カタログにある燃費と実燃費が違うワケ【ベテラン整備士が教えます!】

自動車整備士になる依然の話ですが、ガソリンの給油中にふと思った疑問があります。 シンプルに「なぜカタログ上の燃費と実際の燃費はこんなに違うのだろう」 こういう疑問を抱えたまま専門学校に入学いたしました。 足っ回り系の授業でその答えを知る事ができたので、今回はあの時の記憶を呼び起こしながらお話しさせて頂こうと思います。

実燃費とカタログ上の燃費が違うワケ

第一に違うのが実際の運転環境の違いです。 カタログ上にある燃費の計測値は実際の走行環境に近づけたシャーシダイナモを使用して計測しています。 2011年まで採用された計測方法である10・15モード燃費という計測方法です。 しかしこのモードでは実際の実燃費と大きく離れてしまう計測方法であるため近年はJC08モードという計測方法でカタログに掲載されています。

JC08モードとは

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。