ガソリンはブランドによって違いはある?各銘柄の燃費・吹き上がりを比較

皆さんは、自分のクルマにどこのブランドのガソリンを給油していますか?クルマを運転しているとエネゴリ君で有名な「エネオス」や女性の横顔の「出光」、貝のロゴの「Shell」など様々なブランドを見かけると思います。多くの人はポイントカードやクレジットカードの還元率、家からの近さなどでガソリンスタンドを決めていることでしょう。さらに、どこのメーカーのガソリンを給油しても同じと考えている人がほとんどだと思います。
今回は、それぞれのブランドによってガソリンに違いがあるのか、レギュラーとハイオクに分けて紹介します。

ガソリンの種類とは

普段何気なく入れている車の燃料ですが、それらはレギュラー、ハイオク、軽油と3種類に分かれます。実は、レギュラー、ハイオク、軽油は全て「原油」を蒸留し作られているため3種類とも、もとをたどると同じ燃料に行き着きます。レギュラー、ハイオク、軽油の違いは、燃料ではなく分留温度になります。原油は産油国から運ばれてきたあと、製油所に運ばれ加熱炉で350℃に加熱されます。加熱されることで、蒸気となるため沸点により分留され種類が決定します。
具体的な沸点としては、30℃~180℃でガソリンが、170℃~250℃で灯油、240℃~350℃で軽油が留出され、最後に残ったものが飛行機の燃料となる重油やアスファルトとなります。

レギュラーとハイオクの違い

レギュラーとハイオクは同じガソリンであるため、分留される温度に大きな違いは生じません。しかし、燃料に含まれるオクタン価数によって違いが生じます。オクタン価の数値は、自己着火しやすい性質を持つ「ノルマルヘプタン」と、自己着火しにくい「イソオクタン」という液体を混ぜた際の「イソオクタンの割合」を示しており、ノッキングのしにくさを表す数値です。オクタン価数が高いほど、ノッキングと呼ばれる燃料の爆発によりエンジン内部のピストンがぶつかる現象が起きにくくなります。

ハイオクのオクタン価数

ハイオクガソリンは、高いを意味する「ハイ」と成分の「イソオクタン」が混ざり、それが語源となったと言われています。
ハイオクガソリンは、JIS規格と呼ばれる日本のガソリンの基準でオクタン価数が96以上と定められています。つまり、イソオクタンが全体の96%以上を占め、その他の成分は4%以内であるを意味します。よって、ハイオクはノッキングが起こりにくいので、高級車やスポーツカーに採用されています。また、オクタン価を高くする手間がかかるため価格もレギュラーガソリンと比べ高価な点も特徴としてあげられます。

レギュラーのオクタン価数

レギュラーガソリンはJIS規格でオクタン価が89以上と定められており、国産車を始め多くの車に採用されています。また、レギュラーはハイオクに比べてオクタン価数を高くする手間が生じないため安価に設定されています。

ガソリンはブランドによって違うのか?

ブランド名 ハイオクガソリンの名前 レギュラーオクタン価 ハイオクオクタン価
コスモ石油 スーパーマグナム 90 99.5以上
出光興産 出光スーパーゼアス 90 100
エッソ・モービル・ゼネラル シナジーF1 90 100
エネオス エネオス・ヴィーゴ 90 100
昭和シェル石油 Shell V- power 不明 不明

出典:https://bestcarweb.jp/feature/3004

レギュラーはブランドによる違いはない

レギュラーは、日本国内において各ブランドに引き渡される前に元売り各社が存在し、各社共通の規格品として販売しています。そのため、レギュラーガソリンはブランドによる違いはありません。レギュラーが各社で共通の規格を持っている理由として、輸送コストの削減やタンクローリー融通のしやすさなどがあげられます。

ハイオクはブランドによって変わる

ハイオクは、レギュラーと異なりブランドごとにガソリンに名前があるように、各ブランドで成分も変わります。ハイオクの条件として、オクタン価数が96以上であれば良いため、各ブランドごとにオリジナルのガソリンとなっています。例えば、コスモ石油は他のガソリンブランドに対しオクタン価数が少なくなっているため、価格にも差が生じます。ハイオクは、各ブランドごとで燃費や吸気バルブの汚れ、加速性能を求め改良が行われています。

エネオス・ヴィーゴ

https://www.noe.jxtg-group.co.jp/consumer/eneos/

ENEOSヴィーゴは、「国内最先端の清浄性能」を押し出しているとともに、環境への配慮が行われたハイオクガソリンです。また、燃費性能も高く多くの人が利用しています。
「社内試験では排出ガス中の規制排出ガス成分(一酸化炭素、炭化水素、窒素酸化物)が最大10~30%低減しました」と排ガスのクリーンさを主張しています。

Shell V-Power

https://www.shell.co.jp/

ハイオクガソリンとしてもっとも人気があり、プレミアムハイオク製品として有名なのが特徴です。エンジンの洗浄や保護性能を謳うセリフとして「かのスクーデリア・フェラーリもその性能の改善効果を評価し、Shell V-Powerを選択しています。」とアピールしています。

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。

手洗い洗車のサブスクリプションサービス事前登録受付中!



通うことで愛車を常に綺麗に保つ

愛車への悩みを解決する手洗い洗車のサブスクが始まります!



事前登録、詳しい内容はこちら↓

洗車サブスクリプション