大雨・洪水で水没した車はどうなるの?正しい対処法と保険について

この時期テレビをつけると〇〇県で大雨注意報!や〇〇県で洪水発生!などといった雨に関する自然災害のニュースを見かけることが多くなります。しかし、そんな災害の被害に遭う可能性があると思いながら過ごしている人はほとんどいないと思います。天気は予測できますが避けられないこともあります。そんな大雨や洪水で車が水没してしまった時の対処法を調べていきます。

車が水没した時にしてはいけない行動

車が水没してしまった後に絶対にやってはいけない行動などがあります。事前に知っておかないと防げるものも防げないので車が水没した際にタブーとされている行動を紹介していきたいと思います。

水没したらエンジンをかけない

車が水没してしまった際は絶対にエンジンをかけてはいけません。エンジンは非常にデリケートな作りをしています。例えば、メーカーの指定している油種を間違えただけでもエンジンが動かなくなってしまうほどです。もしエンジン内に水が浸入している状態でエンジンをかけてしまうと水がエンジンへ浸入し、空気を圧縮するために使用されるコンロッドという棒が水を圧縮しようとして折れてしまいます。コンロッドとはエンジンに使用されているパーツでピストンとクランクをつなぐ役割を持っています。そんなコンロッドが折れてしまうと修理費が高額になり廃車するしか方法がなくなってしまいます。どんなに焦ってしまってもエンジンだけはかけないようにしましょう。

水没した電気自動車やハイブリッドカーには接近しない

電気自動車やハイブリッドカーには高電圧のバッテリーが積まれています。洪水の際にバッテリーが損傷した場合漏電する可能性があります。もちろんメーカーはそんな事態を想定してシステムや車を設計しています。一般的に販売されている電気自動車やハイブリッドカーは乗組員や救護要員の感電を防ぐことが義務付けられてるので心配する必要ありません。ですが、自然災害は予測しきれない被害もあります。もしもの時を考えて近づいたり車をむやみに触るのは感電の危険性があるのでおすすめしません。

水没するとどんなことが起こる?

車が水没することは車にとってほとんど場合、死を意味します。万が一、車が壊れなかったとしてもさまざまな不具合が発生し対処するだけでも大変です。そんな水没した後に考えられる悪いことを紹介していきます。

汚水が浸入するとカビや雑菌が繁殖する

洪水が発生すると浄水場や下水処理システムが破綻して川や洪水であふれた水の中に汚水が流れることが予測されます。そんな汚水に車が浸水してしまった場合、避けられないのはカビや雑菌の繁殖です。カビや雑菌は使い古した雑菌のような匂いを発し非常に不快な匂いがします。洪水で汚水が浸入した車は室内のカーペットやシートなどの布が水を吸収してしまい菌が繁殖する原因となります。一度シートなどの布が汚水を吸収してしまうとカビや雑菌が繁殖し、衛生面や匂いでとても乗れる状況ではなくなってしまいます。さらに、室内はとても通気性が悪く湿度が高いのでカビや雑菌が繁殖するには適した環境です。対策として、繁殖する前にシートなどを剥がして乾燥させたとしても不快な匂いは残ってしまうので対処が難しいところです。

水没により電気系統が故障

今は防水対応のものが増えてきましたが、一昔前の携帯電話やスマートフォンなどは水没が天敵でした。水没した携帯電話はむやみに電源を入れず、完全に乾燥するまで待つのが唯一の対処法でした。しかし車はそう簡単にはいきません。近年車は電子制御化されてきて、転換期を迎えていると言われていますが、全てが電子制御されているわけではなくアナログな部分が多くを占めています。浸水した後室内が乾燥したように見えても実際は違うことがあります。車のダッシュボードの中には無数の配線がありさまざまなパーツとつながっています。ダッシュボードの中は通気性が悪く乾くのにも時間がかかります。また車にはガソリンが積んであり引火性が高い液体なので万が一ショートして燃料に引火してしまうと手のつけようがなくなってしまいます。従って、むやみにエンジンをかけないようにするのが電気系統をショートさせない方法です。

正しい対処法と保険の話

洪水で車が浸水してしまった場合の正しい対処法はほとんど一つと言ってもいいでしょう。また所持する車が万が一浸水した際に悩むのは廃車にすべきか修理すべきかだと思います。

みだりにエンジンを動かさずレッカーを呼ぶ

大雨による洪水で浸水してしまった車はエンジンを動かすと車が故障する原因となりかねません。レッカーを呼んで安全な場所へ移動させることが必要です。自分の家や駐車場が近い場合ではギアをニュートラルに入れて手で押しながら移動させる方法もあります。ここで肝心なのは何があってもエンジンはかけないことです。

雨による車の水没は保険適応されるの?

台風やゲリラ豪雨などの洪水で車が沈没してしまった場合は保険が適応されます。しかし、車にかけている保険の内容で変わります。車両補償が含まれていない保険に加入している場合は水没で車両が全損しても保険適応外となります。また雨などの自然災害で浸水した際は保険適応となりますが津波による浸水は保険適応外です。

台風やゲリラ豪雨などの災害での被害はそれぞれ違いますが、車の損害額から免責金額を引いた金額が支払われます。水没などの被害は全損扱いとなるようです。もし保険内に車内身の回り品特約がついていれば車内にある所有物に対して保険金が支払われます。

修理するか廃車にするか

車が天災で浸水してしまった場合その車を修理するか廃車にするか悩むと思います。浸水した車は修復歴ありになってしまい買取額もかなり下がってしまいます。また修理したとしても修復するべき箇所が多く修理費用は高額です。また汚水の浸入によって発生したカビや雑菌の発する匂いは隅々まで掃除したとしても落としきれません。

保険会社によって変わりますが、ソニー損保では豪雨による被害で車両保険と車内身の回り品特約のどちらかもしくは両方を支払いした場合、翌年の等級は1ランクダウングレードします。自分の加入している保険はどのような保険で、もし被害にあった際にどのような補償を受けられるのか確認することをおすすめします。

保険を適応したとしても水没の被害は甚大で修理費をカバーしきれません。比較的新しい車であればお金を払い車を修理する人もいますが、7年以上経過している車を修理してまで乗る人は割合として少なくなっています。水没してしまったら気に入っている車でない限りは金銭面を考えて買い換えるほうが良いのかもしれません。

もし自分の愛車が水没してしまったらショックで立ち直れないと思います。貴重な車であればあるほど心身にかかる負担は大きく、立ち直るのには時間がかかるでしょう。自分の愛車のためにも適切な行動をとり、最悪の事態を防ぐことが今すぐにできる最善の策です。

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。

手洗い洗車のサブスクリプションサービス事前登録受付中!



通うことで愛車を常に綺麗に保つ

愛車への悩みを解決する手洗い洗車のサブスクが始まります!



事前登録、詳しい内容はこちら↓

洗車サブスクリプション