昔のスーパーカーを軽自動車サイズで作ってしまった大人たち

小さいけど本物そっくり!ミニスーパーカー

昔の子供たちの憧れ、そしてその子供たちが成長した大人たちの、やっぱり憧れ。

「スーパーカー」とはそういうものです。

そんな昔のスーパーカーをミニサイズで実現してしまった人々がいました。

マッドハウスとK4GP

昔のF3000などのフォーミュラや、富士GC(グランドチャンピオン)レースのマシンを制作したレーシングカーデザナー、故・「杉山 哲」氏が興したマッドハウスは、今でも続く軽自動車を中心とした日本最大の耐久レース「K4GP」の主催でもあり、かつ軽自動車ベースの様々なカスタマイズカーを製作してきた事で有名です。

数多くのレーシングカーと同じリアにエンジンを配置し、シャシーもボディも一体化されたモノコックボディでは無く、シャシー(土台)にボディを被せる事が容易だったスバルの軽商用車「サンバー」や三菱の軽乗用車「i(アイ)」などをベースに、様々なレーシングカーやスーパーカーのレプリカを作りました。

軽自動車がベースなのですから、当然それらレプリカも縮小サイズでしたが、そのクオリティは極めて高いものだったのです。
また、故・杉山氏に続けとばかりに、マッドハウス以外でもK4GPなどで多くのレプリカが走りました。

アルファロメオ・ティーポ33/2デイトナクーペ

アルファ・ロメオが珍しくV8エンジンを搭載したレーシングカーとして1960年代に開発したのが「ティーポ33」で、そのロードバージョン33/2ストラダーレのミニレプリカです。

ガルウイングまでキッチリ再現されており、一見本物と見まごうような仕上がりは、FRPボディの達人と言われたマッドハウスの故・杉山氏ならではでした。

わずかにフロントグリルから伸びた、牽引用のフックの大きさやドライバーの対比から、大型レーシングカーの「33」と違う事がわかります。

下が本物の「ティーポ33/2ストラダーレ」です。

ポルシェ917LHi

1969年のル・マン24時間に登場したロングテールタイプのレーシングカーで、本物は4.5リッターまたは4.9リッターの水平対向12期等エンジンを搭載していましたが、この軽レプリカ版「917LHi」は三菱i(アイ)がベースで、エンジンも660ccとは信じられますか?

下が本物の「917LH」です。

チャパラル2H

アメリカで先進的なレーシングカーを製作していた「チャパラル」がCan-Amシリーズ(カナディアン-アメリカン・チャレンジカップ)用に1969年に制作したマシンです。

先端から後端までなだらかなクサビ型ボディが特徴で、空気抵抗を極限まで減らす努力がなされ、後にはリアからそびえ立つ巨大なリアウイングを採用、日本でも日産のR382などに影響を与えました。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら