カタログにある燃費と実燃費が違うワケ【ベテラン整備士が教えます!】

自動車整備士になる依然の話ですが、ガソリンの給油中にふと思った疑問があります。 シンプルに「なぜカタログ上の燃費と実際の燃費はこんなに違うのだろう」 こういう疑問を抱えたまま専門学校に入学いたしました。 足っ回り系の授業でその答えを知る事ができたので、今回はあの時の記憶を呼び起こしながらお話しさせて頂こうと思います。

実燃費とカタログ上の燃費が違うワケ

第一に違うのが実際の運転環境の違いです。 カタログ上にある燃費の計測値は実際の走行環境に近づけたシャーシダイナモを使用して計測しています。 2011年まで採用された計測方法である10・15モード燃費という計測方法です。 しかしこのモードでは実際の実燃費と大きく離れてしまう計測方法であるため近年はJC08モードという計測方法でカタログに掲載されています。

JC08モードとは


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら