メルセデス・ベンツは最古の自動車メーカー?歴史と名車

自動車を購入するとき、好きな自動車メーカーやスペックを気にしてみたり好みのデザインのものを購入したりすると思います。しかしほとんどの場合は車を購入する際にどのメーカーの車を選べばいいかわからないそんな人が多いかもしれません。初めて車を購入する方や車についてあまり知識のない方は自動車のラインナップを見ても違いがあまり分からないかもしれません。各自動車メーカーの生産している製品はさまざまな特徴があります。歴史も深くメーカーの歩んできた道を知ることでどのような車を世に送り出してきたのかがわかります。その各社持ち合わせている特徴を吟味し、消費者のライフスタイルに合った車を選び購入することで初めていい買い物ができるのではないかと考えています。今回は数多くの自動車メーカーの中からメルセデス・ベンツについて紹介していきたいと思います。

メルセデス・ベンツとはどんな企業?

メルセデス・ベンツはドイツに本社のあるダイムラーが所有する自動車ブランドです。メルセデスという名は1899年当時にダイムラー社のディーラーを経営していたハンガリー帝国の領事であるエミール・イェリネックの娘の名前から取られています。イェリネックはダイムラーという硬い響きのする名前を嫌っており、当時流行のスペイン風の響きを持つメルセデスを気に入っていました。のちにメルセデスブランドは人気となりダイムラーはメルセデスを商標登録することとなりました。

メルセデス・ベンツの設立への歩み

1886年にドイツで技術者をしていたカールベンツによって創設された世界最古の自動車メーカーの一つです。また同年にカール・ベンツは世界初の自動車の特許を取得しています。当時の人々は交通の主流であった馬を怖がらせると邪魔者扱いし、自動車の優位性に気づきませんでした。夫の発明を世間に認めさせるためにカール・ベンツの発明した車で106km離れたプフォルツハイムの町に到着し賞賛の声が送られた。当時馬でこの距離を移動すると10頭以上馬を乗り換えなければならないのに対し車は一台で移動できます。この件で車の優位性が噂で広まり発明が知られるようになりました。その後1926年に世界最古と呼ばれているカール・ベンツの設立した会社とダイムラーが合併してできた会社が現在のメルセデス・ベンツです。

ナチス・ドイツへの協力

アドルフ・ヒトラーは1933年に開催された国際ベルリンモーターショーの開会式にて新時代の交通機関である自動車と自動車道路の建設に注目し、モータリゼーションを加速することが国家の防衛力を高めることになると話しています。このモーターショー以降自動車税の撤廃やアウトバーンの建設などの政策を打ち出し、自動車分野に対して好意的でした。その後1935年にドイツ軍備宣言以降のドイツの軍備に関わる企業としてメルセデスベンツは戦闘機のエンジンや軍用車両の生産などを行なっていましたが、連合軍の標的になり爆撃されたりと崩壊的な損害を受けました。またユダヤ人や連合軍の捕虜を強制労働させていたので多額の賠償金を支払うこととなりました。

メルセデス・ベンツが生み出した名車

メルセデス・ベンツが誕生してから長い年月が経ちましたがその中で数々の名車と呼ばれる車が誕生していきました。そんな数々の名車の中から一部抜き出して紹介していきたいと思います。

メルセデス・ベンツ300SLR

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%87%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%84%E3%83%BB300SLR

このメルセデス・ベンツ300SLRは1954年に行われたF1世界選手権に出場したF1マシンのW196をベースとして作られたスポーツカーです。競技種目の違いから変更している点はありますがシャーシやブレーキといった基本的な構造は共通のものでした。エンジンはW196と共通のものを使用しており、直列4気筒を縦に2基並べた直列8気筒となっています。またF1用のエンジンから変更されて2.5リッターから3リッターに拡大されより強力な馬力を実現しています。

メルセデス・ベンツW124

メルセデス・ベンツW124はコストを徹底的にかけたと言われているモデルです。W123型の後継車となっているW124は当時バブル期であった日本に大量輸入されていました。またメルセデス・ベンツW124はバリエーションが豊富でカブリオレやリムジンスタイルなど幅広いラインナップでした。また販売当初はミディアム・クラスとされていたシリーズ名が最後のマイナーチェンジにてEクラスに変更されました。

メルセデスベンツ CLK GTR

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%87%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%84%E3%83%BBCLK-GTR

メルセデスベンツ CLK GTRはメルセデス・ベンツとAMGが1997年に行われたFIA GT選手権参戦用に開発したFIA GT1企画のレーシングカーです。メルセデスベンツ CLK GTRはわずか128日という短い期間で開発されました。エンジンは6リットルV型12気筒エンジンを搭載しています。この車は世界で25台販売され、日本円で約2億5,000万円と非常に高価な車でした。また購入者はAMGのドライビングレッスンを受けることが義務付けられており、メーカーからの直接購入に限定されており中古車購入も同様のようです。

メルセデス・ベンツの魅力はどんなところ?

メルセデス・ベンツは世界を代表する自動車メーカーですがなぜここまで世界的に人気のある自動車メーカーに成長してきたのでしょうか。その人気の裏には何か魅力があるからこそ支持されているのかもしれません。

メルセデス・ベンツの高いブランドイメージ

メルセデスベンツはブランドイメージが高く、初心者の方でも入りやすい高級ブランドでもあるように感じます。あのメルセデス・ベンツのエンブレムを見てベンツと分からない人は居ないほど知名度の高い車ではないでしょうか。実際にはイメージだけではなく作りもしっかりしており、ドイツ車なので走行性能に優れておりボディ剛性がとても高くなっています。また内装も高級感を感じさせる作りとなっており、本革を使用したシートやインパネの作り込みまで高いクオリティーを実現しています。

メルセデス・ベンツの高いボディ剛性

衝撃吸収性能に優れた構造設計により事故による衝突安全性能がとても高い水準となっています。またボディ剛性の高いメリットとして静音性が挙げられます。ボディ剛性が高いボディが微妙にしなり細かい振動を吸収してくれたり、風切り音やエンジン音を遮音してくれたりと防音効果もあります。おかげでドライバーにかかる負担を軽減してくれるので乗り心地が向上します。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら