車を売るならどちらがお得?その1「個人間売買のAncar対中古車買取専門店」

概算見積もりはどちらも簡単

クルマを売る場合にまず気になるのは「このクルマはいくらで買い取りしてもらえるのか?」という事です。

それを調べようと思っても、中古車情報の販売価格やネットオークションなどを見ているだけでは年式や走行距離、グレード、装備、クルマの状態によって価格はマチマチで、同じクルマでも販売価格の幅が数百万円に及ぶなんていう事すらあります。

しかも中古車の店頭販売価格は、販売業者の仕入れや整備など各種のコストに利益を上乗せした価格ですから、買取価格とはかなりの開きがあると思った方がいいです。

ネットオークションでも同様で、個人が出品する場合には「今このクルマでこのくらいのお金が欲しい」という願望が反映された出品額である事が多いので、客観的な相場としてアテにできるかと言えば疑問でしょう。

マイナー車やマイナーなグレード、限定車や特別仕様車ともなると参考になるような販売情報や出品情報が見当たらない事も多く、謎は深まるばかりです。

そこでどうすれば適正な買取価格の相場を確認できるのか?という事になるわけですが、その場合の一般的な手段として中古車買取専門店に査定をしてもらうというのがあります。

ただ、複数のお店に確認するのは非常に手間がかかるうえ、お店によって査定に差があったり、向こうも商売なので駆け引きがあったりと、実際どれくらいが適正価格なのかイマイチわからないという危険と、それら中古車買取専門各社から営業電話が鳴り止まなくなるという場合もあるので注意が必要です。

Ancarの場合だと、サイト上でメーカーや車種、年式、走行距離などの情報を入力するだけで「だいたいこのくらいが相場ですよ」というめやすを得る事ができます。

情報を入力すればその場で結果が出るので、しつこい営業電話が鳴り止まないなんてこともありません。

肝心な見積もり結果に差は出るのか?

Ancarのような個人間売買サービスと買取専門店、どちらも概算の見積もりはすぐに出ますが、この段階で金額には差が出てきます。

個人間売買の場合は買い手にダイレクトに販売する金額が出ますが、買取専門店の場合は中古車オークションへ流す際の金額が基準になります。

個人間売買での販売価格の方が一般の中古車販売店での販売価格より安いとはいえ、業者向けの中古車オークション価格はそれ以上に安くなるのが通常ですから(そうでないと最終的に販売する中古車店の利益が出ません)、流通の多重構造上それぞれの利益を上乗せして買取金額を勘案しなければならない買取専門店の方が安い見積もりになるのは致し方ないところです。

最近では買取専門店がオークションを介さずそのまま販売も行なうケースが増え、そうした傾向にも変化は出ているとはいえ、あまり在庫を持つと経費がかかる事から、おおかたは業者向け中古車オークションに流すのが前提なのは変わりがありません。

個人間売買のAncarの場合、買い手が現れなかった場合に売り手が希望すればAncar自身に買い取ってもらう事もできます。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら