CX-5の維持費内訳7|維持費がお得なのはガソリン車?ディーゼル車?

マツダCX-5は、マツダのSUVです。近年需要が高まっているSUVの中でも、高い人気を誇っています。今回ご紹介するのは、CX-5の維持費についてです。CX-5について特に注目すべきなのは、ガソリン車とディーゼル車のどちらの維持費が得であるかということでしょう。

マツダ CX-5とは?

マツダCX-5は、マツダが生産しているSUVです。マツダ公式サイトによると国内累計販売台数50万台を達成しているため、人気車種といえるでしょう。2016年にフルモデルチェンジし、現行の形になりました。CX-5は4~5人乗りのSUVであり、街乗りにもアウトドアにも使える、非常に日本向きのSUVといえるでしょう。日本においてSUVというジャンルを普及させた車ともいえます。この記事では、人気の高いCX-5について解説していきます。

CX-5にはガソリン車とクリーンディーゼル車がある!

新しいCX-5には、ガソリン車とクリーンディーゼル車の2種類があります。ディーゼル車は聞き馴染みのある言葉ですが、実際どういう車のことを言うのかあやふやな方も多いのではないでしょうか。ディーゼルエンジンの車は軽油で走り、ガソリン車はレギュラーガソリンで走ります。これが一番大きな違いでしょう。軽油のほうがガソリンより安く、燃費性能もいいのですが、ディーゼル車は駆動の音が大きいなどのデメリットもあります。

CX-5の維持費内訳7つ

ここからは、CX-5の維持費について見ていきましょう。車を買う際に大切なのは、車を所持していくうえでかかる費用をきちんと把握しておくことです。車の購入代金についつい気を取られがちですが、何年も乗ることを考えると、維持費の方が合計では高くなることもあります。CX-5の維持費は、大きく分けて7つに分類されます。車を持つと等しくかかるものから、大きさ、重さによって変わるものもあるので知っておくようにしましょう。

CX-5の維持費内訳1:自動車税

CX-5にかかる維持費、一つ目は自動車税です。自動車税は自動車の所有者、あるいは使用者に課せられる税金のことです。自動車税の納付金額は、車の総排気量によって0.5リットル刻みで変化します。CX-5の排気量は2.0~2.5リットルなので、自動車税は43,500円です。毎年この額の維持費がかかるということを覚えておきましょう。

CX-5の維持費内訳2:重量税

CX-5にかかる維持費、2つ目は重量税です。CX-5は、2019年5月1日以降の登録からエコカー減税の対象車ではなくなっているため、重量税は3万2,800円かかります。一部のグレードは、現在もエコカー減税の対象なので、詳しくはディーラーに確認してみましょう。

CX-5の維持費内訳3:車検費用

CX-5にかかる維持費、3つ目は車検費用です。車検費用は、「重量税」、「自賠責保険料」、「車検基本料金」、「サービス料」がかかります。重量税は上記の通りです。自賠責保険料は、一律なので29,520円/36ヶ月です。新車を購入した場合、3年目に初回の車検を受けるので、一年あたりでは1万円程度になります。車検の金額とサービス料もどこのお店に依頼するかで変わってきますが、これは8万円程度でしょう。

CX-5の維持費内訳4:自動車保険

CX-5にかかる維持費、4つ目は自動車保険です。これは、自賠責保険とは別の民間の任意保険を指します。加入は義務ではありませんが、保険に入らないと言う選択肢は基本的に考えないほうが良いでしょう。任意保険に関しては、加入する保険プランや、手厚い補償を求めるのか、最低限の補償でいいのかによって変わりますが、年間で8万円から12万円ほどの保険料がかかるでしょう。ガソリン車もクリーンディーゼル車も変わらないところがほとんどです。

CX-5の維持費内訳5:駐車場代

CX-5にかかる維持費、5つ目は駐車場代です。つい忘れがちですが、車を所有する場合、駐車場代を考慮しなければいけません。一軒家に駐車場がある場合は良いですが、月極駐車場を借りる以外にも、マンションでも駐車場代はかかります。駐車場の金額は、都会か地方かによって大きく変わります。年間で考えると10万円以上差がつく場合もあります。都会であれば、年間30万円近くかかるでしょう。地方の都市であれば10万円ほどでしょう。

CX-5の維持費内訳6:メンテナンス代

CX-5にかかる維持費、6つ目はメンテナンス代です。車は機械ですから、メンテナンス料金という維持費がかかります。日本車は精巧に作られているので、故障はそうそう起こるものではありませんが、車検の際などに修理したほうが良い部分が見つかることもあります。オイル交換やタイヤ交換は、一定期間経ったら行なうことが推奨されます。オイル交換は一回1万円弱、タイヤ交換は10万円程度でしょう。

CX-5の維持費内訳7:燃料代

CX-5にかかる維持費、7つ目は燃料代です。ガソリン車の場合は、レギュラーガソリンが燃料です。ガソリン代も日々変化しますが、120円から150円といったところでしょう。燃費はリットルあたり15km程度です。クリーンディーゼル車は、軽油を燃料にします。軽油は、ガソリンよりリットルあたり20〜30円ほど安くなります。燃費はリットルあたり17km程度です。年間5000km走るならガソリン車は約42,000円、クリーンディーゼル車は約30,000円です。長く走るほどこの維持費の差は開きます。

CX-5「ガソリン車とディーゼル車」スペック比較

それでは次に、ガソリン車とディーゼル車のスペックを比較してみましょう。CX-5には旧型と新型、ガソリンとクリーンディーゼルなどいろいろな型がありますが、ここでは3種類を解説していきます。ガソリンエンジンについて2種類、ディーゼル車について1種類です。各車のスペックについて見ていきましょう。

1:ガソリンエンジン2リッターモデル

まずご紹介するのは、マツダCX-5ガソリンエンジン2リッターモデルです。最高出力は156ps、最大トルクは20.3kg、総排気量は1,997ccです。車両重量は1,520kgです。2.5リッターモデルなどと比べるとパワーの面では劣りますが、SUVの名に恥じない高い走行性能を誇ります。大きくて重い荷物を乗せたとしても、坂道をスイスイ登ってくれるでしょう。十分すぎる性能をもっています。

2:ガソリンエンジン2.5リッターモデル

次にご紹介するのは、マツダCX-5ガソリンエンジン2.5リッターモデルです。最高出力は188ps、最大トルクは25.5kg、総排気量は2,488ccです。車両重量は1,610kgです。2リッターモデルと比較して分かるように、パワーの面でとても進化しています。アクセルを踏み込むと、ぐんとリアクションが返ってきます。SUV車の魅力である走る喜びを感じられるでしょう。

3:2.2リッターディーゼルターボ

最後に紹介するのは、2.2リッターディーゼルターボのモデルです。最高出力は190ps、最大トルクは45.9kg、総排気量は2,188ccです。車両重量は1,610kgです。パワーとしては、ガソリン車の2.5リッターモデルとほとんど同じです。ですが、クリーンディーゼル車であるため排気量が低くなっています。軽油を燃料とするので、ガソリン車よりも維持費が安くなります。

カーライフケアサービス4つ

マツダには、カーライフケアサービスというものがあります。車というものは大きな買い物です。電化製品を買うとだいたい一年保証のサービスがついてきますが、車はもっと手厚い保証が望まれます。マツダはそんなニーズに応えるサービスを備えています。主に四つの安心をサポートするサービスがあります。維持費も重要ですが、こういったサービスを知ることも大切です。

1:メンテナンスパック「パックdeメンテ」

まず一つ目のサービスは、メンテナンスパック「パックdeメンテ」です。このサービスは、その名のとおりメンテナンスをしてくれる内容となっています。このサービスでは、バッテリーに関するものやエアコンフィルター、ブレーキパッドなど、車の大切な部分のメンテナンスを受けられます。

2:マツダ自動車保険スカイプラス

二つ目にご紹介するカーライフケアサービスは、マツダ自動車保険スカイプラスです。この保険は、マツダの販売店で車を購入した人のみが利用できる保証サービスです。この保険は、無償で付帯できます。車に小さい傷ができた時などに、最大6万円の補償が受けられます。利用回数は一年に一回ですが、うまく活用できればとてもお得なサービスでしょう。

3:マツダ延長保証

マツダが行なっているカーライフケアサービス、三つ目はマツダ延長保証です。メーカーの一般保証は、基本的に3年で満了します。しかし、車を3年で乗り換える人はなかなかいないでしょう。このマツダ延長保証なら、保証を5年に伸ばせます。故障の際、金額・回数無制限の無料修理が5年間受けられます。

4:マツダコーティングシリーズ

マツダが提供しているカーライフケアサービス、四つ目はマツダコーティングシリーズです。新車を購入したら、できるだけ綺麗な状態を長持ちさせたいと思うものです。そんな方に、このマツダコーティングサービスがおすすめです。ボディコーティングや、ホイールコーティングなど様々な部分に対応しています。コーティングをするのとしないのとでは、歴然とした差があります。

CX-5の維持費を理解しよう!

CX-5の維持費についてみてきました。また、モデルごとのスペックや、マツダが行なっているメンテナンスサービスについてもご紹介してきました。マツダCX-5はとても魅力があり、SUV界では絶大な人気を持ちます。車にはつきものの維持費ですが、CX-5にかかる具体的な費用を見たことで、ビジョンが明確になったのではないでしょうか。是非ともCX-5とともに豊かで楽しいカーライフを営んでください。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら