雪かきで車を傷つけない!正しい方法・便利な道具〈おすすめ7選〉

寒さも段々と厳しくなり、タイヤ交換など車の冬支度も必要な時期がやってきました。今年は例年より早く初雪を観測していることもあって、この冬の雪はどうなるのか心配なところです。もし突然雪が降って車に積もったとき、みなさんは対応できるでしょうか?

今回は正しい車の雪かきについてご紹介。想像以上に重労働な雪かき。間違った方法で雪かきをすると車が傷だらけになってしまいます。しかも、命にかかわるって知っていましたか?

雪かきは車が傷つくのを防ぐ?

すぐに車を使うなら、雪かきは絶対にしてください。フロントガラスに雪があると全く前が見えません。ルーフに積もった雪は突然フロントガラスに落ちてきたり、後の車に雪が飛んで視界をふさいでしまったりと非常に危険です。

すぐに使わないときは「放置しておけば雪も溶けるから」とそのままにしておきたくなりますよね。ですがいざ車を使いたいときに、溶けた雪が凍ることでドアが開かなくなったり、フロントガラスの氷がなかなか溶けないせいで出発できない場合があります。一度溶けてから再び凍った雪のせいで地面が滑りやすく乗車するときに危険というケースもあります。すぐに車を使う予定がなくてもなるべく雪かきはするべきです。

車の雪かきのタイミング「いつすればいい?」

車の雪かきのベストなタイミングは少し積もった頃です。少しの雪だと雪を下ろしやすいうえ、また積もっても再度雪かきをすれば、回数は増えますがそれほど大変ではありません。「寒いのにまた外に出るのか…」と思うかもしれませんが、雪が多くなればなるほど労力が必要となります。まとまった雪はかなり重たく、時間もかかるのでものすごく疲れます。数時間おきにちょっとずつ雪を落としたほうが賢いです。

雪が車を傷つける理由

車の雪かきをした結果、車体が傷だらけで塗装が剥げてしまうということがよく起きます。実はこれ、雪そのものが車に傷をつけているというわけではないのです。車の表面の汚れや砂埃に原因があります。車に付着していた汚れや砂埃が雪と混ざることで、車を傷つけているんです。

車の雪かき・事前準備

それでは、車に傷をつけない効率的な車の雪かきの方法をお伝えします。まずは事前にしておくとよい事前準備をお伝えします。雪かきに必要な道具については後で紹介します。

急な血圧上昇に気をつける

暖かい屋内から急に寒い場所に出ると、私たちの身体は体温を逃がさないように血管が収縮するので、血圧が上がりやすくなります。血圧が高めの人は、寒さを感じたり冷たい雪に触るとさらに血圧が上がります。雪かきには寒くない格好で臨みましょう(防水だとなお良し)。準備運動として軽く体を動かし身体を温めてから雪かきを始めましょう。

ワイパーを立てる

雪かき中に壊してしまうことの無いよう、ワイパーは立てておきましょう。ワイパーを立てていなかった場合は最初に立ててから雪かきを始めます。雪が強くなる前にワイパーを立てておくと雪かきの時に楽になります。

倒したままにしておくと、下ろした雪にワイパーが埋もれて見えなくなります。そのまま雪かきをしてしまうと、うっかりブラシがワイパーに引っかかって壊れるということがありえます。また、作業中はワイパーを立てているということを忘れないようにしてください。ワイパーの先端には十分注意をしましょう。

車の雪かき・注意点

次は、車の雪かきで知っておくべき注意点です。これらのことを守ることで車を傷つけるリスクを減らし、走行中の危険をなくすことができます。

雪は車の横に落とす

車の前に雪を下ろしてしまうと、雪下ろし後に車を発進させることができなくなってしまいます。当たり前のことですが雪かき中は意外と忘れがちです。また、車の後ろに落とすのもマフラーの排気を妨げることになります。左右に雪を下ろしましょう。

