価格以上のパフォーマンス!日産 ノート

日産ノートは2017年上半期の国内販売台数84,211台でナンバーワンを獲得したことを発表しました。販売台数全体を見ても、内訳を見ても新型ノートの売り上げは順調です。今回は日産ノートのモデル別、グレード別価格情報をまとめました。


「日産 ノートの特徴」

・日産 ノートの特徴①

日産 ノートは日産自動車が製造、販売しているハッチバック型の乗用車です。B型プラットフォームをベースに開発され、初めは1、1.5Lエンジンはのみが用意され、他の1.5Lクラスの車よりも価格が安く設定されました。全長4,020mm、全幅1,690mm、全高1,545mmで総重量は1,090kgから1,170kgとなっています。また、前方にはスラット式、後方にはトーションビーム式のサスペンションを使用していて、最大乗車人数は5人になっています。

・日産 ノートの特徴②

ダウンサイジングしたプラットフォームを使用していて、コンパクトカーながら室内空間は広々としています。ホイールベースが短く最小半径が小さい為、小回りが利いていて狭い道などでも運転しやすい車です。エンジンは、CVTを採用していて、スーパーチャージャー仕様車では25.2km/Lと非常に低燃費で、コストパフォーマンスに優れています。また、1.5Lのエンジンなので、最大出力や最大出力トルクもコンパクトカーとしては申し分ないです。

・日産 ノートの特徴③

ノートのシートデザインはどのグレードも同じで、シートサイドの張り出しがしっかりとあり、走行中の運転姿勢のブレをサポートしてくれます。シート自体の厚みもあり座り心地は良いですが、全体が小振りです。また、エンジンスターター下のボックスやステアリングボックス、パーキングブレーキサイドポケットなど収納スペースが数多くあり、カード類やスマートキーなどを収納できて、大変便利です。

「日産 ノートの歴代モデル」

・日産 ノートの歴代モデル①

初代モデルのE11型は、2004年から2012年まで製造、販売されました。月間目標台数を8000台に設定し、発売当初は1.5Lのエンジンのみで7つのグレードがありました。2005年12月には、シート及びドアトリムクロスを一新して、インストルメントパネルに新素材を採用しました。また全車種に運転席アームレストを追加し、「15S Vパッケージ・15S FOUR Vパッケージ」と「15E・15E FOUR」にはパワーウインドフィニッシャーなどの架装やハロゲンヘッドランプなどを採用しました。

・日産 ノートの歴代モデル②

2代目モデルのE12型は2012年から販売されている現行車です。2012年7月16日に横浜市の大さん橋で、新型グローバルコンパクトカーとして世界初公開されました。エンジンは前のモデルからダウンサイジングされ1.2L・直列3気筒になり、直噴ミラーサイクルエンジンと高効率スーパーチャージャーを組み合わせた物になりました。2016年には量産型コンパクトカーでは世界初となる、「シリーズ方式ハイブリッドシステム」を採用しています。

「中古価格について」

・日産 ノートの歴代モデル①

初代モデルの中古価格は、1万円から110万円程度です。大変人気がある車種で中古市場に出回っている台数が多い為、需要と供給のバランスにより平均中古価格は50万円と安くなっています。大変驚きなのが、本体中古価格が20万円を下回っている中古車あり、初めて車を買う人や、車を買う予算が少ない人にとってはオススメの車種です。燃費も良く経済的な車種の為、50万円から60万円程度で購入できるなら、費用対効果も良くお買い得です。

・日産 ノートの歴代モデル②

2代目モデルの中古価格は、30万円から260万円程度です。現行モデルなのですが2012年度のモデルは型落ちしている為、中古価格が安くなっています。走行距離も価格の割には少なくアイドリングストップ機能などもついている為、コストパフォーマンスはかなり良いです。また、2代目の最新モデルの中古車もかなり多く出回っているので、カラーバリエーションも豊富で新車とほぼ変わらない状態の車を安い価格で販売されています。

「オススメモデルについて」

日産 ノートのおすすめモデルは、2016年11月以降2代目のマイナーチェンジにより発売された、e-Pawerを搭載したモデルです。e-Pawerは電気自動車の全く新しい形で、外部から充電する代わりにエンジンで発電して、その充電した電気を利用してモーターだけで走行し、充電を気にすることなくどこまでも走ることができます。また、モータードライブならではの静粛性があって、室内空間は快適です。また、2.0Lのターボエンジンに匹敵する加速力とレスポンスを兼ね備えている為、俊敏な走りを楽しむことができます。

・おすすめモデルの燃費

e-Pawerを搭載したモデルは燃費性能が抜群で、エンジンを発電専用にしています。カタログ燃費は、JC08モードで34.0km/Lとなっていて、コンパクトカーの中ではトップクラスの低燃費です。燃費に悪影響を与える作動領域をしていない分、エンジンの作動時間を短縮できごくわずかな減速でも回生エネルギーが取れるように設定してあります。その為、街乗りや高速道路などのあらゆる走行シーンで優れた燃費性能を発揮してくれます。

・おすすめモデルの維持費

■年単位でかかる費用 ・自動車税:34,500円 ・車検代:50,000円程度

■毎月かかる費用 ・ガソリン代(1年1万km&カタログ燃費×軽油110円、レギュラー120円、ハイオク130円、):2,950円程度 ・駐車場代:1万円 任意保険代(年齢30歳、免許証ブルー、30歳以上限定、本人限定、 車両保険無し、新規で申込、年間走行距離11000km以下):50,000円程度

「オススメオプション」

・オススメオプション①

オススメのオプションは、エスティーロ 5本ツインガングレーメタリック 15インチアルミホイールで、価格は、取付工賃込みで94,556円です。ノートe-Pawerのスタイリングと走りを、足元から精悍に演出してくれます。純正品なので車との相性も良く、スタイリッシュなデザインと、軽量で高精度な品質を実現しています。アルミホイールは大変軽い為、ハンドルが軽くなり、ハンドル操作を操作をよりスムーズに行うことができます。

・オススメオプション②

セキュリティでついていてほしいオプションはカーアラームで、価格は工賃込みで23,194円です。大変人気がある車種の為、盗難が多く、ドアをこじ開けたりオリジナルナビゲーションが取り外されると、車両のホーンとハザードで周囲に異常を知らせてくれる為、盗難防止対策に役立ちます。また、コーナーセンサーもオススメで、価格は工賃込みで、58,197円です。フロント左右とリア左右についていて、障害物との距離をブザーでお知らせしてくれる為、狭い場所などの運転や駐車に役立ちます。

「まとめ」

日産 ノートは小回りのきくコンパクト性や、独自の技術によるエンジン性能によってよって生み出される、低燃費の車です。特に、e-Pawerを搭載しているモデルは静粛性が高く燃費が良い為、日本でもトップクラスのコンパクトカーと言えます。中古車の台数も申し分なく、様々な価格帯やモデルが選ぶことができて、中古車を購入したいユーザーにとっては大変ありがたいです。他にはない独自のスタイルの日産 ノートですが、さらなる進化でアッと驚かせてほしいです。

ノートを購入する前に、現在お乗りのお車を高く売るには、おまかせ出品がおすすめです。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら