【トヨタ・新型クラウン】抜本的に設計を変えた、新しくなったクラウンはいかに?

    こんにちは。

    突然ですが、皆さんが「日本を代表する車種は?」と聞かれたらなんと答えるでしょうか。プリウスやシビック、ランドクルーザーなど世界各国で走っている日本車は数多くあれど、多くの人が「クラウン」と答えるのではないでしょうか?

    僕もそのうちの一人で、日本の土地にあったサイズ感や、日本人が思う「高級」を体現している言わずとしれたトヨタの良心を残した日本専用の高級車なのです。

    その「クラウン」が最近モデルチェンジをして、今までのクラウンとはひと味違った「クラウン」を市場に送り出しました。

    試乗車も出回り始め、乗る機会があったので新型クラウンのレビュー記事を書きたいと思います。

     

    エクステリア

    初めて見た時には「これがクラウン?」と2度見したくなるくらい見た目が変わった今回のクラウンです。

    社外品のバンパーがついているなどではなく、純正のモデルでこのデザインです。

    フロントマスクももちろんそうですが、低重心になったこともあり、セダンというよりはクーペのようなデザインになっています。いかにクラウンを若者向けの車にしたかったかが分かるデザインですね。また、ヘッドライト内部の構造がシンプルな三眼式になりスタイリッシュなデザインになっています。

    後ろから見たデザインは、BMW4シリーズのセダンやメルセデス・ベンツのCLSのようなデザインになっており、海外の車に少し影響を受けたのかな?と感じる部分があります。後部をクーペ風のデザインにすると、後部座席の居住性がなくなるのではないか?と感じる部分もありますが、必要十分であったとともに、自分で運転して、単身での乗車が多い若者に乗ってもらうためには後部座席の居住性よりもデザイン面を優先したのは個人的には良い判断だと思います。

    また、サイドボディーの流れるように描かれているラインの先にあるテールランプはクーペのようなルーフとも相まってスポーティーな印象を与えます。個人的にはこのデザインも好みです。

     

    インテリア

    ディスプレイがセンターコンソールとダッシュボード上の両方に設置され、物理的なボタンが減って好印象なデザインです。

    また、前モデルまで高級車であるにもかかわらず足踏み式だったパーキングブレーキが、電動のものに切り替わり、ますます高級車感が増しました。

    しかし、エアコンの調節など割と頻繁につかうボタンなどはタッチパネルではなく、物理キーとして残しておいてほしかったと思います。運転しながらタッチパネルを操作するのは危ないと思います。

    また、せっかく画面が二画面あるにもかかわらず、二画面あるからこそできる機能がほとんど感じられなかったのが残念でした。走行に支障をきたさない範囲でそのような機能を考えるのは難しいですが、つながる車としてのコンセプトを持つクラウンだからこそ、ナビとエアコンの画面を表示するだけではなくもっと便利だと感じる機能を付け加えることはできたのではないかと感じます。

     クルマの相談所



    クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

    本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

    故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

     ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

    「90万円」高い売却に成功! K様



    コメント:
    愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
    改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

    高く売却できる『おまかせ出品』

    価格の交渉ができるかも!?

    詳細&査定はこちら

    Ancarのサービス詳細はこちら