車を売るならどちらがお得?その4「個人間売買のAncar対フリマアプリ」

スマートフォンで手軽な「フリマアプリ」

「メルカリ」や「フリル」など、「フリマアプリ」と呼ばれるスマートフォン用アプリが急成長しています。

CtoC(個人間売買)の手段としてはかつてのYahoo!オークションを思わせる勢いで自動車も含め出品数が伸びており、その手軽さが大いに受けているようです。

メルカリやフリルなど、それぞれシステムは違いますが、どの方式でもさまざまな商品に混ざって自動車が多数出品されていました。

Yahoo!オークションはアレコレと手数料がかかるようになってから、明確に利益の出る人のみが利用している印象で、かつてのような自由奔放な個人間売買やネタ出品が少なくなり、代わって業者が増えているのが実情です。

Yahoo!オークションを去ったユーザーがどこに行ったのかと言えば、このフリマアプリではないでしょうか。

「PCは使わずスマートフォンのみ」という時代に適応

フリマアプリの最大の特徴は、売買が成立しない限りは料金が発生しない事でしょう。

そのため、利用者は「買い物に来た」というより、「休日にちょっとフリーマーケットをブラブラしにきた」という感覚で、気になるものがあれば買うというスタイルです。

さすがに自動車のような高額な買い物はどうか…と思いましたが、それでもたまに思わぬレア車が出品されている事もあるので、ついつい覗きたくなります。

買う、買わないは別として、ヒマつぶしには最適なアプリと言えるでしょう。

スマートフォンでニュースやSNSを覗くのと同じような感覚で気になる商品が無いかヒマつぶしに見て、衝動買いをするもよし、質問してみるのも良し、という事です。

実際、コメント欄はYahoo!オークションの質問欄よりも気楽に入れている人が多い印象です。

ただし、オークションではなくあくまで「フリーマーケットへの出品」なので期限が無いためか、何ヶ月も前の出品がそのまま残っている事があるなど、クルマの売買の場合はそのクルマの状態に変わりが無いか少し気になるところです。

支払い/受け取りシステム

「個人間売買支援ツール」であるフリマアプリやAncarを見てみると、共通点があります。

それは売買金額の支払い方法で、代金は全てサービスを通して支払います。

基本的に買い手が売り手に直接ではなく、買い手はサービス運営会社に対して代金を支払って一旦プールし、売り手から買い手に商品を引き渡し、お互いの同意が得られて初めて売り手はお金をもらえるという仕組みです。

個人間売買で一番問題になるのが「お互い見知らぬ関係でどう信頼性を担保するか」なので、それを仲介業者が担保するということは必須と言えます。

受け取りシステムに目を向けると、フリマアプリとAncarでは差があります。

フリマアプリだとクルマ以外の出品がメインでもあることから、クルマの輸送手段についてはサポートされていません。

かたやAncarはクルマ専門のサービスなので、輸送のサポートまでしっかりとされています。

最大の違いは「情報の確度と新鮮さ」

一方、違いは一目瞭然で、フリマアプリに出品されているクルマの情報はあくまで「自己申告」という主観によるもの、Ancarの場合は「クルマの価値のリコメンド(こちらの記事で詳細を記載しています)」「プロの整備業者による点検の仕組み」や「クルマの売買において必須作業のサポート」という客観性と利便性があるという事です。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら