アメリカで燃費がよい自動車メーカーはなんとあの自動車メーカー?!

アメリカの環境保護庁も認めた自動車メーカー

アメリカの環境保護庁が2016年の一番燃費のよい自動車メーカーを発表しました。 その自動車メーカーは2015年にも平均燃費12.6㎞を記録して、2連覇を達成しました。 環境保護庁が選ぶ自動車メーカーの基準はハイブリッド車、電気自動車、ディーゼル車を販売していない自動車メーカーで平均燃費が高い自動車メーカーの中から選ばれます。 そして2年連続で選ばれた自動車メーカーはガソリン車で燃費がよく人気があるSKYACTIVEエンジンを使用しているマツダでした。

マツダ北アメリカ代表の毛籠勝弘氏はマツダのエンジニアとデザイナーはクリエイティブな事に挑戦しながらもハイクオリティ、スタイリッシュ、駆け抜ける喜びと燃費を考えていますと話していました。 さらに毛籠氏はSKYACTIVEテクノロジーが進歩したおかげで、マツダはどのサイズのクルマでも燃費を損なう事もなく運転の楽しさも味わう事が出来るとしました。 マツダのCX-9はマツダが販売しているモデルの中で大型SUVですが、4気筒ターボを搭載していて、他の自動車メーカーの大型SUVと比べてみても燃費が大きく違うSUVもあります。 もしマツダがCX-9のマツダスピードモデルを販売を開始した場合、燃費は少し悪くなるかもしれませんが、マツダが燃費の良い自動車メーカーとして選ばれる可能性があります。

The Most Fuel Efficient Brand In The US Has No Hybrids Or EVsAncar | Ancar(アンカー) – 中古車の個人間売買


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら