車を売るならどちらがお得?その4「個人間売買のAncar対フリマアプリ」

スマートフォンで手軽な「フリマアプリ」

「メルカリ」や「フリル」など、「フリマアプリ」と呼ばれるスマートフォン用アプリが急成長しています。

CtoC(個人間売買)の手段としてはかつてのYahoo!オークションを思わせる勢いで自動車も含め出品数が伸びており、その手軽さが大いに受けているようです。

メルカリやフリルなど、それぞれシステムは違いますが、どの方式でもさまざまな商品に混ざって自動車が多数出品されていました。

Yahoo!オークションはアレコレと手数料がかかるようになってから、明確に利益の出る人のみが利用している印象で、かつてのような自由奔放な個人間売買やネタ出品が少なくなり、代わって業者が増えているのが実情です。

Yahoo!オークションを去ったユーザーがどこに行ったのかと言えば、このフリマアプリではないでしょうか。

「PCは使わずスマートフォンのみ」という時代に適応

フリマアプリの最大の特徴は、売買が成立しない限りは料金が発生しない事でしょう。

そのため、利用者は「買い物に来た」というより、「休日にちょっとフリーマーケットをブラブラしにきた」という感覚で、気になるものがあれば買うというスタイルです。

さすがに自動車のような高額な買い物はどうか…と思いましたが、それでもたまに思わぬレア車が出品されている事もあるので、ついつい覗きたくなります。

買う、買わないは別として、ヒマつぶしには最適なアプリと言えるでしょう。

スマートフォンでニュースやSNSを覗くのと同じような感覚で気になる商品が無いかヒマつぶしに見て、衝動買いをするもよし、質問してみるのも良し、という事です。

実際、コメント欄はYahoo!オークションの質問欄よりも気楽に入れている人が多い印象です。

ただし、オークションではなくあくまで「フリーマーケットへの出品」なので期限が無いためか、何ヶ月も前の出品がそのまま残っている事があるなど、クルマの売買の場合はそのクルマの状態に変わりが無いか少し気になるところです。

支払い/受け取りシステム

「個人間売買支援ツール」であるフリマアプリやAncarを見てみると、共通点があります。

それは売買金額の支払い方法で、代金は全てサービスを通して支払います。

基本的に買い手が売り手に直接ではなく、買い手はサービス運営会社に対して代金を支払って一旦プールし、売り手から買い手に商品を引き渡し、お互いの同意が得られて初めて売り手はお金をもらえるという仕組みです。

個人間売買で一番問題になるのが「お互い見知らぬ関係でどう信頼性を担保するか」なので、それを仲介業者が担保するということは必須と言えます。

受け取りシステムに目を向けると、フリマアプリとAncarでは差があります。

フリマアプリだとクルマ以外の出品がメインでもあることから、クルマの輸送手段についてはサポートされていません。

かたやAncarはクルマ専門のサービスなので、輸送のサポートまでしっかりとされています。

最大の違いは「情報の確度と新鮮さ」

一方、違いは一目瞭然で、フリマアプリに出品されているクルマの情報はあくまで「自己申告」という主観によるもの、Ancarの場合は「クルマの価値のリコメンド(こちらの記事で詳細を記載しています)」「プロの整備業者による点検の仕組み」や「クルマの売買において必須作業のサポート」という客観性と利便性があるという事です。

もちろん、フリマアプリも先述の支払いシステム上、いい加減な商品を送れば結局代金を受け取れないようにはなっています。

そのため、本気で売りたい人はいい加減な事を書くとも思えませんが、その一方で出品の手軽さからフリマアプリではクルマの売買にも関わらず実車の写真を掲載せず、カタログやWEB上から持ってきたような写真を掲載しているケースもあり、出品者の本気度を疑うような出品も散見されます。

そのあたり、公正で安全な取引を行なうために書類確認などを経て出品されているAncarの方が出品者の本気度では厳選されています。

また、購入検討者が希望した時点で点検を依頼できるので、情報の確度・新鮮度でもAncarの方が高いと言えます。

売り手にとっても、売れたクルマはAncarが輸送や名義変更を代行してくれるというメリットもありますから、システム利用料分の価値はあると言って良いでしょう。

手軽に売りたいクルマか、手堅く売りたいクルマかでも分かれる

ただし、フリマアプリはやはり「手軽さ」が最大の売りです。

Ancarと違ってプロの客観的な点検を受ける事などが無く、事故車や部品取り車でも販売できて、スマートフォンだけですぐに出品手続きや購入手続きそのものはすぐに済む、という点においては、売り手にも買い手にも大きなメリットでしょう。

手軽さでフリマアプリを使ってみるか、手堅さでAncarを利用するか。

わりと低額な足グルマや改造車、査定がつかないようなクルマならフリマアプリ。

状態が良い高額車、程度に自信があるので査定を受けて証明した上で高く売りたいクルマなどはAncarでと、ここでも使い分けが大事だと思います。

いかがでしたか?

このシリーズでは

・買取専門店

・ディーラー下取り

・解体、廃車業者

・フリマアプリ

と、Ancarと他の既存サービスとの比較を行ってきましたが、いずれも最終的な結論は「それぞれの特徴をよく理解して、よりよい選択をする」でした。

それぞれのサービスの特徴やメリット、デメリットを比較して、もしもAncarのサービスが一番自分の愛車に向いていそうであれば、是非利用してもらえればと思います。

 

いまならキャンペーン中なので、Ancarシステム利用料が無料です!

ぜひこの機会にクルマをお得に売却してみませんか?

まずは無料かんたん査定で自分のクルマがいくらで売れそうか見てみましょう!

?? こちらをクリック! ??

 


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら