BMW 1シリーズ クーペの魅力とスペック

BMW1シリーズクーペは、BMWのエントリーモデルとして登場した初代モデルに設定されました。1シリーズは基本的にハッチバックが売れ筋ですが、クーペの持つ優雅な美しさに魅力を感じる人も多いことでしょう。搭載されるエンジンはハイスペックでスポーティな走りを堪能することができます。

BMW 1シリーズ クーペとは

引用元:https://minkara.carview.co.jp/userid/811544/car/687037/profile.aspx

BMW1シリーズクーペはドイツの自動車メーカーのBMWが2004年より製造販売している自動車です。Cセグメントに属するBMWのエントリーモデルとして、3シリーズコンパクトの後継モデルとして登場することになりました。BMW1シリーズはクーペのほかに、ハッチバック及びオープンタイプがありますが、クーペは初代にのみ設定され、2011年にモデルチェンジが行われた2代目ではカタログ落ちしてしています。基本プラットフォームはE90型の3シリーズと共有となります。外観のデザインは2ドアクーペなのでハッチバックと比べると流線形の美しいデザインにまとめられていますが、優雅さはあまりなく、むしろ力強さが強調されています。特に睨みをきかせた個性的なヘッドライトは、エレガントな雰囲気とは別物です。また走行性能に関しても、他の多くのCセグメント車のようなFFの駆動方式ではなくFRを採用し、前部と後部への荷重をほぼ50:50の均等に配分するなど、スポーツ性能を追求して作られているのがクーペを含めBMW1シリーズの特徴です。

BMW1シリーズクーペ「135i」のスペック

2008年2月26日「135i」発表

引用元:http://kakaku.com/item/K0000275462/

BMW1シリーズクーペモデルが日本向けに発表されたのは2008年2月26日のことでした。ハッチバックが登場してから4年を経過してのことでしたが、そこで発表されたのは3.0L直列6気筒DOHCツインターボエンジンを搭載する「135i」が設定されたということでした。このエンジンは最高出力が306ps/5,800rpm、最大トルクが40.8kgf・m/1,300-5000rpmを発揮するハイパワーエンジンで、わずか1.5t前後の軽い車体を圧倒的なトルクで加速されることができました。組み合わされた変速機は6速AT及び6速MTから選ぶことができました。

2010年「135i」マイナーチェンジ

引用元:https://www.ancar.jp/channel/6251

2010年に「135i」はマイナーチェンジが行われ、エンジンがN54B30型からN55B30型3.0L直列6気筒DOHCターボエンジンに変更されます。ロングストロークでターボ過給されてるので、最高出力は306馬力と変わらないのですが、最大トルクは40.8kgf・m/1,200-5000rpmと若干最大トルクの発生回転数が低くなり、オートマチックトランスミッションとの相性が良くなりました。BMWの直列6気筒らしさは薄くなり、V8エンジンに似た感じだと評価されることも少なくないようです。また変速機は7速DCT及び6速MTに変更されました。

BMW1シリーズクーペ「120i」のスペック

2010年に追加投入された「120i」

引用元:http://www.office-az.com/salecar/?detail=1424028926

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら