「新古車」は本当にお得な買い物と言えるのか?登録済未使用車の実情を紹介

その正体は販売店の自社登録車

中古車の広告やインターネット、雑誌などで中古車一覧を見ていると、100kmも走っていない新車同然のピカピカな車が中古車として売られています。
もしかして、最初のオーナーが購入したものの、ほとんど乗る機会も無く手放した・・という可能性が無いわけでもありませんが、大抵は販売店の自社登録車です。

自動車販売店には、販売台数に応じたメーカーからの報奨金というものがあり、それが「値引き交渉」の原資になっているケースもあります。
この報奨金をメーカーから獲得するため、実際の顧客からの注文が無くともある程度の台数は自社で購入し、登録までしないと実績にならないためユーザー不在でも自社の名義で登録してしまいます。
もちろんそのままでは税金その他の維持費が発生してしまいますので、自社の中古車センターや業販で中古車業者に流して安価に売るわけです。
これが「新古車」や「登録済み未使用車」の正体になります。

どんな車に多い?

この新古車がどのようなメーカー、車種に多いかと言えば、「2社以上で業界ナンバー1を争っているメーカー」の「販売台数がニュースになるような車」に多いです。
そうした車はメーカーの側でとにかく販売台数を増やさないといけませんので、販売店で拡販するための施策を数多く行います。
報奨金もその一つで、重点車種をたくさん売れば(新車登録台数を稼げば)販売店へメーカーから送られる報奨金は増えますし、セールスマンの評価も上がります。

そのため、実際のユーザー数以上に仕入れるのですが、その台数がかなり多いため、新車販売台数も多いのに、新古車も数多く流れる事になるのです。
ただし、それ以外の車種でも何かの事情で新古車として販売店に自社登録されているケースもあり、輸入車でもそれは例外ではなく、メルセデス・ベンツやボルボ車などで時折そういう車があるようです。

ユーザーにはどんなメリットが?

その新古車を購入する上での最大のメリットは、「その車が欲しいと思った時に、すぐ手に入る」事でしょう。
何しろ実際に車がもう目の前にあるので、後は支払いと名義変更その他の手続きを行うだけで自分の車になります。
また、希望していた車種やグレードがマイナーチェンジやモデルチェンジで新車で買えなくなってしまった時に、少し高めではあるけども、とても程度のいい中古車として探すのも良いかもしれません。

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。