オイル交換で燃費が良くなる?燃費を向上させるならエンジンオイルを交換しよう

自動車のエンジンオイル交換は頻繁にメンテナンスすべきですが意外と忘れてる人が多く、中にはエンジンオイルの量がかなり少なくなったまま運転している人やピストンが焼きつく寸前で交換する人も多くいます。エンジンオイルは燃費にも関わってくる大切な部分で故障の危険性もあるので侮れません。しっかりメンテナンスして安心安全なカーライフを楽しみましょう。

エンジンオイルの役割や種類

エンジンオイルの役割

人間でいう心臓の役割をしているエンジンは、高熱で過酷な状況にあります。そのエンジンの中を循環するエンジンオイルはエンジンの状態を維持するのに必要不可欠でその役割は人間でいう血液に似ています。人間でも同じですが血液がドロドロのままで管理しないと病気になる危険性が高くなります。自動車でも同じです。エンジンオイルをきちんと管理しないままで乗っているとエンジンオイルがドロドロになり故障の原因となります。

エンジンオイルの役割は各パーツを円滑に動かすための潤滑油としての役割。エンジン内の気密性を保つために密閉する役割。エンジン活動時の燃焼によって発生した汚れを除去する役割。金属の錆や腐食を防止する役割が基本的な役割です。各役割のうちどれかが欠けてしまうと故障の原因となるのでしっかりメンテナンスしてあげることが故障を回避する手段です。

エンジンオイルの種類や違いはあるの?

エンジンオイルには様々な種類があり、各メーカーがオリジナルブランドで出している少し成分の違うエンジンオイルもあります。それぞれ仕様が違ったりしますが基本的には硬めのエンジンオイルとサラサラなエンジンオイルに分かれています。10w-30など様々な表記がされていますが数字が少なければ少ないほど粘度が低く比較的サラサラな状態のエンジンオイルを指します。

10wと前に書かれている数字は数字の小さいものが低粘度を表し、-30のように後ろに書かれている数字が大きいほど高粘度です。○wと書かれている数字が少ないと寒さに強く、-○と書かれている数字が多いと暑さに強いオイルです。この数字の幅が広ければ広いほどあらゆる条件下に適したエンジンオイルです。

車種ごとに指定されたオイルを守る必要性

エコカーやハイブリッドカーなどは環境性能、省燃費性能を売りにしています。そのため車種によっては0w-20といった高価で非常に粘度の低いエンジンオイルが指定されている場合があります。安価なエンジンオイルを使用してもエンジンは動きますが車にかかる負担が大きく寿命を縮める原因となる可能性もあり、燃費も悪化するので用途に合った適切なエンジンオイルを選ぶ必要があります。

オイル交換をしないと故障の原因に

エンジンオイルを交換しないと効率が落ち燃費が悪化する

オイル交換を行わないと燃費が悪化します。劣化したエンジンオイルを仕様し続けると本来持ち合わせている循環作用がうまく働かなくなってしまうことがあり、エンジンの動きが悪化して車を動かすのに必要な力を効率的に伝えることができなくなります。そのため本来必要な力よりも大きな力が必要になりその分だけガソリンを消費するため燃費が下がります。

エンジンオイルが劣化した影響はフィーリングとして伝わりにくく、普通に乗っている限りは分かりにくいかもしれません。燃費が悪化し故障の原因となる前に定期的に交換することをお勧めします。またエンジンオイルの純度や種類によって燃費が変化するものや走行性能が向上するエンジンオイルもあります。

少ないエンジンオイルのまま走るとエンジン内が傷つく

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら