【圧倒的人気No.1】東南アジアでの日本車人気が半端ない!なぜここまで人気?

こんにちは。最近、東南アジア周辺に旅行に行った筆者ですが、現地の日本車の多さに驚かされました。現地住民が乗る自家用車はもちろん、タクシーやパトカーに至るまで道を走っている車のほとんどが日本車だったことが印象に残っています。

なぜここまで東南アジアで日本車が人気なのか?安さだけであれば、韓国車は日本車よりも安く、もっと売れてもいいはずと思ったのですが、現地で見たのはほとんど日本車です。もちろん、富裕層が訪れる地域であれば、メルセデス・ベンツやBMWなどの高級車も見ることは出来ましたが、日本車が圧倒的な台数を誇っていました。

この記事ではなぜここまで東南アジアで日本車が人気なのか、紹介していきます。

東南アジアの国々での日本車のシェア率

タイ

こちらがタイの自動車メーカーのシェア率です。驚くべきことにTOP5すべてが日本車で埋められています。意外だと感じるのが日本ではあまり馴染みのない、いすゞ(ISUZU)が2位にランクインしていることです。

いすゞが製造している主な車型であるピックアップトラックは、自動車関税の高いタイでも乗用車と比較して低い税率で購入できる車の1つとなっています。そのため、荷物も乗り、悪路にも強く、税率が低いピックアップトラックを製造しているいすゞが人気を集めるのも納得できます。

TOP10にランクインしている中で、フォード・シボレー・ベンツ以外はすべて日本車と考えるといかに日本車が愛されているかがわかります。実際に町中を走っていても日本車ディーラーを数多く見かけ、タイでは日本車旋風が起きているなと感じました。

インドネシア

インドネシアに関しては、TOP10をすべて日本の車メーカーで占めるという結果になります。いわば日本車の寡占市場になっていると言っても過言ではないシェア率を誇っています。市場全体で売れた車の97%が日本車と言われており、この数字は日本の日本車率よりも高いものになっています。

インドネシアでは自国の自動車ブランドが国内に無く、外資系のメーカーが存在しているだけとなっています。要は、インドネシア内に日本車の脅威になるような自動車メーカーが存在していません。またインドネシアはあまり知られていませんが2億人を超える人口を有しており、これはアメリカに次ぐ世界4位の人口の多さです。

そんな巨大市場を抑えている日本車メーカーは将来の展望においても明るい未来が待っているのではないでしょうか?

マレーシア

マレーシアはタイやインドネシアと比較すると、日本車比率が高くない東南アジアの国の1つです。

それでも、40%という圧倒的なシェアを獲得しているプロドゥアは日本のダイハツとマレーシア政府の資本で協同で設立した合弁会社です。実際にプロドゥアで販売されている車のほとんどが、ダイハツかトヨタの車をベースに開発された車です。

また、欧州車と比較して日本車人気が高く、シェア率は下がったとしてもやはり日本車が人気であることは間違えなさそうです。

ただ、高級ブランドの欧州車も一定のシェアを獲得しているのも気になる部分です。他のASEAN諸国と比較すると、平均年収も高いマレーシアがからこそ、高級ブランドの台等には日本メーカーも警戒しなくてはなりません。

フィリピン

 

 


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら