カタログにある燃費と実燃費が違うワケ【ベテラン整備士が教えます!】

自動車整備士になる依然の話ですが、ガソリンの給油中にふと思った疑問があります。 シンプルに「なぜカタログ上の燃費と実際の燃費はこんなに違うのだろう」 こういう疑問を抱えたまま専門学校に入学いたしました。 足っ回り系の授業でその答えを知る事ができたので、今回はあの時の記憶を呼び起こしながらお話しさせて頂こうと思います。

実燃費とカタログ上の燃費が違うワケ

第一に違うのが実際の運転環境の違いです。 カタログ上にある燃費の計測値は実際の走行環境に近づけたシャーシダイナモを使用して計測しています。 2011年まで採用された計測方法である10・15モード燃費という計測方法です。 しかしこのモードでは実際の実燃費と大きく離れてしまう計測方法であるため近年はJC08モードという計測方法でカタログに掲載されています。

JC08モードとは

こちらもシャーシダイナモを使用して計測する部分では方法は同じですが、考えられる走行パターンに応じて1キロ当たりの燃費を計測し、それらのパターンの平均値をだした数字を求めた答えが、燃費であるという考え方です。 しかし、このモードの計測方法をもってしても実際の燃費とカタログ上の計測方法では誤差が出てきてしまいます。 どれくらいの誤差があるかというと。実燃費に比べて20パーセント程数値が良いという結果が出ています。 ではなぜ実燃費とここまで大きく離れてしまっているのでしょうか?

路面のミューは完璧に再現できない

皆さんはミューはご存知でしょうか? 摩擦抵抗といってしまったほうが伝わりやすいと思います。 この抵抗が低いと、物体を動かすのに必要な力は少なくなりますし逆に高ければより大きな力でないと物体を動かすことが出来ません。 これらの路面抵抗は道の状況によっても違いますし、地形の問題から勾配や空気抵抗も考えられるために燃費にとって理想的な環境ではないので、その分カタログスペック上の数値と比べて大きく下がってしまいます。 また運転環境やドライバーの運転方法によってもこの数値が変わってくるので、どのような環境でどのように運転すると燃費がいいか、またその逆に悪いのか、一度計算してみても面白いかもしれません。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら