生まれ変わったMINIの過去は複雑?MINIの歴史

自動車を購入するとき、好きな自動車メーカーやスペックを気にしてみたり好みのデザインのものを購入したりすると思います。しかしほとんどの場合は車を購入する際にどのメーカーの車を選べばいいかわからないそんな人が多いかもしれません。初めて車を購入する方や車についてあまり知識のない方は特にわかりにくいように感じている人が多いと思われます。各自動車メーカーの生産している製品はさまざまな特徴があります。歴史も深くメーカーの歩んできた道を知ることでどのような車を世に送り出してきたのかがわかります。その各社持ち合わせている特徴を吟味し、消費者のライフスタイルに合った車を選び購入することで初めていい買い物ができるのではないかと考えています。またMINIは長い間多くのユーザーから愛されており、おしゃれなデザインは人々を魅了しました。今回は数多くの自動車の中からMINIについて紹介していきたいと思います。

MINIとは?

現在でも高い人気を誇るMINIはどのような自動車だったのでしょうか、そんなMINIの歴史について語っていきたいと思います。

MINI誕生のきっかけ

MINIが誕生するきっかけとなったのはスエズ動乱です。スエズ動乱は国際的に石油価格が高騰した影響で石油の消費が少ない小型車の需要が高まったことなどが挙げられます。当時の西ヨーロッパではバブルカーという西ドイツ製のミニカーが流行していましたが自動車としての能力はとても低く十分な性能を持ち合わせていませんでした。そんな性能不足な車が流行っていた時代に生まれたのがMINIでした。

MINI誕生からの歩み

MINIはイギリスの企業ブリティッシュ・モーター・カンパニーが生み出した大衆向けの車です。その当時の自動車の中でもとても小さい部類の自動車であり、必要最小限の大きさで作られていた設計が革命的と言われていました。長く自動車業界が低迷していたイギリスで生産、販売会社が幾度として変わりましたが、最初に生産されたMINIから現在まで40年以上生産、販売されている歴史のある自動車です。1994年以降は現在と同じBMWがMINIを生産、販売しています。BMWが生産するようになってからNewMINIとしてこれまでのノウハウを生かした自動車作りやFF車としての伝統を受け継いでいます。

MINIが生み出した名車

MINIが誕生してから長い年月が経ちましたがその中で数々の名車と呼ばれる車が誕生していきました。また、複雑な歴史を持っているMINIですがなぜMINIという名は引き継がれているのでしょうか。そんな数々の名車の中から一部抜き出して紹介していきたいと思います。

MINI・MKⅡ

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%8B_(BMC)

ローバーMINIやクラシック・MINIとして愛されているMINI・MKⅡを紹介します。現在見てもとても小型なMINI・MKⅡですが小型なボディの中身はとても優れており、高性能で革新的でした。しかし、世間一般のユーザーにはなかなか認められず販売に苦労していたという歴史もあります。一方でエリック・クラプトンやビートルズが乗っていたことで有名な自動車でもあります。また、メディア媒体でも活躍しており、映画ではMINI・MKⅡの活躍するミニミニ大作戦やコメディ番組のミスター・ビーンに登場するMr.ビーンの愛車として登場します。約40年間という長い間生産し続けられるほど人気のある車でMINI・MKⅡのデザインを引き継いだ車は2000年まで生産されていましたがローバーの営業不振によりBMWへ引き継がれました。

MINI・R50

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%8B_(BMW)


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら