【映画と車】「東京でドリフトバトル!!」〜RX-7(FD3S)inワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT〜

舞台は東京。ストリートでのドリフトバトルへ!

東京の街を光が駆け抜ける

「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」はワイルド・スピードシリーズ第3作として2006年に公開されました。
これまでのシリーズはゼロヨン勝負でしたが、今回は舞台を日本に移しドリフトに魅せられた若者たちの物語になっています。

本作は渋谷を舞台に繰り広げられるバトルが最大の魅力なのですが、当然撮影許可は下りません。
そのためロサンゼルスに渋谷そっくりのセットを作り、バトル部分はCG合成で制作されています。

目を凝らして見ると違いがわかりますが、ほとんど違和感なく作り込まれており迫力満点です。

あらすじ

アリゾナで暮らす高校生ショーン(ルーカス・ブラック)は母と二人で暮らしていました。

車だけが生きがいのショーンはレースに参加していましたが大事故を起こし3度目の補導を受けてしまいます。
激怒した母に愛想を尽かされたショーンは少年院行きを避けるため、東京の米軍基地で働く父を頼ります。
父は一連の出来事を知り「カーレース」をしないという約束で父の下で暮らす事になりました。

日本の高校に編入したショーンでしたが言葉や文化の違いに戸惑いを隠せません。
そんなショーンに同じくアメリカから留学してきたトゥインキー(バウ・ワウ)が声をかけます。
ショーンが車好きである事を知ったトゥインキーは、ショーンを深夜の立体駐車場へ案内します。

そこはアンダーグラウンドで行われるレースのためにスピード狂の若者が集う溜まり場でした。
中でも卓越したテクニックを持つリーダー・タカシ(ブライアン・ティー)のドリフトにショーンの目は釘付けになります。
ショーンはタカシの仲間、ハン(サン・カン)から車を借りバトルを挑みますがドリフトができないショーンは敗れ車を大破されてしまいます。

それでもハンはショーンにドリフトの才能がある事を見抜きます。
タカシを倒し、下克上を果たすという共通の目的を果たすためショーンはハンの特訓を受けます。
ショーンはグングン腕を上げ見事なドリフトを決めるようになりました。

ショーンはプライベートでも同級生ニーラ(ナタリー・ケリー)と惹かれ合う仲になります。
しかしニーラを狙っているタカシは嫉妬し「ニーラに近づくな」とショーンを恫喝します。

そんなある日、タカシの父で暴力団組長のカマタ(千葉真一)はタカシのグループから上納金が納められていない事に気付きます。
タカシから金の管理を任されていたハンは下克上の資金として上納金を着服していたのです。
怒ったタカシはハンとショーンに襲いかかり、激しいカーチェイスの末ハンは事故死してしまいます。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら