【車選び】あなたにぴったりのボディタイプ〜セダン編〜メリット・デメリット

車を買う際にどんな車がいいか迷いますよね。正直どれも良くて、なんとなく値段や燃費、ぱっと見の見た目などで判断しがちです。しかし車のボディタイプは見た目の違いだけでなく、それらにはそれぞれ個性があり、メリット・デメリットがあります。今回はそれぞれのボディタイプの特徴、そしてメリットとデメリットをご紹介するコーナー第1弾、『車の王様:セダン』です。

安定して高いボディ剛性と走行性能が欲しい、高級感が欲しい、できれば人を5人乗せたい。そういった方におすすめなのが、セダンです。

今回はセダンの特徴と、メリット・デメリット、そしておすすめセダンまで全てをご紹介します。

セダンとは

セダンは、エンジンルーム、乗車空間、荷室それぞれが独立している3ボックス構造の自動車のことを指します。

車の中で最も歴史が深く、馬車の時代からその3ボックス構造は受け継がれていていて、伝統的なボディタイプです。

国産車で皆さんも良く目にする車種でいうと『トヨタ クラウン』や輸入車でいうと『BMW 3シリーズ』などがあります。要するに1番オーソドックスな車のボディタイプです。

最近はSUVやクーペなどのボディタイプの人気が高まり、年々販売台数も減少しています。しかし未だに街中ではもっともよく見るボディタイプのうちの1つなのではないでしょうか。

先ほども述べたように、セダンは車のボディタイプの中でもっとも歴史が深いこともあり、伝統的なボディタイプです。よって車の基本とも言える点がメリットとして多数挙げられます。

セダンのメリット

セダンのメリットとして挙げられるのは、大きく2つあります。

①高いボディ剛性による、高い走行性能

SUVなどに人気を持って行かれてもなお、自動車メーカーがセダンを作り続ける理由の一番大きなところは、この点です。セダンのバランスの取れたボディ構造は車の基本とも言えるほどなのです。セダンの3ボックス構造はフロントガラス部分のAピラー、そしてバックガラス部分のCピラーそれぞれをバランスの取れた角度でしっかりと設けることができるため、箱型であるSUVやワゴンと違ってボディの歪みが減るのです。車ももちろん鉄(もしくはアルミやカーボン)をボルト等で組み合わせた塊なので、走行中に100%ボディ形状が同じなわけではなく、少なからず歪みが生じます。しかしセダンのボディ構造の場合その歪みが小さくなり、高い走行性能を実現することができるのです。例えばBMWが『駆け抜ける歓び』と謳ってもっともそれを体現しているのが3シリーズセダンだというように、セダンは車の走行性能のど真ん中をいっているというわけです。

②長くエレガントなスタイリングによる高級感

見た目に関しては個人的な意見も入ってしまいますが、セダンのスタイリングは他のボディタイプにはないエレガントさを兼ね備えていると思います。特にセダンでは、高級車では特に『Long』や『LWB(ロングホイールベース)』などといったようにタイヤとタイヤの距離、ホイールベースを拡張して、より安定した走行性能とエレガントさを極めたものがあります。ホイールベースを拡張するというのも、ボディ剛性の観点からセダンにしかできないことであると言えます。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら