ポルシェケイマンの新型モデル「718」。その魅力に迫る!

ポルシェケイマンはボクスターと並んでポルシェのエントリーモデルとして絶大な人気を誇っています。ケイマン/ボクスターは車体中央にエンジンを配置するミッドシップ方式を採用しています。車体中央にエンジンを搭載することで、ポルシェのラインナップの中でも911以上にスポーツ性能が高い車と呼ばれるほどになっています。今回はそんなケイマンの最新型モデル、「718」について紹介します。

新型ケイマン、718の由来

従来のケイマンは987や981というコードネームが用いられていました。最新モデルにも982というコードネームが付いています。しかし、最新型のケイマンにはサブネームとして「718」が与えられました。これは1957年にデビューして輝かしい戦績を収めたレーシングマシンに由来しているのです。当時としては高度なメカニズムを持つ水平対向4気筒エンジンをミッドシップに積んでいました。最新型の「718」になってから水平対向4気筒ターボエンジンを搭載したことから、「718」というネーミングが復活したのです。

アルミニウムを大部分に採用した軽量シャーシ

引用元:https://www.porsche.com/japan/jp/models/718/718-cayman-models/

新型ケイマンはアクスルコンポーネントの大部分にアルミニウムが採用されており、車両重量の軽減はもちろんのこと、運動性能に影響を与えるバネ下重量が大幅に軽減されています。そして、ダイレクトステアリングを718全車に搭載することで、ステアリングギアレシオは先代モデルよりかダイレクトになっています。これらにより新型ケイマンはコーナーでの回頭性がよく、俊敏かつスポーティなドライビングフィールを味わうことができます。

718のグレード構成と新開発エンジン


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら