スタッドレスタイヤの寿命・購入時期の目安とおすすめ6選【レンタルがお得?】

こんにちは。寒い冬も本格的になってきており、今季の最低気温を下回る日も多くなってきました。

そんなときに車を使うと、必須になるのがスタッドレスタイヤですよね。雪が降っていなくとも、スノーボードなどをするために山間部などに行く際は、絶対になくてはならない装備の1つとなっています。

また最近ではスタッドレスタイヤとチェーンを同時に装着しなければ走行できない道路が現れるなど、増々スタッドレスタイヤが必要になる機会が多くなると考えられます。

【チェーン装着義務化!?】スタッドレスユーザー困惑…事故を懸念する声も

今回は、スタッドレスタイヤの購入時期や交換のタイミングについてご紹介。また、おすすめのタイヤ6つを性能比較します。

スタッドレスタイヤの特性

そもそもなぜ、同じゴムでできているにも関わらず、サマータイヤでは雪上は走行することができず、スタッドレスタイヤであれば走行することができるのでしょうか?

それはタイヤのゴム部分の柔らかさにあると言われています。通常のサマータイヤであれば、雪の冷たさの影響でタイヤが硬くなり、本来タイヤが持っているグリップ力(止まる力)などが弱まってしまうのですが、柔らかく作られているスタッドレスタイヤであれば、そのような現象が起きにくいと言われています。

またタイヤ面が柔らかくなってしまった影響で、一昔前までのスタッドレスタイヤは乾燥路での走行がし辛いなどのデメリットがよく聞かれましたが、最近のスタッドレスタイヤは高性能化により乾燥路での走行も問題なくできるようになりました。また、後述するミシュラン製のスタッドレスタイヤなどでは乾燥路での安定性などが強調されるなど、乾燥路での走行に強い商品も発売されています。

スタッドレスタイヤの寿命

スタッドレスタイヤがすり減りすぎるとどのようなことが起きるでしょうか?もちろんサマータイヤのすり減りも大きなトラブルに繋がりますが、それ以上に怖いのがスタッドレスタイヤのすり減りです。

乾燥路でのすり減りであれば停止距離が伸びる程度ですが、雪上路でのすり減りによって車が停まらなかったり滑り落ちていくことも容易に考えられます。

そのため、サマータイヤ以上にタイヤのすり減りに対して細心の注意を払う必要があるのがスタッドレスタイヤです。

ではスタッドレスタイヤの寿命をどう見極めればいいでしょうか?

プラットフォームの確認

スタッドレスタイヤにおいて、残りの溝の深さを知るのはタイヤの寿命を知るための一番の近道です。

どのスタッドレスタイヤにも「プラットフォーム」と呼ばれる、残り溝を測るためのサインがついています。プラットフォームは残り溝が50%近くになると見えるようになっており、プラットフォームが見えてきたタイヤに関しては使用してはいけないルールとなっています。

上の図はプラットフォームが見えていて、取替時になったタイヤです。新品時ではこのサインは溝の中に埋まっており、画像のように他の面と同じ面に出ていることはありません。

プラットフォームの位置はタイヤの側面にある「↑」のマークの位置にあります。スタッドレスタイヤの寿命を確認するには、まずこのプラットフォームを探すのが一番の近道と言えるでしょう。

スタッドレスタイヤの購入時期

サマータイヤ、スタッドレスタイヤ問わず、ゴムでできているタイヤは使っていなくてもゴムが固くなっていきます。

前述したように、スタッドレスタイヤにとってタイヤの柔らかさは重要な要素の1つです。そのため、ゴムが極端に固くなっているタイヤに関してはプラットフォームが現れていなくても交換する必要が出てきます。

タイヤの保管状況や、実際に走行している距離によっても変化しますが、スタッドレスタイヤは3年〜5年以内に買い換えるのが一般的と言われています。豪雪地帯であれば少なくとも3年以内に、あまり雪が積もらない場所であっても最高でも5年以内に買い換えることをおすすめします。

また、タイヤの硬化も保管状況によって大きく異なります。使ったあとすぐに汚れを落とし、袋などに入れ通気性の良い室内で保管されているものと、使ったあとそのまま雨ざらしで外においてあるものでは劣化の速度が全く違います。

家にタイヤをおけるスペースがあるのであれば、屋内で保管することをおすすめします。それが不可能であれば、タイヤ保管サービスなど管理を代行してくれるサービス業者にタイヤを預けることも考えましょう。

おすすめのスタッドレスタイヤ

BRIDGESTONE BLIZZAK VRX2

この動画を見れば分かる通り、車が動き始めてから路面から「シャリシャリ」といった音が出ているのが分かるでしょうか?

この音が実際にタイヤがきちんと雪や氷の上でもグリップしている証拠なのです。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら