ミニの誕生は突然に…アレック・イシゴニスの偶然が招いた奇跡

一瞬のひらめきがベストセラーに。
運命に引き寄せられたミニの誕生秘話をご紹介。


数学嫌いの技師が喫茶店で描いたスケッチがミニを生んだ。 アレック・イシゴニス

サー・アレグザンダー・アーノルド・コンスタンティン・イシゴニス。通称「アレック・イシゴニス」

名車の陰に名技術者あり。

しかし、あまりにも「名車」でありすぎると、他にも数多くの車と手がけながら、技術者として一発屋のように見えてしまう時もあります。

歴史的名車「ミニ」を開発したイギリスの自動車技術者、アレック・イシゴニスもその一人です。

「モーリス・マイナー」こそ我が誇り

「ミニ」以前の大衆車「モーリス・マイナー」の戦後型

http://ichiba.geocities.jp/seiyaa_desk/mmbb4.htm

1906年にオスマン・トルコのイズミルで生まれたアレックは、戦乱に追われるように移住したイギリスで大学を卒業し、自動車技師としてのキャリアをスタートさせます。

当時の技師のエピソードに大抵レースが出てくるのと同じく、アレックも第二次世界大戦前はレースで活躍しており、モーリス社に在籍していた1939年には車重わずか266kgという超軽量レーシングカーを製作し、750ccエンジンクラスで大活躍しました。

間もなく第二次世界大戦が始まりますが、当時のイギリスはかなり強気で、1940年の大航空戦「バトル・オブ・ブリテン」に勝利すると、早くも「戦後の民間交通」に向けた飛行機や自動車、船舶のプランを練り始めます。

それにイシゴニスも加わり、開発されたのがモーリス「マイナー」の戦後型モデルでした。

後にイシゴニスは「ミニ」の開発者として評価されている事実は認めながらも、自身としては「モーリス・マイナーの開発に加わった事が、自分の最大の誇りだった」と語っています。

実は「ミニ」の優先順位は低かった

「ADO17」シリーズの一台「モーリス1800MkII」。デザインが冗長で信頼性にも欠けたFF大型車としてヒットはしなかった

https://en.wikipedia.org/wiki/BMC_ADO17

1950年代半ばにはモーリスとオースチンが合併した「BMC(ブリティッシュ・モーター・コーポレーション)」で新型車の開発に着手しました。

三車種の開発を手がけたイシゴニスですが、実はその中の「コンパクトカー」(後のミニ)の優先度が低く、大型の高級モデルと中型のファミリーカーが優先的に設計されています。

結果的には「ミニ」が最初にデビューしているのですが、同時期に開発され、しかも後述する事情により「ミニ」の後にデビューしただけあって、大型車「ADO17」も中型車「ADO16」も「ミニ」を大きくしたような車として完成しました。

「ADO17」については大柄なボディを活かせるメカニズムに乏しかったため成功作とは言えませんでしたが、ミニに匹敵するバリエーションが生まれてヒットした「ADO16」については、日本でも知られるモデルが存在します。

名車「ヴァンデン・プラ・プリンセス」を生んだADO16

ADO16版の「ヴァンデン・プラ・プリンセス」

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%A9

「ミニ」の幅を広げ、リアにトランクを追加したような「モーリス1100」をはじめとする「ADO16」には、BMC傘下の各ブランド名で発売されたさまざまなモデルがありました。

オースチン1300GTやウーズレー1300、ライレー・ケストレルなどです。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら