雪かきで車を傷つけない!正しい方法・便利な道具〈おすすめ7選〉

寒さも段々と厳しくなり、タイヤ交換など車の冬支度も必要な時期がやってきました。今年は例年より早く初雪を観測していることもあって、この冬の雪はどうなるのか心配なところです。もし突然雪が降って車に積もったとき、みなさんは対応できるでしょうか?

今回は正しい車の雪かきについてご紹介。想像以上に重労働な雪かき。間違った方法で雪かきをすると車が傷だらけになってしまいます。しかも、命にかかわるって知っていましたか?

雪かきは車が傷つくのを防ぐ?

すぐに車を使うなら、雪かきは絶対にしてください。フロントガラスに雪があると全く前が見えません。ルーフに積もった雪は突然フロントガラスに落ちてきたり、後の車に雪が飛んで視界をふさいでしまったりと非常に危険です。

すぐに使わないときは「放置しておけば雪も溶けるから」とそのままにしておきたくなりますよね。ですがいざ車を使いたいときに、溶けた雪が凍ることでドアが開かなくなったり、フロントガラスの氷がなかなか溶けないせいで出発できない場合があります。一度溶けてから再び凍った雪のせいで地面が滑りやすく乗車するときに危険というケースもあります。すぐに車を使う予定がなくてもなるべく雪かきはするべきです。

車の雪かきのタイミング「いつすればいい?」

車の雪かきのベストなタイミングは少し積もった頃です。少しの雪だと雪を下ろしやすいうえ、また積もっても再度雪かきをすれば、回数は増えますがそれほど大変ではありません。「寒いのにまた外に出るのか…」と思うかもしれませんが、雪が多くなればなるほど労力が必要となります。まとまった雪はかなり重たく、時間もかかるのでものすごく疲れます。数時間おきにちょっとずつ雪を落としたほうが賢いです。

雪が車を傷つける理由

車の雪かきをした結果、車体が傷だらけで塗装が剥げてしまうということがよく起きます。実はこれ、雪そのものが車に傷をつけているというわけではないのです。車の表面の汚れや砂埃に原因があります。車に付着していた汚れや砂埃が雪と混ざることで、車を傷つけているんです。

車の雪かき・事前準備

それでは、車に傷をつけない効率的な車の雪かきの方法をお伝えします。まずは事前にしておくとよい事前準備をお伝えします。雪かきに必要な道具については後で紹介します。

急な血圧上昇に気をつける

暖かい屋内から急に寒い場所に出ると、私たちの身体は体温を逃がさないように血管が収縮するので、血圧が上がりやすくなります。血圧が高めの人は、寒さを感じたり冷たい雪に触るとさらに血圧が上がります。雪かきには寒くない格好で臨みましょう(防水だとなお良し)。準備運動として軽く体を動かし身体を温めてから雪かきを始めましょう。

ワイパーを立てる

雪かき中に壊してしまうことの無いよう、ワイパーは立てておきましょう。ワイパーを立てていなかった場合は最初に立ててから雪かきを始めます。雪が強くなる前にワイパーを立てておくと雪かきの時に楽になります。

倒したままにしておくと、下ろした雪にワイパーが埋もれて見えなくなります。そのまま雪かきをしてしまうと、うっかりブラシがワイパーに引っかかって壊れるということがありえます。また、作業中はワイパーを立てているということを忘れないようにしてください。ワイパーの先端には十分注意をしましょう。

車の雪かき・注意点

次は、車の雪かきで知っておくべき注意点です。これらのことを守ることで車を傷つけるリスクを減らし、走行中の危険をなくすことができます。

雪は車の横に落とす

車の前に雪を下ろしてしまうと、雪下ろし後に車を発進させることができなくなってしまいます。当たり前のことですが雪かき中は意外と忘れがちです。また、車の後ろに落とすのもマフラーの排気を妨げることになります。左右に雪を下ろしましょう。

屋根の上の雪は、必ず全て下ろす

雪が凍って張り付いていたり、残りの雪が少しだけだからといって雪かきを途中でやめて発進してはいけません。走行中にブレーキング時の振動などによってフロントガラスに落ちてしまいます。運転中に突然視界を遮られると思うととても怖いです。ワイパーで雪をどかそうとしても重たいので動かすのは簡単ではありません。また、車の後ろに雪が落ちれば後続車の通行の妨げにもなりかねません。実際、対向車や前の車から雪が飛んできて危険な目に遭ったという声もあります。

車を傷つけない雪かきの方法

事前の準備をして注意点もわかったところで、実際の雪かきの方法をお伝えします。

①雪かきは「上から下」

ルーフから順にやっていくと、上から順に雪を下ろしていけるので効率が良いです。スノーブラシのゴムの部分を使って、ルーフの高い所から横に雪を「引きながら」落とします。このとき、ブラシが車体に直接触れないようにしましょう。傷がついたり、塗装がはがれるおそれがあります。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら