今年9月にデビュー予定、BMWの次期M5…最新スペック情報を全公開!

もう半年待つと…600PSに進化する、待望の時期M5に会える!

BMWの新型「5シリーズ」はすでに昨年デビューを果たしており、ツーリングワゴンやトップグレード「M550i」の詳細も判明しています。 確かに素晴らしいモデルたちです。 では、スポーツモデル「M5」の次期型はどうなるのでしょうか? 幸い新型M5は、そこまで長く待たなくとも、半年後には秋のフランクフルトモーターショウで公開されることになっています。それでも半年も待てないという方に、現在までに判明しているM5セダンに関する最新情報をお届けしましょう。 まず、エンジンですが、現行モデルに搭載されているツインターボV8の改良版が計画されているとのことです。 最高出力は600PSにも達する見込みです。 まさに、ライバルであるメルセデスAMGの「E63 S」とガチンコ勝負という形なり、こちらはすでに603PSに850N・mというスペック(AMG専用のツインターボV8仕様)でリリースされています。

M5初、4WDでデビューする次期型。そこにはBMWらしい仕掛けも!

さて、M5は8速ATに四輪駆動となる見込みですが、これについて少し詳しく見てみましょう。 これまでのM5はすべて後輪駆動(FR)でしたが、4WDに変わるのが大きなポイントです。 その理由の1つとしては、第2のライバルたるアウディ車が誇る「クアトロ」ブランドの4WDに対抗するためです。 アウディでは、クアトロを全車種で選べるほど、搭載車種を拡大しています。 また、雪の多い地域でもM5の顧客を増やせるように、という目的もあるようです。 それでもM5にはBMWらしく「Mダイナミックモード」という機能があります。 これをセレクトすると、フロントのディファレンシャルをカットすることで、FRに変身して後輪のみにすべてのパワーを伝えることも出来るようになります。

実はこれまで、アメリカ専売のマニュアルがあったM5ですが…


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら