『ハイブリッドカーと軽自動車』結局燃費がいいのはどっち?

車を所有する際の維持費の中で一番気になるのはやはり燃費です。ハイブリッドカーと軽自動車はどちらも燃費が良いですよね。もちろんですが燃費が良ければ1回の給油でより遠くまで行けます。ハイブリッドカーと軽自動車はどちらも燃費が良く経済的でとても人気です。世間ではどちらも燃費がいいと言われいますがどららの方がいいとはあまり知られていません。実際、ハイブリッドカーと軽自動車はどちらが燃費が良いのでしょうか。今回はそんなハイブリッドカーと軽自動車の仕組み特性、燃費がいい理由、それぞれの燃費について様々な視点から比べていきたいと思います。またそれぞれのおすすめ車種も紹介いたします!

ハイブリッドカーはなぜ燃費がいい?

ハイブリッドカーの仕組み

2つ以上の動力源を持った車のことハイブリッドカーと言います。基本的にはモーターとエンジンを使用した車がほとんどで、2つの動力をシステムで管理し最大限活かすことで低燃費化を実現しています。電力は走行時に発電して賄うことができ、バッテリーを充電する必要はなく給油のみで走行することができます。

ハイブリッドカーはエンジンの苦手な領域をモーターを動力源とすることで、車を走らせる際のエネルギーを効率的に利用することで低燃費を実現させています。エンジンは低回転域を使用しすぎるとエンジンにダメージが蓄積されていきます。ハイブリッドカーに搭載されているモーターを走り出しの際に利用することで低回転域をカバーでき、エンジンへのダメージを軽減しています。

ハイブリッドカーの種類

ハイブリッドカーの一番のメリットは低燃費でありながら、コストカットにより車両の値段が抑えられていることです。様々なコストカットにより200万円前後の価格帯で購入でき、比較的安価で購入することができます。ハイブリッドカーには排気量の小さいエンジンが採用されており、その分部品の原材料も抑えられ販売価格もお安くなっています。

余談ですが、最近では低燃費なハイブリッドカーだけがハイブリッドカーという訳ではなくなってきています。レースなどモータースポーツを意識した高性能なハイブリッドカーも続々と出てきています。高性能なモーターを搭載しているハイブリッドカーもあり、エンジンのみを搭載しているものより走行性能が向上している車も出るようになりました。

平均何キロ走る?

ハイブリッドカーの燃費は平均で30〜40km/L程で、ガソリンエンジン車の平均が15〜20km/Lくらいなので、10〜20km/L程ハイブリッドカーの方が燃費が優れているということが分かります。ガソリンタンクがどちらも30Lと仮定するとハイブリッド車の方が300〜400kmほど長く走ることができます。この差はかなり大きく、東京から仙台まで片道走行可能です。

オススメのハイブリッドカー

https://toyota.jp/vitz/

今回オススメするハイブリッドカーはトヨタ ヴィッツです。2014年以来トヨタのアイコンとも言えるキーンルックのフロントを採用。ヴィッツ ハイブリッドのシステムは、基本的には他のトヨタハイブリッドであるアクアなどと変わりない仕様となっています。直列4気筒1.5リッターのガソリンエンジンに、駆動用モーターと制御機能などを組み合わせています。エンジンとモーターを合計したハイブリッドシステムの最高出力は100馬力ほどとなっています。

ヴィッツの車両重量は1110kgでアクアよりも30kgほど重いですが、モーターの駆動力が強いおかげで動力性能には余裕があります。走行中エンジン回転数が下がった状態になると、モーターが素早く立ち上がって加速力を支援してくれます。

低燃費モードでの走行では34.4km/Lと普通ですが、実燃費が他の車と比べても良く25.7km/L。プリウスが24.57km/Lで約1Lヴィッツの方が多く走るのでとても経済的です。

軽自動車はなぜ燃費がいい?

軽自動車の仕組み

基本的に大まかな構造は普通車とそこまで変わりがなく、特別なパーツが増えていたりはしていません。しかし、軽自動車と普通車には少し違う点もあります。例えば、天井の高さです。軽自動車の天井は普通車と比べても高く、室内空間の広さを売りとするメーカーも少なくはありません。軽自動車の室内空間は圧迫感がなく、室中は快適で買い物で大きなものを買った時や旅行で荷物が多くなった時に車に乗るか心配する必要もほとんどないでしょう。二つ目に、遮音性です。軽自動車は普通自動車よりも遮音性が低く外部の音やロードノイズなどが室内に響きます。また室内で流れている曲の音量を上げると外部に音漏れしたりもします。また、軽自動車の安全性能は普通車よりも低いことが多く心配になることもしばしばあります。

軽自動車の走行性能に関しては普通車から見ると劣っているものの日本の市街地に適しており、日本の街で普段使いする分には問題のない性能となっています。

平均何キロ走る?

軽自動車の平均燃費は約25〜35km/Lでハイブリットカーよりも少ない値となっています。軽自動車の強みはハイブリットまではいかないけれど低燃費で尚且つ手軽に所有することが可能な点だと思います。

オススメの軽自動車

https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/

今回おすすめする軽自動車はダイハツ ミライースです。自動車の価格が高騰する中、現在でも新車の価格が100万円を切るコストパフォーマンスの良い軽自動車です。ダイハツミライースの車両本体価格は84万円でお手頃です。

気になるのはそのスペックだと思います。エンジンは従来通り660cc直列3気筒DOHCを搭載しています。ミッションはCVTの軽量化がされました。その為、軽自動車の中でトップレベルの23.7km/Lでとても経済的です。

安全性能もしっかりしていて、ステレオカメラやソナーセンサーを使用した最新の先進の運転支援システムスマートアシストIIIを搭載。クルマだけでなく歩行者も認識する衝突回避支援ブレーキ機能や、前方に加え後方にも誤発進抑制制御機能を採用しています。駐車場などでのペダルの踏み間違いによる誤作動を防いでくれるので安心してカーライフを送れます。

ヘッドライトのハイとロービームを自動的に切り替えてくれるオートハイビームや前方のクルマが発進したことを教えてくれる先行車発進お知らせ機能、走行中に車線からのはみ出しを防ぐ車線逸脱警報機能を装備しています。

燃費がいいのはハイブリッドカー

ハイブリッドカーと軽自動車の燃費はどちらも優れています。しかしどちらが低燃費かと聞かれたらハイブリッドカーの方が低燃費です。車種にのよりますが新車の価格が軽自動車と変わらない価格で購入できたりするものもあるので、思っているより手軽に手に入ります。走行性能や遮音性など軽自動車よりも優れており快適にドライブできます。衝突安全性能的にもハイブリッドカーの方が優れていることが多いです。

燃費をあげる運転のコツは?

最後に、ハイブリッド車にも軽自動車にも共通の燃費をあげる運転のコツを紹介します。燃費を上げるには車の性能だけではなく運転手のテクニックによって左右されます。発進時にガソリン車のエンジンは一番効率が悪く燃費が悪化する原因になります。その為m車が発進する際は緩やかなアクセルワークを心がけることで燃費の悪化を防ぐことができます。AT車の場合はクリープ現象を利用して発進すると少しエンジンへの負担を減らせるかもしれません。

また、走行時になるべくアクセルペダルと速度を一定に保つことで燃費が改善されます。そのためには車間距離を開けて緩やかな運転を心がけることでエンジンの回転数を減らし燃費効率悪化を防ぎます。

エンジンブレーキを多用することでも少しだけだと思いますが燃費の恩恵を受けられるかもしれません。シフトダウンを行うとエンジンに制御が入り燃料噴射量が減ります。そのおかげでエンジンの回転数が低下し車が減速します。よってエンジンブレーキを使用すれば少しだけですが燃費が良くなリます。

まとめ

今回、ハイブリッドカーと軽自動車の仕組み特性やそれぞれの燃費、おすすめ車種も紹介など様々なお話をしてきましたがハイブリッドカーと軽自動車の燃費はどちらも良い点があり、使用用途など違うとメリットも大きく変わってくるのでどっちが良いとは言い切れません。自身のライフスタイルに合うコストパフォーマンスの車に乗ることで良いカーライフを送れるのではないでしょうか。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら