【新型アウディ a3 】気になる最新情報を総まとめ

新型アウディa3は2018年に発売される予定だとドイツの自動車情報誌AutoBildが報じました。新型といってもフルモデルチェンジではなくマイナーチェンジだと言われています。今回はそんな新型アウディa3公式情報を紹介しながら今後を予想していきます。


新型アウディa3の特徴について

新型アウディ「a3」デビュー!さらに「rs3」の最新情報まで!?

ドイツの車情報誌「Auto Bild」が2016年秋に新型情報をすっぱ抜いて以来、何かと話題のアウディ「a3」ですが、20171月にマイナーチェンジを施された新型「a3」誕生の興奮が未だに冷めやらぬ中、20176月に「a3」シリーズのハイエンドモデルであり、アウディに於ける最高の証明「rs」を冠された「rs3 スポーツバック」のモデルチェンジが公式発表されました。そこで今回はアウディ「a3」の新型に関する情報をまとめながら、2017年後半に発売を予定されている「rs3 スポーツバック」についてもほんの少しだけ触れてみましょう。

新型アウディ「a3」!プレミアムコンパクトカーとしての進化形!

4つの丸が連なるエンブレムでおなじみのアウディから20171月に新型が発売された「a3」は、そもそもコンパクトカーとしての機能性を重視しながら、ヨーロッパ車ならではの芸術性も兼ね備えた、世界中で大人気のシリーズです。また、輸入外車としては購入しやすい価格帯と言うこともあり、日本でも多くのファンを獲得しています。

新型アウディ「a3」のラインナップ!セダン?スポーツバック?

新型アウディ「a3」シリーズには大きく分けて「4ドア・セダン」と「5ドア・スポーツバック」の2タイプがあります。どちらも狭い日本の路地でも大活躍しそうなサイズでありながら、セダンには落ち着いた高級感が漂い、スポーツバックには流麗なフォルムデザインが実現され、またどちらのタイプにも先進の機能が装備されています。

新型アウディa3のグレードについて

新型アウディ「a3」の改良点!最新技術が結集された革新の車両!

20171月にデビューした新型アウディ「a3」シリーズは、全グレードに共通して、従来型に比べてやや鋭角的で近未来的な雰囲気を放つフロントデザインが実現され、また、一定の速度範囲で前走車との衝突を自動で回避する「Audiプレセンスフロント」や、自動速度調整機能「アダプティブクルーズコントロール」も標準装備されています。

新型アウディ「a3 セダン」!コンパクトカーとは呼ばせない存在感!

新型アウディ「a3 セダン」は、コンパクトカーでありながらセダンとしての快適性や高級感を兼ね備えており、また高級クーペのように滑らかなフォルムは、フロントデザインと合わさって、まるでより上質な高級輸入外車を連想させます。グレードは1.4lエンジン搭載の「1.4 TFSI」「1.4 TFSI sport」に加えて従来型から進化した2.0lエンジン搭載の「2.0 TFSI quattro」「2.0 TFSI quattro sport」の4つに分けられます。

新型アウディ「a3 スポーツバック」!これが未来の「走り」の実現!

新型アウディ「a3 スポーツバック」はハッチバックとしての形状とワゴンの使いやすさ、さらに洗練されたスポーティさを融合された、アウディ独自の「スポーツバック」と言う呼び名に相応しいデザイン性を有しています。グレードはセダン同様に「1.4 TFSI」と「1.4 TFSI sport」、さらに「2.0 TFSI quattro」と「2.0 TFSI quattro sport」に分けられます。

新型アウディa3のインテリア・エクステリア

新型アウディ「a3」の外観!洗練された「アウディ」の品格!

新型アウディの改良はマイナーチェンジと言われ、ともすれば従来型と似たような印象を受けますが、しかしそのフロントグリルなどには新型としてのこだわりが感じられ、むしろ一見すれば新型「a4」に近い印象になったと言えるかも知れません。またフロントとリアのライトの雰囲気も最新のLED技術などで、より美しい仕上がりになりました。

新型アウディ「a3」の内装!まるで未来のSFカー!

新型アウディ「a3」のインテリアに於ける改良点は、一見すれば多くないようにも思えます。しかし、ひとたびエンジンを掛ければその変更点は一目瞭然でしょう。それは、今回からオプション装備が可能になった「バーチャルコックピット」の存在感です。従来のメーター部分に様々な情報がモニター表示される光景は、まるでSF映画に登場する未来の車を彷彿させます。

燃費について

新型アウディ「a3」の燃費!ヨーロッパならではの環境保全意識!

新型アウディ「a3」の燃費性能に関してカタログ上の数値を見てみると、使用ガソリンは「ハイオク」であり、またセダン・スポーツバックの各グレードともに、エンジンの排気量によって燃費性能に差があるようです。

1.4l19.5km/l

2.0l16.0km/l

輸入外車としては決して悪い数字でないと言えるでしょう。

維持費について

新型アウディ「a3」を維持しよう!やはり気になる外車の維持費!

「セダン1.4l TFSI(エコカー減税対象車)」

・年単位でかかる費用

自動車税:34500

車検代:50000円(2年)

・毎月かかる費用

ガソリン代(11km&カタログ燃費×ハイオク130円):5560

駐車場代:1万円

任意保険代(年齢30歳、免許証ブルー、30歳以上・本人限定、車両保険無、新規申込、年間走行距離11000km以下):4000

新型アウディ「a3」シリーズを買う!グレード別の新車価格は!?

セダン

1.4 TFSI311万円

1.4 TFSI sport347万円

2.0 TFSI quattro417万円

2.0 TFSI quattro sport447万円

スポーツバック

1.4 TFSI293万円

1.4 TFSI sport329万円

2.0 TFSI quattro399万円

2.0 TFSI quattro sport429万円

価格は全て税込(消費税8%)

新型アウディ「a3」シリーズのお得な買い方!値引き情報は!?

新型アウディ「a3」の値引き情報について調べてみると、やはり輸入外車であると言う点と、マイナーチェンジからまだそれほど日が経っておらず、人気も高い車種であると言う理由から、数十万円単位で値引きに成功した購入者もいれば、全く値引きに応じてもらえなかった購入者もいるようです。値引き成功の鍵はタイミングかも知れません。

新型アウディ「a3」に乗りたい!中古車購入と言う選択!

新型アウディ「a3」の値引きが難しければ、中古車を探すのも一つの手です。しかしながら20178月現在の中古車市場価格を見ると、例えば新車価格が最も安い「スポーツバック1.4l TFSI」であっても290万円前後と、ほぼ新車価格と変わらないようです。そう考えるとしばらくの間は新車購入が吉かも知れません。

オススメのオプション3選

新型アウディ「a3」のオプション①:バーチャルコックピット!

新型アウディ「a3」のマイナーチェンジに於いて最大のポイントの一つが、オプション装備が可能になった「バーチャルコックピット:20400円(8%税込)」でしょう。「ナビゲーションパッケージ」と一式になり、スピードメーター部分が全面液晶画面として運転中のドライバーに様々な情報をリアルタイムで通知し、時には危険を知らせます。

新型アウディ「a3」のオプション②:LEDライトパッケージ!

新型アウディ「a3」のマイナーチェンジに於ける改良点でもあるフロントやリアのライト部分を、さらに美しく、そして安全にする為のオプションとして「LEDライトパッケージ:4800円(8%税込)」も人気です。独特のデザインと優れた視認性を兼ね備えるLEDライトは、まさに最先端を走る車の象徴かも知れません。

新型アウディ「a3」のオプション③:アドバンストキー

リモートコントロールキーを身につけておくだけで、いちいち鍵を取り出さずともコンソール上のボタンを押せばエンジンをスタートさせられる「アドバンストキー:8200円(8%税込)」は便利です。ただし、電波により心臓ペースメーカーなどに影響を及ぼす可能性が皆無とは言えない為、正規ディーラーへの事前の相談が大切です。

まとめ

遂に発表された新型「rs3 スポーツバック」!「a3」の進化形!

2017年式アウディ「a3」の誕生により、コンパクトカーの時代はまた一つ前進したと言えるのかも知れません。また、さらにそのトップグレードとして「a3」をベースに生み出されたものがアウディ「rs3 セダン」であり「rs3 スポーツバック」です。そして今回、20176月にモデルチェンジが発表された最新型「rs3 スポーツバック」には新開発「2.5l TFSI エンジン」が搭載され、世界最高レベルの走行性能が実現されました。どうやら、時代を牽引し続ける「a3」や「rs3」の進化は今後もまだまだ続きそうです。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら