賛否両論?他メーカーエンジンを載せるチューニング、実は昔からあります!

エンジンスワップで他メーカーのエンジンを載せるのは珍しい事ではなく、AE86も例外ではありません。


先に話題になったのは、フェラーリのエンジンを搭載した「GT4586」

そもそも最初に話題になったのは、アメリカのプロドリフトドライバー、ライアン・トゥレック選手を中心にした86のエンジンスワッププロジェクト「Gumout GT 4586」です。

トヨタ 86にフェラーリのエンジンを搭載し、豪快なドリフトマシンを作ろうというチューニングで、その名の通りエンジンスワップ元はフェラーリ 458イタリア。

458のエンジンを86に搭載したので「4586GT」というなかなかユーモアのある名前ですが、開発中もエンジン搭載後の動画でも、さらに11月上旬にラズベガスで開催されたカスタムカーショー「SEMAショー16」でも、搭載されたエンジンはむき出しでボンネットも無しという豪快仕様です。

エンジンヘッドが収まらない分は搭載位置を下げるか、あるいはそれはそれでヘッド部分に穴の開けたボンネットでも被せるのかと思いきや、「ボンネットは無いが、それがどうした」と言わんばかり。

それでも0-100km/h加速は3.4秒、最高速度は325km/hに達するというのですから、多少空気抵抗が増えたとして、パワーこそ正義と思わされます。

1,000馬力にチューンしたGT-R用エンジン搭載86!

そして、GT4586に影響を受けて製作したのか、それともこちらが先なのかハッキリしないものの、賛否両論の議論を呼んだのが、オーストラリアのStreetFXが製作したこの86。

GT4586は4.5リッターV8エンジンで570馬力というスペックでしたが、こちらのエンジンは3.8リッターV6ターボエンジンを1,000馬力にチューンして搭載!

より過激な仕様のこのエンジンのベースは、排気量からも想像できる通り日産 R35GT-R用のVR38DETTがベース。
正確にはHKSが製作した4.1リッター仕様の「VR41」との事です。

GT4586よりハイパワーな上に、こちらはちゃんとボンネットが閉まるようドライサンプ化してオイルパンを廃し、フロントデフがついたままのスバルミッションからレース用の6速シーケンシャルミッションに換装してエンジン搭載位置を下げました。

最初は86ノーマルのFA20エンジンをターボチューンしようとしたものの、545馬力までしか上がらなかったので、もっとハイパワーにしたいとVR41を選んだ結果、随分こだわりのある仕様になっています。

しかし、このマシンが紹介されると「なんでスバル製トヨタ車に全然関係の無い日産のエンジンを載せるのか。」「水平対向エンジンを搭載していた意味が無い。」という意見が意外と多かったのには驚きました。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら