日比谷花壇のSTAY「里楽巣 FUJINO」都心から車で1時間半。ドライブに最適なグランピングスポット

都心での生活に疲れた時、仕事に疲れた時、みなさんはどのような方法でリフレッシュするでしょうか。様々な方法があると思いますが、ドライブをするという方は多いのではないでしょうか。最近ではドライブの目的地として、グランピングをしに行くというのが流行っています。今回はそんなグランピング施設の中から、都心から1時間半で行ける関東のグランピング施設、日比谷花壇のSTAY「里楽巣 FUJINO」についてお話していきたいと思います。

ドライブにおすすめのグランピングスポット日比谷花壇のSTAY「里楽巣 FUJINO」

グランピングというのは手ぶらで行けるおしゃれなキャンプのことで、誰でも気軽に楽しむことができます。

日比谷花壇のSTAY「里楽巣 FUJINO」とは?

日比谷花壇のSTAY「里楽巣FUJINO」とは、結婚式の装花やフラワーショップを展開する会社「日比谷花壇が、初の宿泊施設としてオープンするグランピングサイトです。「花を通じて、人々の暮らし全体や豊かな時間そのものをデザインしていきたい」との思いから事業が開始されました。花を取り扱っている会社ということもあり、宿泊施設には多くの花が飾られているので綺麗でおしゃれな空間となっています。

都心から車で1時間半の立地

場所は神奈川県相模原市にあり、都心から1時間半で行けるのでドライブにはちょうどいい距離と時間になっています。1時間半と言っても都心らしさは全くなく、周りには山々が広がり自然に囲まれた空間で過ごすことができます。リモートでの仕事をする機会が増えている今、自然に囲まれた場所でリラックスしながら仕事をするというのも新鮮で捗るかもしれませんね。

テラスから見える壮観な山々の様子

食事が豪華!

こちらは洋風の夕食。カルパッチョやパスタがふんだんに盛り付けられています。

実は空間だけではなく、食事にも彩として花がふんだんに使われており、その食事はとても豪華なものになっています。色とりどりの野菜や花が飾られていて、非常にカラフルで綺麗な料理です。野菜は地元の藤野産が使われているので新鮮な味も魅力です。食事は「和」と「洋」の2種類から選ぶことができ、さらにオプションでバーベキューを追加することもできるので、お腹いっぱいになるまで食べることができますね。

最高におしゃれな内装

テントも食事同様、洋風と和風の二つのテントがあり、どちらか好きな方を選ぶことができます。それぞれのテントについて紹介していきます。

ROOM「ECRU」(洋風)

真ん中に見える白いドームがテント

洋風のテントも和風のテントも外からの見た目は一緒で白いドーム型の建物がテントとなっています。このテラスの目の前まで車を止めることができるので、わざわざ少し遠い駐車場に車を止めてといった手間が省けます。

そしてこちらが洋風の内装。モダンテイストで落ち着いた空間を花が演出してくれています。ドームの正面は透明になっており、室内にいながらも山の絶景を楽しむことができます。夜になると辺りは真っ暗になり、空には都会では決して見ることのできない星空が見渡せます。部屋にはビールサーバーがついており、いつでもビールを楽しめるので星空を見ながらお酒を飲むのも楽しそうです。また、室内にはエアコンもwi-fiもついているので非常に快適な空間でリラックスすることができますね。

ROOM 「RURI」(和風)

https://hibiya-stay.com/relax/assets/img/room/room5.png


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら