車を持つことで発生するステータスは本当に重要なの?

物に対して人はステータスを感じやすいように感じます。その物の中でも自動車はステータスとしての意味合いが高く、年齢に差があっても共通の認識をされやすいものです。しかし、車は移動するものであってただ所有しているだけでは宝の持ち腐れであり、道具である以上本来の役割を果たすことはできません。ステータスとしてだけで車を購入してしまうと維持できなかったり、技量が足りないなど失敗の原因となります。今回は車のステータスについて考えていきたいと思います。

車を持つことによって発生するステータス

車にはさまざまなステータスとしての価値が存在します。またそのステータスの捉え方は最終的には同じになりますが、初めは年齢によって別れていたりと様々なので紹介していきたいと思います。

車を所有することで発生するステータス

車を所有することで発生するステータスは、若年層で発生しやすいステータスの一つです。車の免許を取れる年代から発生しやすいステータスであり、ブランドはあまり関係なく車を所有しているだけでステータスとなりやすい傾向があります。理由としてはこのステータスが発生する年代の方は若く、車を購入または所持するのに十分な収入がない場合が多いからだと考えています。しかし、このステータスは車社会の地域で多く見られ、電車が普及している都市部では車を所有していることに対して発生するステータスはあまりない印象があります。

高級車を所有することで発生するステータス

高級車を所有することで発生するステータスは社会人などが収入が安定している人が多く気にしやすい傾向があります。高級車を購入する際に多額の資産が必要となり、高級車自体が収入を体現していると考えられています。また、高級車は資産的価値が高く、売値が下がりにくいために中古で乗り換えする際にはお得に車を売却する事ができます。

そのステータスは必要なステータスなのか

ものを持つことで発生するステータス。その所有することで発生するステータスは日常生活や人生において必ずしも必要なものではありません。そんなステータスという価値観を持つべきなのでしょうか。

自分らしさというステータス

車をステータスとして所有したい時に必ず、心に問いかけて欲しいと筆者が思っていることがあります。それは本心でその車が欲しいのかです。人はステータスとして見栄をはり、自分を大きく見せるために背伸びしてしまう時があります。もし、欲しいと思っている車であっても広告の影響で欲しいと思い込んでいたりと他の影響を受けて所有欲が形成されているかもしれません。車を購入するときはなぜその車が欲しいのかルーツを探ることで自分が本当に求めているものが見つかるのかもしれません。

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』