ポルシェ タイカンの特徴は?ポルシェの電気自動車を徹底解説

世界的に電気自動車の流れがある中で、ポルシェからもタイカンという電気自動車が販売されています。

国産の電気自動車でも「実際のところ性能はどうなの?」と疑問が出てくる点もあるでしょう。

現在電気自動車の普及はまだまだ少ないと言える中で、ポルシェの電気自動車タイカンについて詳しく解説していきます。

今後の電気自動車選びの際に、ポルシェの電気自動車も購入候補に挙げられる方は、是非最後までご覧下さい。

ポルシェ タイカンの充電時間や航続可能距離まで詳しく紹介しています。

ポルシェ タイカンの特徴

ポルシェ タイカンの特徴を以下の4点について紹介します。

・外装

・内装

・充電時間

・航続可能距離

電気自動車を購入する上で充電時間や航続可能距離は気になるところでしょう。

ここからはポルシェ タイカンの特徴を紹介します。

外装

ポルシェ タイカンの外装は、従来のポルシェらしさを引き継いだデザインとなっております。

一目みるとポルシェとわかる力強いデザイン性です。

滑らかなルーフの傾斜は一見スポーツカーと思えるようなデザインです。

スポーツカーのような見た目に4ドアが融合したスタイリッシュな外装となっております。

内装

ポルシェ タイカンの内装は従来の内装デザインを引き継いでる形となります。

ナビ周辺のパネルはタッチパネルになっていて、電気自動車ならではの最先端な作りとなっています。

運転席や助手席も十分な広さを確保されており、車内の住居性も高い内装でしょう。

充電時間

ポルシェ タイカンの充電時間はどれだけ高出力充電を行うかで変わってくるのです。

最短では5%から80%までの充電を、22.5分で行ったというデータもあります。

自宅で充電する場合は、ほぼ空の状態から約10時間で満タンまで充電できるデータがあります。

そのため、充電する速度によって異なりますが、遅くても10時間で満タンになるでしょう。

航続可能距離

ポルシェ タイカンの航続可能距離は最長492kmです。

往復で500kmを超えるような長距離移動をする場合は、一度充電が必要となります。

しかし、街乗り程度の走行であれば充電頻度を上げる必要もなく、自宅に居るときに充電するというサイクルで充電量は問題ないと言えるでしょう。

ポルシェ タイカンはApple musicを聴ける

ポルシェ タイカンは自動車業界としては初となる、車にApple musicが搭載されているのです。

スマートフォンと車両を繋がなくても、車側の操作のみでApple musicを聴けるのです。

今までであれば、車に乗ってスマートフォンとナビをBluetoothに接続し好みの楽曲を携帯で選択する必要がありました。

しかしポルシェ タイカンでは、このような作業がいらず、車両側を操作するだけで完結するのです。

ポルシェ タイカン単体で5000万以上の楽曲を聴くことができ、プレイリストなども自由に作成できます。

自分の好みの楽曲のプレイリストを作っておけば、より楽にドライブを楽しめるでしょう。

スマートフォンがなくても車の機能として、快適に車両に乗れるようになっているのです。

まとめ

ポルシェ タイカンの特徴について詳しく解説しました。

電気自動車は世間から注目を集めていますが、まだまだ普及が進んでいるとは言い難い状況です。

しかし、高級自動車メーカーからも今回のように電気自動車が販売されており、性能も従来のものより良くなってきています。

さらに快適に乗れる性能も増えているのです。

見た目や車内空間は従来のポルシェの良さを残しながら、ワンランク上の快適さを実現しているのが、タイカンです。

ポルシェオーナーが電気自動車を検討する際は是非タイカンも候補に挙げてみて下さい。

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?