Googleマップのアップデートでオービス情報が表示されるようになる!

車を運転する時は、純正のナビや社外ナビを使用する人がほとんどだと思います。しかし、中には筆者のようにスマホのGoogleマップをマウントしてナビとして利用している人もいるでしょう。Googleマップのナビを使用するメリットは行き先設定が容易で、レストランやガソリンスタンドが探しやすいところです。もちろん、ナビの精度も素晴らしく、Googleマップを使用しているユーザーの位置情報などを元に、リアルタイムで混雑情報や渋滞時間を表示してくれます。そんなGoogleマップを日頃から利用している人なら気が付いたかもしれませんが、実は密かにアップデートがされているのです。筆者はいつの間にか速度が表示されるようになって驚きました。また、そのほかにもオービス情報が表示されるなどのアップデートが予定されています。今回はそのアップデート内容を紹介していきましょう。

Googleマップのアップデートといえば…

最近のGoogleマップのアップデートで印象に残っているのがこれではないでしょうか。アップデートというか、むしろ改悪と呼ばれていましたね。これは、日本の地図を作る会社ゼンリンとの契約が切れ、地図データもゼンリンのものが使えなくなったことが原因です。そのアップデートでは、Googleが独自に開発した地図に差し変わりました。それが改悪に繋がったわけです。もちろん、以前から改善された点もあります。ユーザー情報やAIを元に随時地図データを変更しているため、人力で地図を作るゼンリンよりも更新頻度が高くなります。新道や新しい建物もすぐに反映されるのが特徴です。

山影が湖になる改悪

AIが地図を作成しているため、衛星写真から見た山影が湖と判断されてしまったのでしょう。これは大問題ですね。この現象は各地で起きており、多くの報告が集まりました。さすがのGoogleもユーザーの報告を聞きつけ、Twitterのリプライなどからもフィードバックを受け付けていました。

私道が公道に、道がぐちゃぐちゃに

私道が公道として扱われ、駐車場がショートカットコースにされる。道の上に建物が表示されていたり、線路が変に曲がっているなど。とにかく道がぐちゃぐちゃになってしまいました。これは、ユーザーが移動した情報を元にAIが作り出した地図です。駐車場をショートカットして利用したユーザーの情報をAIが鵜呑みにしてしまったのでしょう。ゼンリンのように隅から隅まで歩いて記録して作る地図ならこのようなことはありません。こちらもすぐに改善が進められました。

次のアップデートは

さて、ここからが本題です。Googleマップはいつの間にかアップデートをしていました。いつものことですね。Googleマップはこのように頻繁にアップデートされますが、ナビとしてはかなりメリットだと思います。通常のカーナビはそこまで頻繁にアップデートしませんし、中にはアップデートするのに工賃がかかるものもありますからね。地図が常に最新のものであれば、新道に惑わされたり閉店した店を目指すこともなくなるでしょう。

走行速度が表示


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら