【スズキ新型スイフト】モデルチェンジ!気になるその魅力について迫る!

スズキ新型スイフトが2017年1月4日に発売を開始しました!さらに7月12日にはハイブリッドモデルも追加されました。4ドアハッチバックのコンパクトカー新型スズキ・スイフトのスペックなどを過去のスイフトと比較しながら紹介していきます!


新型スズキスイフトの特徴

新型スイフトの特徴①コンパクトで乗りやすい!

新型スズキスイフトは全長3,840、全幅1,695mmでとてもコンパクトな車となっています。今回のフルモデルチェンジで新しいプラットホームが採用され、車の強度を落とさずに大幅な軽量化とコンパクト化に成功しました。そのため室内空間が広くなりゆったりと運転することができ、機敏な走行性能に繋がっています。

新型スイフトの特徴②燃費が良く経済的なハイブリット車!

マルチハイブリットを搭載したことと、新しいプラットホームの採用で軽量化したことで燃費はJOC8モードで27.4km/Lに達しています。このシステムを採用したことにより、幅広い速度域で低燃費走行をアシストしてくれるため、快適な走行をサポートしてくれながら低燃費走行を実現できました。また、発進時にもモーターアシストにより燃料使用料を最小限に抑えてくれます。

新型スイフトの特徴③急な危険も察知!

自動ブレーキシステムであるデュアルセンサーブレーキサポートが搭載されて、日中夜間を問わず歩行者や先行する自動車に対して衝突を回避するための警告を出してくれます。もしブレーキが遅れた場合、自動でブレーキが作動し衝突を回避、軽減します。

また、アクセルとブレーキの踏み間違えの誤操作を抑制する、誤発進抑制機能も搭載されています。

スズキスイフトの歴代モデル

初代スイフトは、2000年から2006年まで生産されていました。日本市場における初代スイフトは、ワゴンR+のプラットホームを用いて、廉価な小型車を売りに販売していました。2003年には改良を重ねて、一般的な軽自動車よりも安い価格の79万円で販売が行われました。燃費が良く、室内が広いため乗り降りがとてもスムーズにでき、警察車両にも導入されました。

2代目スイフトは、2004年から2010年まで生産されていました。初代スイフトと同じく低価格を売りにしていますが、内装の質感や走行性能は格段に進歩しています。またグッドデザイン賞を受賞するなど、デザインの面でも格段にに向上しています。このモデルから、キーレススタートやターンランプ付きドアミラーなどを採用していて機能面でも申し分ないレベルになっています。

3代目スイフトは、2010年から2016年まで生産されました。フルモデルチェンジによりホイールベースを40mm拡大しことで直進安定性や旋回性の向上、居住空間の拡大に繋がりました。フロントサスペンションのコイルスプリング巻き径を縮小しバネ部分をたる化することによって構造自体を更にコンパクト化しました。20164月には世界累計販売台数500万台を達成していて、世界でも愛される車へ変貌しました。

4代目スイフトは、2017から生産されています。軽量化と剛性を高める新型プラットホーム「HEARTECT」を採用して車両全般の軽量化の結果、120kgの軽量化に成功しています。軽量化に加えて、デュアルエンジンを改良して、低回転のトルクの向上や燃焼改善技術で熱効率を高めることでさらなる燃費の向上を達成しています。安全装備も充実していて誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、デュアルセンサーブレーキサポートなども搭載されています。

スイフトの歴代中古車価格

初代スイフトの中古車価格は1万円から75万円程度で、年式が古いため平均中古価格も安くなっています。

2代目スイフトの中古価格は、3万円から119万円程度で、比較的見た目も綺麗で装備やオプションが充実しています。

3代目スイフトの中古車価格は19万円から168万円程度で、1つ前のモデルである為人気も高く非常に燃費も良いです。

4代目スイフトの中古車価格は79万円から200万円程度で、140万円を超えるものが大半です。中には新古車で79万円のものもありました。

おすすめの歴代モデル

スイフトのオススメの歴代モデルは、4代目スイフトのHYBRID SG 5AGSです。燃費が圧倒的によく経済的でデザインもスタイリッシュでいつでも乗ってドライブに行きたくなります。運転者に対するアシスト機能もかなり魅力的で、デュアルセンサーブレーキサポートは運転が苦手な人におオススメな機能です。多彩で高機能な4代目スイフトは販売価格に対してコストパフォーマンスが高い車と言えます。

おすすめの歴代モデルの燃費

4代目スイフトの燃費は、JOC8モードで27.4km/Lです。高速道路における実燃費は約22.6km/L程度でカタログ燃費に近い数値で走ることができます。市街地における実燃費は、信号などが多く発信や停車を繰り返す為、約20.0km/L程度となっていてやや数値はカタログから離れているが、十分な数値です。

おすすめの歴代モデルの維持費

・年単位でかかる費用

自動車税:9,000

車検代:45,000円から100,000

・毎月かかる費用

ガソリン代:

(11km&カタログ燃費×軽油110円、レギュラー120円、ハイオク130):4,380

駐車場代:1万円

任意保険代(年齢30歳、免許証ブルー、30歳以

上限定、本人限定、車両保険無し、新規申込、

年間走行距離11000km以下):47,860

オススメのオプション

歴代モデルについていてほしいオプション①コンソールボックス

コンソールボックス ガーニッシュは、本体価格16,902円+参考取付費用702円です。カラーはレッド、パープルホワイト、ピアノブラックシルバーがあります。コンソールボックスガーニッシュを使用することによって、シフトレバー周りのオシャレ感がアップします。価格も低価格で、簡単に他の人と違う内装にすることができます。

歴代モデルについていてほしいオプション②ホイールアクセント

ホイールアクセントは、本体価格15,120円+参考取付費用5,616円です。材質はハイボスカルでできていて、カラーはレッド、ブルーの2色があります。ホイールに個性を出すためにはもってこいのアイテムで、純正のアルミホイールにアクセントとして色を付けるけることによって外観のオシャレ感がより一層際立ちます。

歴代モデルについていてほしいオプション③シートカバー

シートカバーは、本体価格35,910円+参考取付費用3,510円です。カラー黒が基調のとなっており、とても高級感があり、内装の雰囲気をガラと変えてくれます。また、シートカバーである為、万が一飲み物などとこぼした場合にも拭き取ることが可能で、どうしても汚れが取れない場合は外して取り替えることも可能です。

まとめ

スズキスイフトは初代モデルから、低価格を打ち出しており価格以上のコストパフォーマンスは現在にも受け継がれています。フルモデルチェンジをしていくごとに魅力が増し、燃費やデザイン性にもさらに磨きがかかって進化しています。エンジンの性能やさまざまな安全に対する技術、そして素晴らしい室内空間と外観のデザイン性を持っているスズキスイフトは、日本最高クラスのハイブリットコンパクトカーと呼んでも過言ではないでしょう。

この記事を読んでスイフトに乗り換えようかなと思われた方、次の車を購入する前に現在お乗りのお車を高く売るには、今までの売り方とは違う新しい売却のカタチおまかせ出品がおすすめです。

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。

手洗い洗車のサブスクリプションサービス事前登録受付中!



通うことで愛車を常に綺麗に保つ

愛車への悩みを解決する手洗い洗車のサブスクが始まります!



事前登録、詳しい内容はこちら↓

洗車サブスクリプション