【映画と車】「東京でドリフトバトル!!」〜RX-7(FD3S)inワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT〜

舞台は東京。ストリートでのドリフトバトルへ!

東京の街を光が駆け抜ける

「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」はワイルド・スピードシリーズ第3作として2006年に公開されました。
これまでのシリーズはゼロヨン勝負でしたが、今回は舞台を日本に移しドリフトに魅せられた若者たちの物語になっています。

本作は渋谷を舞台に繰り広げられるバトルが最大の魅力なのですが、当然撮影許可は下りません。
そのためロサンゼルスに渋谷そっくりのセットを作り、バトル部分はCG合成で制作されています。

目を凝らして見ると違いがわかりますが、ほとんど違和感なく作り込まれており迫力満点です。

あらすじ

アリゾナで暮らす高校生ショーン(ルーカス・ブラック)は母と二人で暮らしていました。

車だけが生きがいのショーンはレースに参加していましたが大事故を起こし3度目の補導を受けてしまいます。
激怒した母に愛想を尽かされたショーンは少年院行きを避けるため、東京の米軍基地で働く父を頼ります。
父は一連の出来事を知り「カーレース」をしないという約束で父の下で暮らす事になりました。

日本の高校に編入したショーンでしたが言葉や文化の違いに戸惑いを隠せません。
そんなショーンに同じくアメリカから留学してきたトゥインキー(バウ・ワウ)が声をかけます。
ショーンが車好きである事を知ったトゥインキーは、ショーンを深夜の立体駐車場へ案内します。

そこはアンダーグラウンドで行われるレースのためにスピード狂の若者が集う溜まり場でした。
中でも卓越したテクニックを持つリーダー・タカシ(ブライアン・ティー)のドリフトにショーンの目は釘付けになります。
ショーンはタカシの仲間、ハン(サン・カン)から車を借りバトルを挑みますがドリフトができないショーンは敗れ車を大破されてしまいます。

それでもハンはショーンにドリフトの才能がある事を見抜きます。
タカシを倒し、下克上を果たすという共通の目的を果たすためショーンはハンの特訓を受けます。
ショーンはグングン腕を上げ見事なドリフトを決めるようになりました。

ショーンはプライベートでも同級生ニーラ(ナタリー・ケリー)と惹かれ合う仲になります。
しかしニーラを狙っているタカシは嫉妬し「ニーラに近づくな」とショーンを恫喝します。

そんなある日、タカシの父で暴力団組長のカマタ(千葉真一)はタカシのグループから上納金が納められていない事に気付きます。
タカシから金の管理を任されていたハンは下克上の資金として上納金を着服していたのです。
怒ったタカシはハンとショーンに襲いかかり、激しいカーチェイスの末ハンは事故死してしまいます。

ショーンはカマタに上納金を返却します。
そして全てを清算するため「負けた方がこの町を去る」という条件でタカシとのドリフトバトルに挑みます…

RX-7(FD3S)

ショーン(ランエボVIII)やタカシ(Z33フェアレディZ)より印象深いのが盟友ハンが操るRX-7(FD3S、以下FD)です。

1991年に先代(FC3S)の後を継いで登場したFDは言わずと知れた唯一のロータリーエンジン搭載のスポーツモデルです。(ロータリーエンジンとは何か、特徴などを知りたい方はこちら
先代の面影を残しつつも全高はさらに下げられ、より滑らかな造形になっています。

FDはボディから見えない部分に無数の小さな穴が空けられています。
これは開発初期に開発チームが見学したゼロ戦の構造(強度に影響しない部分を肉抜きし軽量化した)にインスパイアされたものです。
FCより20kg減量されたFDは他車と同等のエンジン出力ながらコンパクトなロータリーエンジンと相まって優れた運動性能を手に入れたのです。

モータースポーツの世界でもFDは幅広い活躍を見せています。
SUPER GTにはGT300クラスで参戦し、2006年にはチーム・ドライバーの二冠を制しました。
またスーパー耐久・全日本ジムカーナ選手権・全日本プロドリフト選手権(D1グランプリ)でも長く活躍しています。

劇中でハンが乗っているのはチューニングメーカーVeilsideが手がけた「Fortune Model」という特製モデルです。

改造マニアであるハンの愛車という設定で、映画制作側から撮影前にリクエストがあり製造されたものです。
フロントのリトラクタブルヘッドライトを廃した他全面的にチューニングされており、原型をとどめているのはルーフ部分くらいです。

ワイルド・スピードシリーズは最新作の「SKY MISSION」まで7作が制作されていますが時系列順にはなっていません。
正しい時系列は「1→2(X2)→4(MAX)→5(MEGA MAX)→6(EURO MISSION)→3(本作)→7(SKY MISSION)」となっております。

実際見る際にはぜひ上記を頭に入れておきましょう。

盟友ハンへの思いと己のプライドを賭けてショーンは最後の戦いに挑みます。
その先にワイルド・スピードシリーズファンへのサプライズがあるのですが…ぜひご覧になって確かめて下さいませ。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら