コーティングの種類の違いは?!洗車の手間も省けるおすすめのタイプも紹介します!

中古車、新車を購入するときに必ず勧められる「コーティング」とはどのようなものかを解説します。 まずはコーティングと一言に言ってもたくさんありますので、種類ごとの違いの説明からです。

コーティングの種類

油脂系コーティング

植物性油脂や石油系油脂などを主成分としたものです。 特徴は独特なツヤや光沢がでるのと、細かいキズの中に油脂が入り込み埋めてくれ目立たなくなります。 安価で施工が簡単にできますが、塗装面を保護する効果はないのと、すぐに落ちてしまうというデメリットがあります。

樹脂系コーティング

一般的にポリマーコーティングと呼ばれるものなどがこの類です。油脂系と同じく安価で使いやすい物が多くツヤや光沢が出るのですが、アルカリや紫外線に弱く経年劣化しやすいという特徴もあります。

ガラス系コーティング

ガラスの元素であるSiが入っているもの。樹脂系に入っているものや、ガラスに他成分が入っているものなどがあります。 ガラスが含まれることで、ボディにしっとり濡れたような艶がでます。 ガラスに他成分が入っているタイプの方が耐久性があります。ガラスコーティングはボディとの密着度、耐久性はバツグンに高いです。 ガラス系コーティングとの明確な違いや決まりはありませんが、ガラス(Si)の含有量が多いものや、有機質が入ってなく無機質なもので構成されているなど、ショップによって違い、曖昧なのが現状です。 価格は高いものが多いです。

タイプごとの水はじきの違い

撥水タイプ

水がはじくと言ったらこのイメージではないでしょうか? 水分が小さな水玉となります。見た目から「はじいてる!」感じはありますが、水玉になる際に酸やシリカが凝縮されるためウォータースポットになってしまったり、水玉がレンズの役割をしてできてしまうイオンデポジットになりやすいというデメリットを持っています。 油脂系、樹脂系のワックスやコーティングにこのタイプのはじき方が多いです。

親水タイプ

ガラスコーティングに多いのがこのタイプです。撥水タイプのように水玉にならず、水分がベタッと広がったようなはじき方をします。水玉にならないので、ウォータースポットや水玉がレンズの役割をしてできてしまうイオンデポジットができにくいというメリットがあります。

滑水、疎水タイプ

ボディについた水分が、水玉とは違った大きな水の塊となって落ちていくため、ボディには水分が残りません。水玉にならないのでウォータースポットやイオンデポジットにもなりにくいです。 また、水分と一緒に汚れなども流れ落ちていくため汚れがつきにくいです。 こちらはガラスコーティングやガラス系コーティングに多いです。

まとめ

ガラスコーティングの滑水タイプが一番おすすめ

総合的には、ガラスコーティングの滑水タイプが一番おすすめです。 上記にもあるように、耐久性が高く、独特の濡れたような艶がでて、滑水で汚れも付きにくいなどどと多くのメリットがあります。

しかしデメリットもあります。それは作業の難しさと、施工金額の高さです。 しかし、多少高くてもやる価値は必ずあります。とてもおすすめです。

基本はご紹介した種類や水のはじき方ですが、最近は、撥水タイプのものでも、水玉ができた時の接触角度が150度以上となる超撥水、同じく滑水タイプで接触角が大きい超滑水と呼ばれるものや、人体への影響がなく、スマートフォンの画面にも使えるようなコーティングも出てきました。

最後に、車を所有している人はコーティングは絶対オススメです。 ピカピカに愛車を維持できますし、洗車の手間も省けます。 車が好き嫌い関係なく、汚い車に乗るというのは皆が嫌なことではないでしょうか。 今からでも遅くないので、ぜひ愛車にコーティングをしてみてください。

車のことでお悩みの場合はAncar実店舗にご相談ください


Ancarではお客様のカーライフをサポートするために神奈川県川崎市で実店舗を運営しています。車のことでお困りの際はお気軽にご相談ください。 お問い合わせは電話、またはホームページよりご連絡ください。

LINE@にメッセージいただければ、車に関することならなんでもお答えいたします!お気軽にLINEしてください!
友だち追加

アクセス

〒210-0821 神奈川県川崎市川崎区殿町1-10-12