屋根の上の雪は、必ず全て下ろす

雪が凍って張り付いていたり、残りの雪が少しだけだからといって雪かきを途中でやめて発進してはいけません。走行中にブレーキング時の振動などによってフロントガラスに落ちてしまいます。運転中に突然視界を遮られると思うととても怖いです。ワイパーで雪をどかそうとしても重たいので動かすのは簡単ではありません。また、車の後ろに雪が落ちれば後続車の通行の妨げにもなりかねません。実際、対向車や前の車から雪が飛んできて危険な目に遭ったという声もあります。

車を傷つけない雪かきの方法

事前の準備をして注意点もわかったところで、実際の雪かきの方法をお伝えします。

①雪かきは「上から下」

ルーフから順にやっていくと、上から順に雪を下ろしていけるので効率が良いです。スノーブラシのゴムの部分を使って、ルーフの高い所から横に雪を「引きながら」落とします。このとき、ブラシが車体に直接触れないようにしましょう。傷がついたり、塗装がはがれるおそれがあります。

②フロントガラス、ウィンドウの雪かき・雪下ろし

次はフロントガラスとウィンドウの雪を下ろします。車の横に雪を“押し出すように”落とします。ガラスやボディにブラシやスポンジ、ゴムなどが直接当たらない程度にして雪を下ろすと、傷がつくのを防ぐことができます。その際、マフラーに雪が詰まっていないことを必ず確認してください。マフラーが詰まっていると排気ガスがうまく排出されず、一酸化炭素が車内に入り込み中毒になるおそれがあります。

③エンジンをかける

ここでエンジンをかけて車体を温めます。このとき車のドアが凍っている場合も無理やりこじ開けず、ゆっくりと丁寧に開けて車内に入ってください。車のドアのゴムが壊れる原因にります。同時にエアコンもかけておきましょう。

④フロント&リアの雪下ろし

エンジン熱で少し溶けているので屋根やフロントガラスよりは雪かきがしやすいです。運転のためにフロントとリア、特にライトやウィンカー周辺は周囲にちゃんと見えるようにしなければなりません。凍って張り付いている場合があるので、傷をつけない程度にスノーブラシで擦って雪を落とします。何度かライトをつけてみて、問題なく光って見えるかを確認しながらやるとより効果的です。

⑤仕上げ

最後の仕上げとしてワイパーの金属部分の凍結や、ウィンドウ周辺に張り付いて落としにくい雪をお湯(熱すぎないもの)や解氷スプレーなどで溶かして車の雪かきは終了です。車から下ろした雪が多すぎる場合は邪魔にならないところに雪を移動しておきましょう。

車の雪かきに必要な道具

傷をつけない車の雪かき・雪下ろしにはスノーブラシ

雪国のマストアイテムであるスノーブラシ。ブラシで車体の雪を下ろしたり、板状のゴムで窓や車体に固まってこびりついた雪をこすり取る道具です。

ルーフ上の雪にはどうしても手が届きにくいので、取っ手の伸縮が可能なスノーブラシが便利です。ウィンドウやボンネットは取っ手が伸びないものでも雪を下ろせます。ですが手が届く分、かえって長い取っ手は扱いづらいです。ルーフ用とウィンドウ用で取っ手の長さが違うブラシを2種類準備するか、伸縮可能なものを1本準備すると良いでしょう。

急な大雪が降ったときに「雪国ではないからスノーブラシを持っていない」ということもありますよね。そのときは長めの棒に毛布を巻くなどして代用しましょう。もちろん、もしものときのためにスノーブラシを準備しておくのが一番です。

①伸縮可能なスノーブラシ

 

とりあえずこれ一個あれば車の雪かきはなんとかなります。取っ手の長さが伸縮するタイプはウィンドウやボンネットでは短くたたんで、ルーフでは長く伸ばして、とその都度長さを変えられます。特に大型車など高さがある車に乗っている人はルーフまで手が届かないこともあるので便利です。取っ手を短くして車に積んでおけば場所も取りませんし、急な積雪にも対応できます。

②スポンジ付きスノーブラシ

 

雪がたっぷり積もる、というよりうっすら積もって溶けてきて水滴が…というときにおすすめのブラシ。雪が溶けて水滴になり、それを放置しているとシミになります。ウィンドウもスポンジなら傷をつけずに拭くことができます。ですがブラシの性質上自分側に雪を下ろす必要があるため濡れるという声も上がっています。少量の雪が降る地域で、薄く積もった雪を払いたいというときにはもってこいのブラシです。

③スノーブラシ用ソフトカバー

 

柔らかいマイクロファイバー製のカバーをスノーブラシに装着。スノーブラシを裸で使うよりも車を傷つけにくくなります。

④スノースクレーパー

 

スノーブラシよりも、先端部分のブラシが長いのが特徴です。なお、スクレーパー(ヘラ状の部分)は基本的にタイヤ、ホイールの除雪のためのパーツです。ボディの雪を下ろす際には絶対に使わないでください。柔らかい樹脂製のスクレーパーであればガラスの除雪でも使用可能ですが、あまりにも強くこするのはやめましょう。

⑤プラスチック製スコップ

 

スコップも雪を車から下ろす時に便利。金属製よりも傷をつけにくいプラスチック製がオススメです。また、車上だけでなく道路までの地面も雪かきをしなければなりません。その時にも重宝するのがスコップです。

⑥解氷スプレー

 

ブラシやスコップで無理に固まった雪をこすり取ろうとすと傷がつくおそれがあります。解氷スプレーは吹きかけるだけで雪や氷を解かすことができます。ワイパーの根元などの細かく張り付いた雪を除去するときや、忙しくて時間がないときにも便利です。

⑦スノーワイパー

 

これは雪が積もる前の時点での対策ですが、スノーワイパーはブレードの部分がゴムで覆われています。気温が低くても硬くなりにくく、左右に動くたびに撥水コーティングをしてくれるので、常に視界を良好に保ってくれる優れものです。

車の雪かき4つの注意点

最後に、今まで紹介したもの以外で覚えておいてほしい注意点を4つお伝えします。

①早い段階から熱湯やお湯はかけない

リンク:【お湯NG】フロントガラス凍結の理由と対策

周囲がとても寒い場合には、お湯や水をかけても凍る原因になります。そうなるとさらに雪かきが面倒になってしまいます。雪が多ければその分お湯や水も多くの量が必要になるので水道代などのコストもかかります。

また、熱湯による急な温度変化はフロントガラスにも良くないんです。まずはざっくりと雪を下ろしてから必要な部分だけにお湯をかけて溶かします。完全に凍ってしまって動かなくなったドアやワイパーなどにはお湯を使いましょう。車の雪かきでは熱すぎないお湯を使うことを覚えておいてください。

②車の通り道を確保する

車に雪が積もっているということはつまり、駐車場など車の周辺の道も雪で覆われています。車道まで出るための道も雪かきをして出口を確保しましょう。

③汚れたドロドロの道を走った後は汚れを落とす

雪が溶けた後などのドロドロの道を走行すると、雪に混じった砂が車に付着します。そうした道を走行したら、すぐに車に付いた汚れを落として傷がつくのを防ぎましょう。

④雪が降るとわかっているときには毛布

いらない毛布を車にかぶせておけば、それをどかすだけで雪かきの手間が省けます。「カーカバーやビニールシートは?」という意見もあると思いますがあまりおすすめしません。雪の重みで傷がつくことがあるからです。

また、事前に洗車をすることで傷の原因である汚れや砂埃を取り除くことができます。同時にワックスでコーティングしておけば雪が滑って落ちやすくなるうえに、傷がつきにくくなります。多少の手間はかかりますが、効果はあるのでおすすめです。

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?