オールシーズンタイヤって本当に良いの?使うべき?【メリット/デメリット】

これから寒い時期を迎え、冬タイヤに履き替えなければなりません。そんなときに考えるのはどのタイヤを使用するかということ。一口に冬タイヤといっても多くの種類がありますからね。

そのような悩みを抱えるくらいならオールシーズンタイヤにしよう、と考えたこともあるのではないでしょうか。一方で「オールシーズンなんて都合が良すぎる。何か裏があるんじゃ…」という疑問があるのも理解できます。

今回は「オールシーズンタイヤは本当に良いのか?オールシーズン使えるのか?」を見てみます。

オールシーズンタイヤのメリット

タイヤ交換の手間が省ける

オールシーズンタイヤのメリットは何と言っても1セットを1年中使い続けられることです。夏用と冬用の2セット用意する必要がないというのは利点ですね。寿命に関していうと夏用タイヤ(ノーマルタイヤ)とオールシーズンタイヤは4~5年、冬用タイヤ(スタッドレスタイヤ)は3年ほどで、それぞれの価格に違いはほとんどありません。つまり、夏用と冬用を1セットずつ併用するよりも、オールシーズンタイヤを2セット使う方が割安だといえます。さらに、夏用と冬用を併用する場合、それぞれタイヤだけでなくホイールも用意するのでその分費用がかかります。オールシーズンタイヤであればタイヤを交換するだけで済むので費用を抑えられます。

またタイヤの交換がいらないということは、保管場所が必要ないということでもあります。タイヤは外してみると意外と大きいものです。保管するスペースが不要なのはありがたいですね。

凍結路以外はそこそこ走れる

オールシーズンタイヤはその名の通り一年を通して使用可能なタイヤです。晴天・降雨時の路面がドライ、ウェットな状況ではノーマルタイヤに近いグリップ力があり、これについてはスタッドレスタイヤよりも勝ります。冬季も浅雪や圧雪路、シャーベット状の雪であれば走行に問題はありません。しかし凍結路(アイスバーン)ではスリップの恐れがあり、走行できません。

JAFは雪道での走行テストを行っています。3種類のタイヤ(ノーマルタイヤ、スタッドレスタイヤ、オールシーズンタイヤ)と、ノーマルタイヤにチェーン、オートソック、スプレーチェーンを装着した計6パターンで圧雪路、氷盤路(凍結路)を走行し制動距離を比較するというものです。

オールシーズンタイヤの圧雪路での制動距離は22.7mで3番目に良い結果でした(とはいえ上から4番目だった「チェーン」との差は1.4mのみ)が、氷盤路では101.1mで3番目に悪い結果でした。ちなみにスタッドレスタイヤの圧雪路での制動距離は17.3m、氷盤路では78.5mでした。

また、同様のテストを勾配12%、20%の坂道(圧雪路)でも行っています。平坦路および坂道の途中から発進し、坂道を登り切れるかを検証しました。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら