【ながら運転】2020年にはスマホを見ながら運転可能に!?

運転していると、信号待ちの時間は退屈で、ついついスマホをいじりたくなってしまいます。
しかし、スマホをいじりながらの運転、いわゆる「ながら運転」は1年間に2000件以上の交通事故につながる危険行為でもあります。そのため、2018年には「ながら運転」に関する道路交通法の改正案が出され、厳罰化が進んでいます。罰則が厳しくなり、ますます「ながら運転」での取り締まりが心配される中、2020年前半には自動運転の実用化のために「ながら運転」が容認される法律が施行されます。

今回は、「ながら運転」が容認される法案の内容と現在の「ながら運転」の罰則について紹介します。

スマホを見ながら運転できる?


現在の道路交通法では、スマホを見ながらの運転は禁止ですが、2018年12月に「ながら運転」が容認される道路交通法の改訂試案がまとめられました。「ながら運転」の対象となるのは国際基準である自動運転レベル3を満たしたクルマのみで、2020年前半の施行が予定されています。

自動運転の国際基準レベルとは

自動運転に関する国際基準は、国連の自動車基準調和世界フォーラムで検討されています。
自動運転は、レベル別に6段階に分けられており、ドライバーがすべてを操作する「レベル0」から無人状態でも走行が可能な「レベル5」まで存在します。ただし、レベル2までは一部的な自動運転のため、運転支援と呼ばれます。

レベル3から「ながら運転」が容認される

「ながら運転」が容認されるレベル3は、特定の場所においてクルマが運転操作のすべてを担当します。ただし、緊急時や悪天候によりシステムの動作が困難な場合は、運転操作はドライバーが行います。そのため、ドライバーは必ず席に座り、いつでも運転を交代できる環境下にある必要があります。
レベル3におけるシステムが運転操作を行う特定の場所とは、道路が整備されており規格外の動作を行う歩行者が存在しない高速道路を想定しています。

レベル3は、初めて「ながら運転」が容認される自動運転技術のため、システムのハンドル操作にも厳しい規定が設けられています。その規定内容は、システムの状態がドライバーに示されること、ドライバーのハンドル操作が常に優先されることなどが挙げられます。

テレビや映画の視聴も認可される

ここまでで、「ながら運転」が容認されるのは自動運転のレベル3搭載車のみと紹介しました。しかし、実際にどこまでが「ながら運転」として容認されるのでしょうか?実は、2018年12月にまとめられた道路交通法の改訂試案において、容認される内容が明記されています。

基本的には、いつでも手動運転に対応できる態勢であるかどうか容認できるかが判断されています。
容認される内容としては、通話やウェブ閲覧を含むスマホの操作、カーナビやテレビ画面への注視が挙げられます。よって、クルマが目的地まで走行している間に、映画やドラマを閲覧することも可能となります。
一方で、ハンドル操作をドライバーが交代できないような居眠り、飲酒行為は容認対象外です。

容認対象外の行為を行えば、当然「ながら運転」の罰則の対象となるため注意が必要です。また、集中力を必要とする作業や食事などは以前として、容認対象なのか対象外なのか結論が定まっていません。
しかし、警察庁は専門家の意見を精査したうえで、来年の通常国会に改正案を提出し、2020年前半の施行を予定しています。

「ながら運転」の罰則内容

https://www.npa.go.jp/bureau/traffic/keitai/info.html

先ほども説明したように、「ながら運転」が容認されるのは自動運転レベル3を搭載したクルマのみであり、そのほかのクルマでは罰則の対象となります。
警視庁の調査によるとスマホによる通話と画像注視を含む「ながら運転」の交通事故の発生は、5年間で1.5倍に増加しています。2017年において、「ながら運転」による事故件数は2000件を超え、そのうち死亡事故は32件を占めます。そのため、2018年には「ながら運転」の厳罰化のための法案がまとめられました。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら