいかわからないそんな人が多いかもしれません。初めて車を購入する方や車についてあまり知識のない方は特にわかりにくいように感じている人が多いと思われます。各自動車メーカーの生産している製品はさまざまな特徴があります。歴史も深くメーカーの歩んできた道を知ることでどのような車を世に送り出してきたのかがわかります。その各社持ち合わせている特徴を吟味し、消費者のライフスタイルに合った車を選び購入することで初めていい買い物ができるのではないかと考えています。またフォルクスワーゲンは長い間多くのユーザーから愛されており、おしゃれなデザインは人々を魅了しました。今回は数多くの自動車の中からフォルクスワーゲンについて紹介していきたいと思います。

フォルクスワーゲンとは?

フォルクスワーゲンはドイツのニーダーザクセン州に本社を置く自動車メーカです。フォルクスワーゲンはさまざまな自動車メーカーを傘下としており、ポルシェなどがフォルクスワーゲングループに属しています。

フォルクスワーゲン設立からの歩み

フォルクスワーゲンはアドルフ・ヒトラーが1934年に行ったベルリンモーターショーで国民車計画に従い、ポルシェの生みの親であるフェルディナント・ポルシェによってフォルクスワーゲン・タイプ1という現在のビートルとなる進歩的なメカニズムを備えた流線型のリアエンジン小型車が開発されました。第二次世界大戦中のフォルクスワーゲンの製造ラインでは近隣諸国から連れてこられた強制労働者やアウシュヴィッツ収容所から送り込まれた人たちが過酷な労働を強いられていたという過去があり、中にはあまりの過酷さに亡くなる労働者もいるほどでした。

フォルクスワーゲン事業の拡大

第二次世界大戦後のフォルクスワーゲンはタイプ1を中心とした事業拡大を行いました。戦後アメリカなどの主要な自動車メーカーから調査の対象とされさまざまな調査が行われましたがフォルクスワーゲンの合理性や進歩性が当時の技術者達には理解されませんでした。そのおかげでフォルクスワーゲンは無価値な企業として評価され、独自の設計や設備を他国に奪われずに済みました。

フォルクスワーゲンが生み出した名車

フォルクスワーゲンが誕生してから長い年月が経ちましたがその中で数々の名車と呼ばれる車が誕生していきました。ドイツの技術力の結晶といっても過言ではないフォルクスワーゲン自動車。今見てもデザイン性やさまざまな面で優れています。そんな数々の名車の中から一部抜き出して紹介していきたいと思います。

フォルクスワーゲン・タイプ1(ビートル)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%971

フォルクスワーゲン・タイプ1はヒトラーとポルシェが手を組み作り出されたことで有名な自動車であり、当時のドイツのデザイン性が反映されている今では珍しい自動車です。ビートルやカブトムシの名前で親しまれていた現在でも知る人ぞ知る名車です。1938年に製造開始され2003年まで約半世紀もの長い間販売されていたビートルは自動車市場で成功を収め世界で最も売れた、伝説と呼んでも過言ではない自動車です。

フォルクスワーゲン・ゴルフ

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B4%E3%83%AB%E3%83%95

フォルクスワーゲン・ゴルフはハッチバック車の世界車種別歴代総生産台数でトヨタのカローラに次ぐ第2位を記録するほど世界中で人気の車種であり、2013年の記録だと累計生産台数が3000万台を達成した記録を持っています。世界のベンチマークと呼ばれるほど高性能なゴルフは他の自動車メーカーが自動車作りの手本にするほど高い完成度を持つ車でした。ゴルフの登場後影響を受けた自動車が数多く生産され、ゴルフは良い車のお手本とも言える自動車となりました。

フォルクスワーゲン・タイプ2

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%972

フォルクスワーゲン・タイプ2はビートルをベースにリアエンジン、リアドライブを汎用した自動車として開発・販売されました。フォルクスワーゲン・タイプ2の元は工場内で使用されていたビートルのシャーシをベースに作られていたトランスポーターであり、ビートルのフラットなシャーシを利用すればスペース効率の高い車が作れるのではという考えから生まれた自動車です。フォルクスワーゲン・タイプ2は現在でも人気のある車種であり、レストアされたりして街中で今でも走っていることがあります。

フォルクスワーゲンの魅力はどんなところ?

フォルクスワーゲンは世界を代表する自動車ですがなぜここまで世界的に人気のある自動車になったのでしょうか。その人気の裏には何か魅力があるからこそ支持されているのかもしれません。

フォルクスワーゲンのデザイン

フォルクスワーゲンの自動車は昔のドイツを連想させるような丸みを帯びた車が多く、優れたデザイン性から自動車のキャラクター性が立っていてどれも見ていてこだわりを感じさせるデザインをしています。特にビートルのデザインは優れていて、フォルクスワーゲン・タイプ1から大きく自動車の作りが変更されているものの、そのビートルの面影は密に引き継がれていてフォルクスワーゲン・タイプ1のDNAを感じさせるデザイン作りは匠の粋に達しています。

フォルクスワーゲンの車作り

フォルクスワーゲンだけではありませんがドイツで開発される自動車は日本で開発される自動車とは違った思想で開発されています。ドイツには速度制限のないアウトバーンがあり、日常的に使用する人もいるため足回りやハンドリングの良さが求められます。そのため日本車と比べて基本性能の高い自動車が多く、どんな状況でも安心して乗ることができる自動車となっています。

運転する楽しさを感じられる

アウトバーンを想定した作りをしているドイツ車は安全性能が他の国で作られている自動車よりも高いことで知られています。ですが安全なだけではなく、運転していて楽しい自動車が多いのも特徴です。特にフォルクスワーゲン・ゴルフの登場は当時の自動車業界を塗り替えるほど絶賛され、後の自動車作りの手本となるほど人々を魅了しました。

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』