「憧れが現実に」Ancarで叶える、車を次々に乗り換えるという新しい車所有のカタチ

車の個人間売買のプラットフォームAncarでは、「車は買い叩かれる。ずっと所有していたほうが良い。」と言った既存概念に代わる、『新しい車所有のカタチ』を提供しています。

Ancarを使えば色々な車へ気軽に乗り換えられる。車を『資産』として持つ。

車の個人売買プラットフォームである 「Ancar」を使うことで、これまで考えられなかった車の持ち方ができるようになるかもしれません。車を資産として扱い、乗りたい車に気軽に乗り換えるという新しい車の所有概念です。

確かにこれまでも、ブガッティのヴェイロンなどの“超”がつくような高級車や、フェラーリなど台数限定で生産されている車などは、資産として保有して、数年後に損せず乗り換えることができました。
しかし、この様なやり方は一部の富裕層のみしかできなかったこと。Ancarを利用すれば、同じように車を資産として扱い、最低限の出費で様々な車に乗り換えることができます。今回はAncarを使った『新しい車所有のカタチ』の体現方法をご紹介します。

車は資産?負債?

現実的に、車は「資産」ではなく「負債」と言われています。それは、基本的に所有した瞬間から価値が下がっていくからです。ほとんどの人が車を乗り換える際に、購入時よりもはるかに低い金額で車を買い叩かれているからではないでしょうか?

購入額と売却額にかなりの差が出てしまえば「負債」の考えになってしまいますよね。もしも売却額が購入額とほとんど変わらないのであれば、それは「資産」として扱う事ができます。

富裕層にとって高級車は資産

富裕層が高額な車を購入する理由は、ただのお金持ちアピールに感じるかもしれませんが、単なるアピールではなく実は理由があるのです。

車の購入に関する捉え方が違うのです。富裕層からしたら、車を購入することは投資の一貫です。節税効果等をトータルで考えて、より合理的な手法を取っています。
フェラーリなどの高級車は台数も少ないことから、中古車市場であまり流通しません。そのため、資産価値が高く、売る際にほとんど値下がりしない、車種によってはプレミアが付き高く売ることができるのです。

大衆車を400万円で買って3年後に200万円に価値が下がるのと、3,000万円で買って2,900万円〜3,200万円で売る。どちらが賢いかはわかりますね。

「資産」になる車を探すには?

資産になるような車は普通のディーラーや中古車販売店などで探していても基本的には見つかりません。なぜなら、店舗で購入する車には、車両代金にプラスして店舗の利益や手数料など、車両価格以外の様々なコストが加わっているからです。

では、どうすれば資産になるような車を探すことができるのでしょうか?それは購入時の手数料やお店の利益が極力抑えられ、さらに消費税など、税金面の無駄なコストも極力抑えた方法で車を探すことにあります。

その方法とは、個人間売買のプラットフォームを利用すること。個人間売買のプラットフォームといえば今ではメルカリやヤフオク、ラクマなど、手軽に個人間で売買ができるネットサービスが以前から広がりを見せていて、車の個人間での取引も増えてきています。しかし、メルカリ、ヤフオク、ラクマなどのプラットフォームは車の取引のプロではありません。そのため、
「車だと大きなお金のやりとりになる為、トラブルがありそうで不安。車の状態は問題ないだろうか…。名義変更が難しそう。」
などの不安が生まれてしまいます。そして、車の個人売買の一番のリスクは、何といっても「お金を払って本当に納車されるのか」です。

そこで役に立つのが車の個人間売買サービス『Ancar』。車に特化しているため、購入検討している車の気になる状態を事前に点検してもらったり、故障箇所を第三者の目でチェックしてもらうことができます。そして車の個人間売買の際に最も不安要素となる、お金の管理、車検証、自賠責の名義変更、ETCの再セットアップもすべて代行してくれるので安心です。このようなサービスはメルカリなどの他社にはなく、車という比較的金額が大きくなる商品を売買することを考えると、かなりの安心材料になります。

「資産」となる車を購入後の売り方は?

車を資産にするためには安く購入した車をなるべく高く売ることが重要です。その為には、車を売る際にかかってくるディーラーや中古車買取業者などお店に払うマージンを省くことのが必須です。

先ほどもお話しましたが、車専門の個人間売買のプラットフォームAncarを利用して売ることがおすすめです。

Ancarを使って高く売りたいけど、写真撮影や車の詳細の説明を文章で説明するなど自分だけで売りに出すのは面倒という人には、『おまかせ出品』がおすすめ。おまかせ出品はAncarだからこそできるサービスなのです。

おまかせ出品とは?

おまかせ出品とは、売却したい車をAncarに預け最低保証金額を受け取り、さらにAncarへ出品代行を行い、Ancarで売れたらさらに利益をもらえる新しい車の売却方法です。Ancarをはじめとして、グーやカーセンサーなど様々な中古車情報サイトにも掲載されるため、成約率も高いのが特徴です。

これまでの個人間売買であれば、車が売れた時点で相手側から入金があるのが普通でしたが、おまかせ出品では売却したい車を預けるとすぐに最低買取保証金額を受け取ることができます。また、この最低保証金額も買取業者の査定価格よりも高い金額が設定されています。

Ancarが代理で出品、1ヶ月以内にに取引が成立すれば、成立した金額と最低保証金額の差額が出品者に還元されますし、成立しなくても最低保証金額でAncarが買取るという、利用者にとってメリットしかないサービスなんです!

おまかせ出品の詳細を見る

実際に「Ancar」を利用して車を乗り換えているお客様の声

正規ディーラーで購入をした認定中古車のBMWの3シリーズから他の車種に乗り換えようと検討しているときに、初めはディーラーや中古車買取店などに売却をしようとしていたのですが、査定額が思ったよりも安い金額に非常に驚かされました。その後色々ともっと高く売れる方法はないのかとインターネットで検索していたところ、個人間売買のAncarを見つけました。

物は試しにと思い、Ancarのサービスの中のおまかせ出品を利用してみたところ、ディーラーの買取価格よりも高く売却でき、一度乗ってみたかったメルセデスAMG C43に乗り換えることができました。
さらに色々な車に乗って、趣味の幅を広げたい。そんな想いでC43から乗り換えを少し考え始めたタイミングで、再びAncarのおまかせ出品を利用してみたところ、購入時とほとんど変わらない金額でC43を売却していただき、今度は憧れだったポルシェ ケイマンに乗り換えることができました。

数ヶ月の間で車を何台も乗り換えるというのは、通常の感覚ではあまり考えられないことです。実際にAncarを使ってみて「本当に車を資産として所有することができるんだ」と実感!いつか乗れたら…が次々現実になる、素晴らしいサービスです。

詳しくは以下記事でもご紹介しています。

【使わない理由はなかった】Ancarおまかせ出品を通して得た、新しいカーライフ

車所有の概念を変え、新しいライフスタイルを送れる「Ancar」

この記事をお読みいただいた皆さまには「車が資産になるのか?」という疑問、「資産になるとしたら高級車のみではないか」という、今までの車所有についての概念を覆されたのではないでしょうか。

個人間売買の仕組みを利用した新しいサービスを提供しているAncarを利用すれば、新しいクルマの所有のカタチを体験することが可能です。

ぜひこの機会にAncarのご利用を考えてみてください。

Ancarでは個人間の車売買のプラットフォームを提供し、その際のサポートしているだけではなく、車を売却した後に次に乗る車はどんなものがいいかというカーライフの提案から、故障時の際の修理工場の紹介、カスタムの相談などもすることが可能です。皆さまのカーライフの全てをサポートしていきたいと思っております。

「Ancar」を利用する