【寒い冬の洗車に必見!】洗車機は傷がつく?その噂の真実と対策法

今年の猛暑が嘘のように最近どんどん寒くなっていますね。冬に向けて車のことで困ることの一つが「洗車」。私も夏などの暖かい季節であれば手洗い洗車をしますが、冬の寒い季節になるとそんな気はなくなってしまいます。

そんなときに役立つのが「洗車機」ではないでしょうか?気軽に短時間で愛車を綺麗にできる洗車機は、車好きにとってありがたい装置の一つですよね!
ですが、多くの人が洗車機は車を傷つけると考えており、全く使わない人も多くいるかと思います。

大きな進歩をしている現代の洗車機でも車を傷付けるのか?そんな疑問をこの記事では検証していきたいと思います。

洗車で車を傷付ける大きな原因は砂!?

洗車機で洗車をするのも手洗いでも変わらず、車を洗車している時に車を傷付ける大きな原因は“”です。砂を洗い流さないことには、高価な洗車機のコースを使ったり、質の良いスポンジ・洗剤を使っても必ず傷がついてしまいます。そのため、洗車機を使って洗車をする場合は、

  • 洗車機に入れる前に大量の水で砂を洗い流す
  • 水量が多い洗車機を選ぶ

このどちらかをすれば、傷ができる大きな原因である砂を洗い流すことが出来ます。

例えばですが、この動画のように洗車を始める前に高圧の水で車の砂などの汚れを洗い流してくれる洗車機があればベストです。

傷がつかない洗車機とは!?

最近の洗車機は、ほとんどの場合傷のつきにくい素材で作られたスポンジを使っている洗車機がほとんどです。
しかし、スポンジを無くして傷がつく原因を極力無くした洗車機があります。それがノーブラシ洗車機と呼ばれる洗車機です。水を大量に使って水圧だけで汚れを取る洗車機です。手洗い洗車のお供であるケルヒャーが複数ついている洗車機の様なイメージですね。街中のガソリンスタンドや洗車場で見ることはあまりない、レアな洗車機となっています。
ですが、スポンジが付いていないため洗浄力は他の洗車機と比較して弱いです。もしこのような洗車機を使うのであれば

  1. ノーブラシ洗車機で砂汚れや目立つ大きな汚れを落とす
  2. スポンジがついている洗車機に通して、落としきれなかった汚れを落とす

このような流れで洗車をすると極力車に傷がつかず、汚れも綺麗に落とすことが出来ます。

傷がつかない洗車機を選ぶ方法

水を多く使う洗車機であれば、傷つける可能性を低くできるということはわかりました。では、他には傷の原因となる要素はないのでしょうか?

水の量の次に見るべきポイントはやはり”スポンジ”です。昔の洗車機のスポンジは「ナイロン」という硬めの素材で出来ており、車に傷をつけるスポンジが使われておりました。
現在では、「ムートン」と呼ばれるような傷がつきにくい素材を使ったスポンジを利用している洗車機が多く、このような洗車機であれば車の傷も少なくなります。まずは、このような洗車機を見つけてみてください。

見つけたら次に注目すべきポイントはスポンジの状態です。大量の水や質の良いスポンジを使っていたとしても、極端に汚れたスポンジを使っていると汚れが原因となり車に傷をつけてしまいます。
そのためきちんとクリーニングされている状態の洗車機を選ぶことが重要です。

選択したほうがいい洗車メニュー・オプション

洗車機には様々な洗車メニューがあります。一般的で安価に洗車ができる「水洗い」もあれば高価で時間をかけて洗車を行う「ワックス」を使ったコースなどもあります。

洗車メニューは「高いほど良い」というわけではありません。コーティングが施されている車では、ワックスが含まれたコースを使うと塗装面にダメージを与えてしまう場合があります。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら