オイル交換で燃費が良くなる?燃費を向上させるならエンジンオイルを交換しよう

自動車のエンジンオイル交換は頻繁にメンテナンスすべきですが意外と忘れてる人が多く、中にはエンジンオイルの量がかなり少なくなったまま運転している人やピストンが焼きつく寸前で交換する人も多くいます。エンジンオイルは燃費にも関わってくる大切な部分で故障の危険性もあるので侮れません。しっかりメンテナンスして安心安全なカーライフを楽しみましょう。

エンジンオイルの役割や種類

エンジンオイルの役割

人間でいう心臓の役割をしているエンジンは、高熱で過酷な状況にあります。そのエンジンの中を循環するエンジンオイルはエンジンの状態を維持するのに必要不可欠でその役割は人間でいう血液に似ています。人間でも同じですが血液がドロドロのままで管理しないと病気になる危険性が高くなります。自動車でも同じです。エンジンオイルをきちんと管理しないままで乗っているとエンジンオイルがドロドロになり故障の原因となります。

エンジンオイルの役割は各パーツを円滑に動かすための潤滑油としての役割。エンジン内の気密性を保つために密閉する役割。エンジン活動時の燃焼によって発生した汚れを除去する役割。金属の錆や腐食を防止する役割が基本的な役割です。各役割のうちどれかが欠けてしまうと故障の原因となるのでしっかりメンテナンスしてあげることが故障を回避する手段です。

エンジンオイルの種類や違いはあるの?

エンジンオイルには様々な種類があり、各メーカーがオリジナルブランドで出している少し成分の違うエンジンオイルもあります。それぞれ仕様が違ったりしますが基本的には硬めのエンジンオイルとサラサラなエンジンオイルに分かれています。10w-30など様々な表記がされていますが数字が少なければ少ないほど粘度が低く比較的サラサラな状態のエンジンオイルを指します。

10wと前に書かれている数字は数字の小さいものが低粘度を表し、-30のように後ろに書かれている数字が大きいほど高粘度です。○wと書かれている数字が少ないと寒さに強く、-○と書かれている数字が多いと暑さに強いオイルです。この数字の幅が広ければ広いほどあらゆる条件下に適したエンジンオイルです。

車種ごとに指定されたオイルを守る必要性

エコカーやハイブリッドカーなどは環境性能、省燃費性能を売りにしています。そのため車種によっては0w-20といった高価で非常に粘度の低いエンジンオイルが指定されている場合があります。安価なエンジンオイルを使用してもエンジンは動きますが車にかかる負担が大きく寿命を縮める原因となる可能性もあり、燃費も悪化するので用途に合った適切なエンジンオイルを選ぶ必要があります。

オイル交換をしないと故障の原因に

エンジンオイルを交換しないと効率が落ち燃費が悪化する

オイル交換を行わないと燃費が悪化します。劣化したエンジンオイルを仕様し続けると本来持ち合わせている循環作用がうまく働かなくなってしまうことがあり、エンジンの動きが悪化して車を動かすのに必要な力を効率的に伝えることができなくなります。そのため本来必要な力よりも大きな力が必要になりその分だけガソリンを消費するため燃費が下がります。

エンジンオイルが劣化した影響はフィーリングとして伝わりにくく、普通に乗っている限りは分かりにくいかもしれません。燃費が悪化し故障の原因となる前に定期的に交換することをお勧めします。またエンジンオイルの純度や種類によって燃費が変化するものや走行性能が向上するエンジンオイルもあります。

少ないエンジンオイルのまま走るとエンジン内が傷つく

自動車のエンジンは高速でピストンが動いています。この高速で金属が擦れ合う動きで内部が傷つかないように必要なのがエンジンオイルです。エンジンオイルは金属を守る役割を担っています。エンジンオイルの量が少なくなり油圧が下がったりしてしまうとピストンを覆う油膜がなくなり、過剰な摩擦熱が発生し金属に傷が入ってしまいます。

劣化したエンジンオイルを交換しないまま使い続けるとドロドロになり油膜で金属をカバーしきれなくなります。エンジンオイルが劣化したまま走り続けると最悪の場合摩擦熱で金属が溶けてしまいピストンがシリンダーにくっついてしまう焼きつきが発生すると大変です。エンジンが故障してしまうと修理費だけでも何十万円することもあります。そうなる前にエンジンオイルを定期的に交換することをお勧めします。

オイルが劣化してヘドロ化

エンジンオイルが劣化してしまうとヘドロ化して溜まってしまい洗浄するしか方法がありません。一度オイルを抜き新しいエンジンオイルを入れてもヘドロのせいで再び汚れてしまいます。ヘドロ状になったエンジンオイルはカーボンやスラッジが混ざっていて汚れています。このヘドロはエンジン内部にたまり内循環を止めてしまう危険性があり放置したままにすると故障の原因になりかねません。ヘドロがたまって故障する前にフラッシングで除去する必要があります。

オイル交換の他にできること

オイルフィルターが詰まると燃費悪化の原因に

エンジン燃焼時に発生するカーボンなどの汚れがオイルに混ざり汚れていきます。劣化したエンジンオイルは本来持っている性能を発揮できず、エンジンに負担がかかり本来のパフォーマンスを引き出すことができません。潤滑油としての役割や洗浄の役割が上手くいかなくなり、オイルの粘度が低下し金属の摩擦を保護できなくなります。汚れたオイルの性能は新しい時と比べても性能は落ちエンジン内の摩擦抵抗が増えて故障の原因となります。

エンジンオイルの汚れはオイルフィルターでろ過しています。オイルフィルターはエンジンを循環してきた汚れたオイルを綺麗にする役割があります。このフィルターが汚れているとエンジン内を汚れたオイルが循環することとなり、エンジン内を傷つける原因となります。エンジンオイルとフィルターを新しいものに交換して初めて綺麗なオイルを保つ環境が整います。

フラッシングでエンジン内部をより綺麗に

通常のオイル交換ではエンジン内部のヘドロ汚れまでは落とせません。エンジン内まで綺麗にするにはフラッシングを行う必要があります。フラッシングオイルを使って汚れを洗い流す作業のことを言い、洗浄することでエンジン内の抵抗が減りスムーズに動き燃費が向上します。定期的にフラッシングするとエンジンを長持ちさせる効果も期待できます。

フラッシングでは汚れが溜まりすぎている場合では効果はありません。あまりにも汚れていると汚れは固まっていてオイルの力では除去できません。またエンジン内に溜まった汚れがフラッシングで詰まってしまうと故障の原因となってしまい逆効果です。もしフラッシングをする際は整備士の方に洗浄してもらうことをお勧めします。

エンジンオイルは自動車の血液

清潔で適度にサラサラなエンジンオイルを保てば車は健康に

エンジンオイルは自動車の血液です。自動車を維持するメンテナンスの中で一番交換する頻度が多く走った距離や年数で交換する必要もあり面倒です。しかし、このオイル交換を怠るとエンジンを傷つけたり、エンジン内が詰まってしまったりと故障の原因になりかねないデリケートな箇所です。人間でもドロドロ血液を放置していると病気のリスクが高まります。安心してカーライフを過ごすためにも常日頃からエンジンオイルを気にかけトラブルを回避することが大切です。

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。

手洗い洗車のサブスクリプションサービス事前登録受付中!



通うことで愛車を常に綺麗に保つ

愛車への悩みを解決する手洗い洗車のサブスクが始まります!



事前登録、詳しい内容はこちら↓

洗車サブスクリプション