Googleマップを活用すれば愛車を見失わない?駐車場をピン留めする機能など!

ガラパゴス携帯の時代が終わりスマートフォンが普及してから長い年月が経ちました。全く使えないと言われていたその性能は年々向上し、スマートフォンに搭載されているCPU(人間で言う頭脳を司るパーツ)が高性能で省電力なため、PCに搭載されたりもしました。しかし、成長してきたのはスマートフォンだけではありません。スマートフォンで利用できるアプリケーションも、アップデートを繰り返しとても便利で使いやすいものに進化しました。中でも地図アプリケーションはスマートフォンの登場から今まで長い間、標準で搭載されていました。

しかし実際、スマートフォンに標準搭載されている地図アプリやGoogleマップに関する噂はあまり良くないものも聞きますよね。今回は、『Googleマップ』に絞って、実際にどのくらい進化し、どのような機能が使えるのか、最新技術を解説していきます。

Googleマップは歴史を繰り返す

AppleからGoogle撤退

Appleが発売しているiPhoneのiOS6まではYoutubeや地図アプリでGoogleのサービスが多く採用されていました。しかしGoogleとのライセンス契約の終了に伴いiPhoneのシステム標準アプリからYoutubeやGoogleマップといったGoogleのサービス運営するアプリが削除されました。のちに別アプリとしてGoogleのサービスはリリースされましたが当時は衝撃的なニュースでした。

そして今、このような流れが再びGoogleマップにも訪れています。

iPhone標準搭載のマップがポンコツに

2012年9月にappleは自社製のマップサービスを開始しました。iOS6まで使われていたGoogleマップは廃止され、iOSの標準マップはApple純正のものに置き換えられました。初期段階の地図アプリでは、利用者の位置情報やその方向がうまく表示されなかったり、その他様々なバグやエラーが発生しユーザーやその他メディアから大量の批判が殺到しました。

さらに、地図のデータも不具合が生じ、実在しない地名や駅が表示されることもあり話題になりました。例えば、実在しない駅名としてパチンコガンダム駅やスターバックス駅、マクドナルド駅などがあり不確実な情報で人々の混乱を招きました。3Dマップもポリゴンの歪みが多く、ブルックリン橋などの象徴的な建物が潰れて表示されていました。2019年秋に配信されるiOS13ではApple純正の地図アプリが大幅に改善されるみたいなので期待しています(日本対応は定かではないですが)。

しかし、Googleマップの話に戻ると、2019年3月に株式会社ゼンリンとの契約を解除したことにより、かつてAppleからGoogleが撤退して地図が劣化した時と同じ現象が起きています。今回のとても影響は大きく、日本国内のマップ内からバス停が根こそぎ消えたり、山影が湖になっていたりと大幅に情報の精度が低下しました。

Googleマップの強みはAIのディープラーニング

ユーザーの行動履歴から強化されるマップ

Googleの強みはAIによるディープラーニングです。Youtubeでは再生されやすいサムネイルをAIで自動生成するために視覚的解説技術を利用しています。主に多くのユーザーがアップロードした膨大な量のカスタムサムネイルから再生数の多いものを選びクオリティの低いものと高いものを選別し学習、分析させています。おかげで人の手を加えずに高クオリティのサムネイルが量産できる時代となりました。

そこで、GoogleマップではAIのディープラーニングを活かして地図の情報量を増やしています。ディープラーニングを活用して8000億件以上のストリートビュー画像を自動で解析し、将来的にGoogleマップを自動で更新していくという目標を立てています。数多くいるユーザーの行動履歴や情報提供によって地図が更新され、より情報量の多い地図アプリへと進化していきます。最近ではGoogleマップ上にオービスの位置がユーザーによる情報提供により表示されるようになりました。AIも重要な役割を担っていますがユーザーからの情報提供が重要な場合もあるのです。

Googleマップのアップデートでオービス情報が表示されるようになる!


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら